京都市伏見区 2023年1月・2月 特別拝観・行事の情報

京都・仏閣,京都・特別拝観,京都・神社

京都市伏見区の社寺の2023年1月20日から2月中の行事と特別拝観の情報を掲載します。

各社寺の公式サイトと「【京都市公式】京都観光Navi」からの情報です。

1月の行事

各社寺の公式サイトなどで拝観状況を確認のうえ、感染予防対策を講じてお参りしてください。

社寺にお参りするさいは以下の点にご留意ください。

  • マスクを着用すること
  • アルコール消毒液などで手指を消毒する
  • ほかの参拝者や社寺の関係者・職員などと間隔を保つ
  • 熱発しているなどの体調不良時はお参りしない

城南宮 湯立神楽

とき: 1月20日(金) 15時~

たすき掛けの巫女が大釜の湯を笹の葉で散らして邪気を祓い、願望成就・無病息災などを祈願します。

祭典終了後、福笹が特別授与されます。1000円

京都の南、方除けの大社 城南宮 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 近鉄 京都線 ・ 地下鉄 烏丸線 竹田駅

2月の行事

城南宮 しだれ梅と椿まつり

とき: 2月18日(土)~3月22日(水) 9時~16時(受付終了)

城南宮の広大な神苑のなかで、しだれ梅は本殿の西側の「春の山」エリアに150本植えられています。

椿は神苑内に植えられています。花期は9月から3月末でなので、しだれ梅と苔の上の「落椿」を同時に楽しむことができます。
梅の開花状況は、城南宮公式サイトで発信されます。

期間中、梅の花を冠にさした巫女が神楽を舞う「梅が枝神楽」が奉納されます。
心身の健康と除災招福と祈願した「梅の花守り」が、巫女さんの神楽鈴でのお祓い付きで授与されます。
1000円

参道では植木や「椿餅」の販売もあります。

京都の南、方除けの大社 城南宮 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 近鉄 京都線 ・ 地下鉄 烏丸線 竹田駅

醍醐寺 五大力尊仁王会

とき: 2月23日(木・祝)

五大明王(不動明王、降三世明王、軍荼利明王、大威徳明王、金剛夜叉明王)の力を授かった化身である五大力菩薩に、国の平和や国民の幸福を祈願する法要です。

「五大力さん」と親しまれ、盗難・災難除けのお札「御影」が授与されます。

金堂前で、紅白の大鏡餅を持ち上げて力を奉納し、無病息災・身体堅固を祈願する奉納持ち上げ大会が有名です。

世界文化遺産 京都 醍醐寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 地下鉄 東西線 醍醐駅

第57回 京の冬の旅

京都市観光協会主催の「京都デスティネーションキャンペーン 第57回 京の冬の旅」、伏見区から2ヶ寺が公開されます。

醍醐寺 三宝院

とき: 1月7日(土)~3月19日(日) 
1・2月は9時~16時(受付終了)、3月は9時~16時30分(受付終了)
※ 2月4日(土)~7日(火)は弥勒堂が拝観不可となり、代わって茶室「松月亭」が公開されます。

三宝院は醍醐寺の本坊的存在で、歴代座主が居住しています。

醍醐寺は応仁の乱で焼失し衰退しましたが、豊臣秀吉・秀頼の援助で復興しました。
秀吉は醍醐の花見を催すにあたって、当地にあった金剛輪院を改修して三宝院を調え、また庭園(特別名勝・特別史跡)も自ら設計・施行しました。

公開される弥勒堂(重文)は三宝院の本堂で、快慶作のご本尊弥勒菩薩坐像(重文)が安置されています。
表書院(国宝)の障壁画は「表書院及勅使間秋草間障壁画」として重要文化財に指定されています。
また、秀吉から贈られた「金の天目茶碗と天目台」などの寺宝も公開されます。

醍醐寺塔頭 理性院

とき: 1月7日(土)~3月18日(土) 10時~16時(受付終了)
※ 1月13日(金)~16日(月)、2月19日(日)は休止

三宝院の北側にある、別格本山です。

ご本尊は80年に一度ご開扉される秘仏の太元帥明王です。
客殿に狩野探幽18歳のときの作とされる「水墨山水画」の障壁画があり、探幽の十代の頃の作として貴重なものです。

世界文化遺産 京都 醍醐寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 地下鉄 東西線 醍醐駅

拝観の休止・制限をしている神社仏閣

乃木神社
授与所と宝物館・記念館の閉館日: 1月18日・25日・26日
城南宮
神苑の呈茶席を休止
御香宮神社
ご香水の取水が制限される可能性があります。
藤森神社
お守り授与所の受付時間の変更: 9時~16時