京都市山科区 2022年11月・12月 特別拝観・行事の情報

京都・仏閣,京都・特別拝観

京都市山科区の社寺の2022年11月20日から12月の行事と特別拝観の情報を掲載します。

各社寺の公式サイトと「【京都市公式】京都観光Navi」からの情報です。

11月の行事のうちお火焚きは「火焚祭を行なう社寺 京都」、新嘗祭は「新嘗祭に参列できる神社 京都・奈良」、12月の行事のうち大根焚きは「京都 大根焚き情報」、除夜の鐘は「除夜の鐘情報」、年越の大祓は「京都と奈良で、年越の大祓を受けられる神社」のほうでくわしく書いていますので、よろしければご覧ください。

11月から続く特別公開・行事

各社寺の公式サイトなどで拝観状況を確認のうえ、感染予防対策を講じてお参りしてください。

社寺にお参りするさいは以下の点にご留意ください。

  • マスクを着用すること
  • アルコール消毒液などで手指を消毒する
  • ほかの参拝者や社寺の関係者・職員などと間隔を保つ
  • 熱発しているなどの体調不良時はお参りしない

毘沙門堂門跡 もみじ祭

とき: 11月19日(土)・20日(日) 10時30分~

紅葉に彩られた境内で、奉納演奏や演舞などが行なわれます。
2022年は奉納演奏や演舞などの催しは中止になりました。

京都山科 毘沙門堂門跡 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: JR 琵琶湖線 ・ 地下鉄 東西線 山科駅 / 京阪 京津線 京阪山科駅

安祥寺 秋の特別拝観

とき: 11月19日(土)~27日(日)
 日中 9時~16時(受付終了)
 夜間 17時30分~18時30分(受付終了)

ご本尊の十一面観音菩薩立像(重文)、鎮守の青龍殿、青龍殿内の蘚苔蟠龍(せんたいばんりゅう)、境内の多宝塔跡や地蔵堂内の花天井画など、自由に拝観することができます。

夜間拝観は、JR東海の「『そうだ 京都、行こう。』ひかりの京都キャンペーン」の企画で、お馴染みのCMの音楽と竹灯籠の灯りが連動したショーが行なわれます。

吉祥山宝塔院 安祥寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: JR 琵琶湖線 ・ 地下鉄 東西線 山科駅 / 京阪 京津線 京阪山科駅

隨心院 本尊御開帳

とき: 公開中 11月30日(水)まで 9時~16時30分
表書院にて

ご本尊の如意輪観音菩薩坐像(重文)が今年の春に修復から戻ってこられて、2度目のご開扉になります。
表書院にいらっしゃる快慶作金剛薩埵坐像(重文)と一緒にお参りできます。

本尊修復記念の限定切り絵ご朱印(1000円)、秋の紅葉と小野小町のご朱印(500円)の授与があります。

交通

最寄り駅: 地下鉄 東西線 小野駅

12月の特別公開・行事

第46回 京都山科義士まつり

とき: 12月14日(水)
10時 毘沙門堂門跡を出発
14時30分~15時 大石神社・岩屋寺に到着

討ち入り装束に身を固めた赤穂義士の隊列が、毘沙門堂門跡を出発してラクトB棟、東部文化会館を経て岩屋寺、大石神社に終着します。
東部文化会館では子ども義士隊の「連判状改め」、岩屋寺では本懐を遂げたことの奉告、大石神社では「大石音頭、元禄花見踊り」が披露されます。

今年は3年ぶりに開催されます。

拝観の制限をしている神社仏閣

日向大神宮
ご祈祷の受付休止
ご朱印は書き置きのみ。
隨心院
本堂を改修工事のため、本堂内と一部の諸仏の拝観休止: 2023年5月末までの予定
写仏写経は最大8名まで

特別拝観の中止情報

中止になってしまった特別拝観です。

隨心院 秋期夜間特別拝観・ライトアップ
例年11月上旬~下旬
本堂改修工事のため中止になりました。

京都・仏閣,京都・特別拝観

Posted by 管理人めぶき