京都市東山区 2022年11月・12月 特別拝観・行事の情報

京都・仏閣,京都・特別拝観,京都・神社

京都市東山区の社寺の2022年11月20日から12月の行事と特別拝観の情報を掲載します。

各社寺の公式サイトと「【京都市公式】京都観光Navi」からの情報です。

11月の行事のうちお火焚きは「火焚祭を行なう社寺 京都」、新嘗祭は「新嘗祭に参列できる神社 京都・奈良」、12月の行事のうち大根焚きは「京都 大根焚き情報」、除夜の鐘は「除夜の鐘情報」、年越の大祓は「京都と奈良で、年越の大祓を受けられる神社」のほうでくわしく書いていますので、よろしければご覧ください。

目次

11月から続く特別公開・行事

発表されている日程や内容が、急遽変更される可能性があります。
お参りの前に、再度公式サイトなどで確認してください。

社寺にお参りするさいは以下の点にご留意ください。

  • マスクを着用すること
  • アルコール消毒液などで手指を消毒する
  • ほかの参拝者や社寺の関係者・職員などと間隔を保つ
  • 熱発しているなどの体調不良時はお参りしない

雲龍院 秋の特別拝観と夜間ライトアップ

とき: 公開中 12月4日(日)まで 9時~16時30分(受付終了)
夜間ライトアップ 11月23日(水・祝)まで 日没~20時30分(受付終了)
昼夜入れ替えはありません。

混雑時は拝観が制限される可能性があります。

2010年(平成22年)に奉納された、本堂龍華殿(重文)の14面の襖絵「双龍風雷圖」(堂野夢酔画伯作)が公開されます。

夜間ライトアップでは参道や境内に照明が置かれ、ひときわ美しい庭園が楽しめます。

京都市内よりも少し早く、紅葉がすすむそうです。

交通

最寄り駅: JR 奈良線 東福寺駅 / 京阪 京阪本線 東福寺駅

今熊野観音寺 紅葉祭

とき: 公開中 11月27日(日)まで

紅葉のトンネルなどが楽しめます。

「京だんご 藤菜美」が出店します。

交通

最寄り駅: JR 奈良線 東福寺駅 / 京阪 京阪本線 東福寺駅

泉涌寺塔頭 戒光寺 秋の丈六市

とき: 11月19日(土)・20日(日)、23日(水・祝)、26日(土)・27日(日)

境内でフリーマーケットや作品展示会、ワークショップなどが開かれます。

丈六さんのおかげ大根

とき: 11月26日(土)・27日(日)

ご本尊の身代わり丈六釈迦如来にお供えしてご祈祷済の大根をほくほくに炊いた、「おかげ大根」が振る舞われます。
あつあつの大根炊きをいただいて、おかげもいただきます。

各日100食限定 1杯500円

「京の大仏」丈六 戒光寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: JR 奈良線 東福寺駅 / 京阪 京阪本線 東福寺駅

泉涌寺塔頭 新善光寺 秋の新善光寺展

とき: 11月23日(水・祝)~27日(日) 9時~16時

本堂、大方丈(書院)、紫陽花の丘を含む庭園を自由に拝観できます。

住職による本堂や大方丈の襖絵の解説があります。
10時~ 12時~ 14時~ 1日3回、所要時間約30分

秋の特別拝観限定ご朱印の授与があります。
書き置きのみ 1000円
通常のご朱印は、直書きで授与されます。 400円・500円

交通

最寄り駅: JR 奈良線 東福寺駅 / 京阪 京阪本線 東福寺駅

東福寺 夜間拝観

とき: 公開中 11月30日(水)まで 17時~20時

完全予約制です。3000円
17時~ 18時~ 19時~ の3部制

制限された人数で、大人気の通天橋の紅葉をゆったりと楽しむことができます。
四季折々に違った表情をみせる方丈の八相の庭も、見どころです。

申し込みはWebketから。
定員になり次第、締め切られます。

交通

最寄り駅: JR 奈良線 東福寺駅 / 京阪 京阪本線 東福寺駅

東福寺塔頭 一華院 秋の特別拝観

とき: 公開中 11月30日(水)まで 10時~16時(受付終了)
急遽、拝観やお茶席を中止する可能性があります。

創建は永徳2年(1382)、ご本尊は白衣観音さまです。

境内に、四神相応を取り入れられた「四神の庭」があります。
北方の玄武は、重森千靑作庭の「彷彿石庭」。石組で鶴亀や蓬莱山が表わされています。
南方の朱雀は、「依稀松庭」。黒松の枝振りが、大きく羽根を広げた鳳凰を表わしています。
東方の青龍は、高くそびえた黒松を龍になぞらえています。
西方の白虎は、重森千靑作庭の「虎靠山の庭」。「虎の子渡し」を表現しています。

お茶席(1100円 お抹茶・生菓子付き)やご朱印の授与があります。

交通

最寄り駅: JR 奈良線 東福寺駅 / 京阪 京阪本線 東福寺駅

東福寺塔頭 正覚庵 筆供養

とき: 11月23日(水・祝) 10時~15時
13時~ 筆塚神輿巡行
14時~ 筆供養

筆の奉納受付は10時から。

神輿が練り歩いたあと、筆塚の前で大護摩が焚かれ、奉納された筆・ペン・鉛筆など筆記用具が供養されます。
お焚き上げの煙にあたると、字が上達するといわれます。

通常非公開のお寺で、一般拝観できるのは1年でこの日だけです。

東福寺塔頭 正覚庵 秋の特別公開

とき: 11月25日(金)~12月11日(日) 10時~16時(受付終了)

ふだん11月23日の「筆供養」の日しか拝観できないお寺ですが、この秋は紅葉の時期に特別公開されます。

客殿前に広がる庭園を、畳敷きの和室からゆっくり拝観することができます。
白洲屋敷の一部を移築した本堂と茶室も公開されます。

白洲屋敷は、実業家の白洲文平(吉田茂首相の懐刀としてサンフランシスコ講和条約などで活躍した白洲次郎の父)が現在の兵庫県伊丹市春日丘に建てた邸宅です。

京都東山臨済宗東福寺塔頭 正覚庵 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 鳥羽街道駅

東福寺塔頭 勝林寺 秋の拝観

とき: 公開中 12月4日(日)まで 10時~16時
夜間ライトアップはありません。

東福寺の仏殿に密かに安置されていたという伝定朝作の毘沙門天立像、清水隆慶作の吉祥天像と善膩師童子像、寅年のみ顕現される奥秘仏が特別公開されます。

田村月樵(宗立)作の毘沙門天曼荼羅、ほか平安時代の仏像もあわせて公開されます。

境内の「吉祥紅葉」には良縁・美縁のご利益があります。

交通

最寄り駅: JR 奈良線 東福寺駅 / 京阪 京阪本線 東福寺駅

東福寺塔頭 即宗院 秋季拝観

とき: 公開中 12月4日(日)まで 9時~16時(受付終了)
※ 法要のため拝観休止になる日もあります。

薩摩藩の島津氏久の菩提を弔うために創建されました。
いったん焼失しましたが、江戸時代に薩摩藩の援助で再興しました。

幕末に西郷隆盛と清水寺の成就院住職だった勤皇僧の月照が、追っ手の目を逃れて即宗院境内の茶亭にて討幕の密談をしました。

庭園「月輪殿」は、関白藤原忠通が建立した御所の東御堂に息子の九条兼実が営んだ山荘「月輪殿」の跡地にあります。

臨済宗東福寺派 臥雲山 即宗院 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: JR 奈良線 東福寺駅 / 京阪 京阪本線 東福寺駅

東福寺塔頭 天得院 令和4年度 秋の特別拝観

とき: 11月18日(金)~30日(水) 14時~20時(閉門20時30分)
16時からライトアップされます。昼夜入替はありません。

12月1日(木)~4日(日) 14時~16時(閉門16時30分)

桃山時代に作庭された枯山水庭園と、紅葉を愛でる拝観です。
お抹茶は14時~16時30分までですが、なくなり次第終了します。800円

精進料理プランもあります。
拝観開始より一足先の11時~14時に、精進料理をいただきながら紅葉を愛でます。
予約は京湯元ハトヤ瑞鳳閣へ。

「枯山水に凛と咲き誇る 桔梗の寺」 天得院 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: JR 奈良線 東福寺駅 / 京阪 京阪本線 東福寺駅 ・ 鳥羽街道駅

東福寺塔頭 東光寺 秋の特別拝観

とき: 公開中 11月30日(水)まで 10時~16時
※ 仏事・中国笛教室などで拝観時間の変更・休止が生じることがあります。

お茶席は令和元年(2019)で終了しました。

東光寺の庭園は、神仙思想を取り入れた蓬莱山の庭園です。
また「十牛図」の6枚目の絵「騎牛帰家」を表わした「牧童石」があります。
牛の背に乗り笛を吹きながら帰る牧童を表わしています。

紅葉と一緒に拝観することができます。

東福寺塔頭 東光寺 の最新版のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 鳥羽街道駅

東福寺塔頭 同聚院 秋の特別拝観・大根焚き

とき: 公開中 12月2日(金)まで

藤原道長が建立した五大堂の不動明王坐像(重文)がご開扉されます。
平安時代初期から女御や更衣など位の高い女性から信仰され、近代ではモルガンお雪も信仰したことから「働く女性の守り本尊」といわれます。

厄除け長寿の大根焚きは、毎年二十四節気の小雪の前後10日間行なわれます。

交通

最寄り駅: JR 奈良線 東福寺駅 / 京阪 京阪本線 東福寺駅

六道珍皇寺 秋の特別公開・寺宝展

とき: 後期 11月19日(土)・20日(日)・23日(水・祝) 9時~16時

2021年から保存修理が行なわれていた「釈迦十六善神像図」(鎌倉時代)が、完成後初公開されます。
また、来年の春から150年ぶりの保存修理に入ることになったご本尊の薬師如来坐像(重文)(藤原期)にも拝観できます。

岩手県の常安寺所蔵の佐々木藍田筆「大地獄絵図」(江戸時代後期)の複製画や、だるま商店作「極彩色 篁卿六道遊行絵図屏風」、幕末期に奉納されたと伝わる刀剣類も公開されます。

直書き見開きご朱印の授与があります。各1500円
20日 絵師だるま商店による「龍図」「虎図」
23日 「薬師如来」「地蔵菩薩」「閻魔大王」が秋の青空の色で記されます。

紫紙金泥御朱印の授与もあります。
「薬師如来」「日光菩薩」「月光菩薩」の3体1セットで1800円

大椿山 六道珍皇寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 祇園四条駅 ・ 清水五条駅

清水寺 夜間特別拝観

とき: 公開中 11月30日(水)まで 18時~21時(受付終了)

予約は不要です。
清水寺境内がライトアップされ、観音さまのご慈悲を表わす瑠璃色の一条の光が宙に放たれます。

清水寺 成就院庭園特別公開

とき: 公開中 11月30日(水)まで 9時~16時(受付終了)、18時~20時30分(受付終了)

京都の「雪月花の三庭苑」のうちの一つ、「月の庭」の成就院庭園が公開されます。
「雪の庭」は妙満寺、「花の庭」は北野天満宮にあります。

音羽山 清水寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 清水五条駅

八坂神社 本殿国宝奉祝 奉納行事

とき: 11月20日(日)・23日(水・祝) 14時~

2020年(令和2年)12月23日付で、八坂神社の本殿が国宝に、社殿と建築物26棟が重要文化財に指定されました。
流行病いのために延期されていた奉祝奉納行事が、この秋に実施されることになりました。

茂山社中の狂言、桂米團治師の落語、14の山鉾町による祇園囃子、観世流・久世流による仕舞、久世六斎による六斎念仏、祇園祭音頭、石見神楽、四花街による舞踊などの諸奉納行事が、11月3日からにぎにぎしく行なわれています。

日程・スケジュールは八坂神社の公式サイト内「本殿国宝奉祝」奉納行事開催の件をご覧ください。

期間中、SNS(Facebook・Instagram)にて「#祇園さんの国宝おめでとさん」を付けて投稿すると、社務所にて記念品がプレゼントされます。

本殿夜間特別拝観

とき: 11月20日(日)
16時30分、17時、17時30分、18時、18時30分
拝観料 1000円(解説冊子付き)

京都祇園 八坂神社 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 祇園四条駅

高台寺 秋の特別展「これが漆!? - 彦十蒔絵の超絶技巧 -

とき: 公開中 12月11日(日)まで 9時~21時30分(受付終了)

漆器の技術が存続の危機に瀕しているという現代。漆職人集団「彦十蒔絵」の「変わり塗り」という陶器や金属器にしか見えない漆芸術品が展示公開されます。

高台寺 秋の夜間特別拝観
すべての人にねね様のやさしさを 「追憶の夜」

とき: 公開中 12月11日(日)まで 最終受付は21時30分 閉門22時
ライトアップは17時から

日本初、立体感のある音響と映像にイルミネーションを組み合わせた3D体験ができる演出がされています。

「秀吉とねねの寺」京都東山 高台寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 祇園四条駅

高台寺塔頭 圓徳院 秋の特別展 「赤松燎画伯 没後25年特別展」

とき: 公開中 12月11日(日)まで 10時~21時30分(受付終了)
※ 12月9日(金)・10日(土)は拝観休止
夜間ライトアップは17時から

縁があって本堂の障壁画「白龍図」を描いた、日本画家の赤松 燎画伯の特別展が開かれます。

期間中、「楽茶碗でのお抹茶」が全日行なわれます。
北書院のお庭を見ながらの、点て出しです。500円

交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 祇園四条駅

浄土宗総本山知恩院 秋のライトアップ2022

とき: 公開中 12月3日(土)まで 17時30分~21時(受付終了)
※ 11月27日のみ受付開始時間が18時に変更されます。

国宝御影堂、国宝三門下周辺、宮崎友禅ゆかりの庭園「友禅苑」、女坂、阿弥陀堂(外観のみ)、11年ぶりの公開になる経蔵(外観のみ)、大鐘楼など境内の各所がライトアップされます。

今回もフォトコンテストが開催されます。
InstagramまたはTwitterの知恩院公式アカウントをフォローして、ライトアップされた写真を撮って、「#ナムいフォト2022」のタグを付けてUPしてください。
締め切りは12月4日

秋のライトアップ2022の限定ご朱印「慈教大師」の授与もあります。
法然上人の5つめの大師号です。
書き置きのみ 300円

聞いてみよう お坊さんの話

とき: 期間中 毎夜計4回
18時~ 18時45分~ 19時30分~ 20時15分~ 
御影堂にて

お話は15分~20分くらい、約5分の木魚念仏体験があります。
今回のテーマは「源を尋ねる」
予約不要です。気軽にお話を聞きに行くことができます。

月かげプレミアムツアー

とき: 期間中の毎週土・日曜日 1日2回
17時45分~ 19時30分~ (所要時間 1時間30分)

知恩院内のライトアップが実施されている箇所すべてを、お坊さんの案内で巡るぜいたくなツアーです。
経蔵と大鐘楼は通常公開されていない場所まで拝観できます。

予約が必要です。
浄土宗総本山知恩院 秋のライトアップ2022 特設ページ内の申し込みフォームから予約してください。
1人3000円 各回先着15名まで

ツアー記念品として特別ご朱印「尋源」が授与されます。

国宝御影堂ツアー

とき: 期間中の毎週水・金曜日 1日2回
18時15分~ 19時30分~ (所要時間 50分)

国宝御影堂の通常非公開の箇所を拝観できるツアーです。

御影堂は「元祖法然上人800年大遠忌」記念事業として、平成23年(2011)から約9年間、大規模な「平成大修理」が行なわれました。
令和2年(2020)に落慶御遷座法要、落慶奉告法要が営まれました。

予約が必要です。
浄土宗総本山知恩院 秋のライトアップ2022 特設ページ内の申し込みフォームから予約してください。
1人1000円 各回先着25名まで

ツアー記念品として特別ご朱印「尋源」が授与されます。

知恩院 濡髪大明神大祭

とき: 11月25日(金) 14時~

勢至堂の奥にある濡髪祠の前で、1年間に納められた護摩木をお焚き上げします。

濡髪大明神は、知恩院を火災から守ってくれているといわれます。

浄土宗総本山 知恩院 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 祇園四条駅 / 阪急 京都線 京都河原町駅

建仁寺塔頭 両足院 禅語ご朱印直書き会

とき: 11月25日(金)・26日(土)・27日(日) 13時~15時

予約は不要です。
本堂のお参り、書院の拝観、池泉回遊式庭園の散策ができます。

11月の禅語ご朱印は「舞秋風水石紅葉 (しゅうふうまいて すいせきこうようす)」です。

建仁寺塔頭 両足院 禅語ご朱印直書き会

とき: 12月2日(金)・3日(土)、24日(土)・25日(日) 13時~15時

1月のご朱印直書き会は開催されないため、1月の禅語もこの機会にいただくことができます。
12月の禅語は「見明星悟道 (みょうじょうをみて みちをさとる)」
1月の禅語は「和敬 (わけい)」です。

交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 祇園四条駅

建仁寺塔頭 正伝永源院 秋の庭園特別公開・寺宝展

とき: 公開中 12月4日(日)まで 10時~16時(受付終了)

元首相の細川護煕氏が揮毫した襖絵24面が公開されます。
限定ご朱印の授与もあります。

情勢の変化により、変更される可能性があります。

交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 祇園四条駅

12月の特別公開・行事

新熊野神社 大樟感謝祭とつなかけ神事

とき: 12月23日(金) 11時~

ご神木の樹齢900年の大樟に、新年に向けて大きな注連縄を巻く神事です。

参拝者もお忌衣を着用して、参加協力することができます。

交通

最寄り駅: JR 奈良線 東福寺駅 / 京阪 京阪本線 東福寺駅

法住寺 義士会法要

とき: 12月14日(水) 10時30分~

山科に隠棲していた赤穂義士の大石内蔵助が法住寺のご本尊の身代り不動明王に仇討を祈願し、この日に本懐を遂げたことにまつわる法要です。

10時30分~ ご本尊の身代わり不動尊のご宝前にて四十七義士追善法要と献茶式
 献茶式は祇園東の芸妓さんが勤められる予定です
 お茶席は人数制限が実施されます。

拝観料は討ち入り蕎麦・お茶席・祈願護摩木1本付きで1000円

義士会法要特別ご朱印(書き置き)の授与があります。祈願護摩木1本付きで500円。
書き置きご朱印を拝受し、拝観料を納め、法要に参列した人のみ、直書きの義士会法要特別ご朱印が授与されます。祈願護摩木1本付きで500円。

後白河法皇御所聖跡 天台宗法住寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 七条駅

六波羅蜜寺 空也踊躍念仏

とき: 12月13日(火)~31日(土) 16時~
31日は非公開

六波羅蜜寺を開いた空也上人は、ひたすら念仏を唱え、教えを広めました。
空也上人の弟子の定盛とその子孫が踊り念仏しながら市中を回り、これが六斎念仏のもとになりました。

空也踊躍念仏は重要無形民俗文化財に指定されています。

交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 清水五条駅

安井金比羅宮 終い金比羅祭

とき: 12月10日(土) 10時~

この日から新年の初金比羅祭(1月10日)までの間、縁起物の「稲宝来」(4500円)が授与されます。

「京都最古の禅寺」 建仁寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 祇園四条駅

令和4年度 第58回京都非公開文化財特別公開

京都古文化保存協会が主催する秋の「京都非公開文化財特別公開」、今年も期間を分散して開催されます。
公開日は開催箇所によって異なるので、お参り前に京都古文化保存協会の公式サイトで確認してください。

東福寺 三門

とき: 10月8日(土)~12月4日(日) 9時~16時(受付終了)

三門(国宝)、宝冠釈迦如来坐像、十六羅漢像、明兆筆天井画が拝観できます。

東福寺は平安時代に藤原忠平が創建した法性寺(ほっしょうじ)の寺域に建立されました。

国宝の三門は応永12年(1405)の建立で、禅宗の三門では現存最古です。
唐様・和様・天竺様を巧みに取り入れた大門で、「妙雲閣」の扁額は足利義持筆です。

東福寺 法堂

とき: 11月1日(火)~30日(水) 9時~16時(受付終了)

釈迦如来立像および迦葉・阿難尊者立像(重文)、堂本印象筆天井画「蒼龍図」が拝観できます。

法堂は本堂と兼ねています。
法堂は文永8年(1271)に七堂伽藍が整ったさいに建立されました。
火災による焼失後に再建し、応仁の乱の焼失は免れましたが、明治14年(1881)に方丈からの出火で仏堂とともに焼失しました。

現在の法堂は昭和9年(1934)の再建で、昭和前期最大の木造建築になります。

交通

最寄り駅: JR 奈良線 東福寺駅 / 京阪 京阪本線 東福寺駅

泉涌寺 本坊・霊明殿

とき: 11月6日(日)~26日(土) 9時~16時(受付終了)
※ 11月12日(土)・13日(日)は休止

霊明殿、御座所、海会堂、庭園が拝観できます。

本坊は四条天皇以下皇室の位牌を安置する霊明殿と、天皇の休息所である御座所、歴代天皇の念持仏を祀る黒木の御所を移築した海会堂からなります。

御寺 泉涌寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: JR 奈良線 東福寺駅 / 京阪 京阪本線 東福寺駅

拝観の休止・制限をしている神社仏閣

泉涌寺塔頭 即成院
内陣の特別拝観を休止。
地主神社
社殿の修復工事のため、閉門: 8月19日から3年間の予定
工事中の諸祭事は非公開で斎行されるので、郵送で「縁結び特別祈願」を申し込むことができます。
八坂神社
授与所の窓口縮小
一部授与品の授与を休止
ご朱印は書き置きのみ。
長楽寺
拝観所の修復工事中のため、拝観休止: 10月3日~2023年3月末日
ご朱印などの授与受付: 木曜・日曜の10時~12時
高台寺塔頭 圓徳院
予約茶席「小間の茶席」を休止。

祭事や法要の変更・中止

例大祭や法要などの内容の変更・中止の情報です。

長楽寺 秋季特別展
10月20日(木)~11月30日(水)
中止になりました。
青蓮院・将軍塚青龍殿 令和4年秋のライトアップ
例年11月~12月
寝殿などの大屋根葺き替え工事中のため、中止になりました。
若宮八幡宮 新嘗祭・御火焚祭
11月23日(水・祝)
関係者のみで行なわれ、一般の参列はできません。
長楽寺 「五感で楽しむ 長楽寺 夜間拝観とお経」
11月24日(木)~12月10日(土)
拝観所の修復工事のため、中止になりました。

特別拝観の中止情報

中止になってしまった特別拝観です。

泉涌寺塔頭 戒光寺 内陣特別参拝
例年11月中旬から下旬
本堂改修工事のため中止になりました。
令和5年春の内陣特別参拝(4月1日~15日)は行なわれる予定です。
東福寺 龍吟庵特別拝観
例年11月
方丈柿葺き修繕工事のため中止になりました。

2022年11月20日京都・仏閣,京都・特別拝観,京都・神社

Posted by 管理人めぶき