奈良県 2022年1月 特別拝観・行事と、拝観の変更情報

奈良・仏閣,奈良・特別拝観,奈良・神社,奈良・行事と祭り

奈良県(奈良市はのぞく)の社寺の2022年1月の特別拝観・行事と、拝観の変更の情報を掲載します。

各社寺の公式サイトと「奈良県観光[公式サイト] あをによし なら旅ネット」からの情報です。

1月の行事のうち、以下はそれぞれ別の記事にまとめてありますので、よろしければご覧ください。

奈良県の社寺の特別公開・行事

発表されている日程や内容が、急遽変更される可能性があります。
お参りの前に、再度公式サイトなどで確認してください。

郡山八幡神社 大とんど祭

とき: 1月15日(土) 8時~16時

11時から神楽奉納があります。

交通

最寄り駅: 近鉄 橿原線 大和郡山駅

松尾寺 左義長(とんど)

とき: 1月15日(土) 9時~

神霊石の大岩前の境内中央に、護摩壇が組まれます。

正月飾り・古札を持ち込むことができます。

「日本最古の厄除け霊場」大和松尾寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

近鉄 橿原線 大和郡山駅 または JR 大和路線 大和小泉駅から 奈良交通バス71、72系統乗車 「松尾寺口」下車

石上神宮 古神符焼納祭

とき: 1月15日(土) 10時~

出雲建雄神社例祭に続いて行なわれます。

神事ののち、持ち込まれた神符などが焼納されます。
お焚き上げのさい、神職が大祓詞(おおはらえのことば)・十種祓詞(とくさのはらえのことば)を奏上します。

「心のやすらぎを願って」石上神宮 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: JR 万葉まほろば線(桜井線) 天理駅 / 近鉄 天理線 天理駅

大和神社 お弓始め祭

とき: 1月4日(火) 13時~15時

ご祭神の八千戈大神の例祭です。
厄払いの弓打ち神事を行ない、1年間の健康と豊作を祈願します。

祭典後、小笠原流弓術の作法で県弓道連盟の師範・中学生らが弓を射ます。

大和神社 歯定神社例祭

とき: 1月15日(土) 11時~11時30分

医薬の神・少彦名神をお祀りしていることから、歯にご利益があるといわれます。

18時頃から歯定神社の前の広場で、とんどが点火されます。

交通

最寄り駅: JR 万葉まほろば線(桜井線) 長柄駅

安倍文殊院 冬の寺宝展

とき: 公開中 2月28日(月)まで 9時~16時40分(受付終了)

金閣浮御堂(仲麻呂堂)霊宝館に安置されている、安倍仲麻呂公像、安倍晴明公像、ほか陰陽道に関する古文書などが公開されます。
冬の寺宝展では方位災難除けの十二天御尊軸のうち「月天」「毘沙門天」「地天」が展示されます。

パンジー約8000株を使った干支ジャンボ花絵「果敢にトラ(寅)イ」が設置され、受験生を応援しています。

限定ご朱印「結縁・うさぎ朱印(冬)」は1月15日(土)まで授与されます。書き置きのみです。

「日本三文殊第一霊場」安倍文殊院 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: JR 万葉まほろば線(桜井線) 桜井駅 / 近鉄 大阪線 桜井駅

大神神社 大とんど

とき: 1月15日(土) 8時~

祈祷殿前斎庭にて、正月の注連飾りや旧年のお札などをお焚き上げします。

三輪明神 大神神社 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: JR 万葉まほろば線(桜井線) 三輪駅

談山神社 雅楽はじめ

とき: 1月10日(月・祝) 14時から(予定)

談山雅楽会により奉奏されます。

「大和多武峯鎮座」談山神社 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: JR 万葉まほろば線(桜井線)・ 近鉄 大阪線 桜井駅 桜井駅南口から 桜井市コミュニティバス 多武峯線 乗車 終点下車

桜井市コミュニティバスの時刻表は桜井市公式サイトをご覧ください

鹿嶋神社 神年越

とき: 1月6日(木)

神前に甘酒をお供えし、参拝者にも振る舞われます。
神事のみ、神職と関係者により行なわれます。

鹿嶋神社 どんど焼き(古神符焚上祭)

とき: 1月15日(土)

古い神符や正月飾りが焼納されます。

鹿嶋神社 結鎮祭

とき: 1月26日(水)

神社に奉仕し祭礼を取り仕切る集団である「宮座」のことを、鹿嶋神社では「結鎮座」と呼ばれます。

毎年1月26日に結鎮座の頭屋宅に鹿嶋神社のご神霊をお迎えする行事で、香芝市の無形民俗文化財に登録されています。

香芝市鎮座 鹿嶋神社 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 近鉄 大阪線 近鉄下田駅

金剛寺 三宝荒神供

とき: 1月28日(金) 10時~16時

三宝荒神に、新春の家運隆昌を祈願します。
お札が授与されるので、台所の清潔な場所でお祀りしてください。

関西花の寺 大和五条 金剛寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: JR 和歌山線 五条駅

生蓮寺 とんど

とき: 1月14日(金) 9時~10時

古いお札や仏壇を燃やします。

「蓮、安産、晴れ祈願のお寺」生蓮寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: JR 和歌山線 大和二見駅

墨坂神社 大とんど

とき: 1月15日(土) 10時30分~13時30分

境内にて正月用の注連縄を燃やします。

「日本最古の健康の神」墨坂神社 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 近鉄 大阪線 榛原駅

葛城一言主神社 一陽来復守りの授与

とき: 授与中 2月3日(木)まで 9時~15時30分

文明14年(1482年)、藤原遠厚が魔滅の神事「葛城一言主大明神火焚祈祷祭」を斎行したことに始まります。

魔を滅し福に転ずる、神社秘伝のお守りです。

「いちごんさん」式内大社 葛城一言主神社 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

  • 近鉄 御所線 近鉄御所駅から 奈良交通バス7系統「五条バスセンター行き」 「宮戸橋」下車 徒歩30分
  • 近鉄 御所線 近鉄御所駅から 御所市コミュニティバス「ひまわり号」西コース 「名柄」か「豊田」下車 徒歩10分

石光寺 弥勒堂開扉・石仏開帳・寒ぼたん園開園

とき: 1月1日(土・祝)~31日(月)

「天武天皇の勅願により、光る石を加工して弥勒仏を造った」との伝承通り、発掘された日本最古の寄せ石造りの弥勒さまがご開帳されています。

引き続き、ぼたん園が開園されています。

この冬は一気に開花せず、ゆっくり花開いていくようです。
ロウバイや寒咲アヤメが開花し始めました。

寒ぼたんは「二期咲き牡丹」といい、初冬から咲き始めます。
境内には36種類約300株が植えられていて、順に開花するので長く楽しむことができます。

期間中、花曼荼羅と弥勒堂開扉の特別ご朱印の授与があります。

交通

最寄り駅: 近鉄 南大阪線 二上神社口駅

當麻寺中之坊 新春福玉展 七福神「布袋尊屏風」「弁財天画像」ご開帳

とき: 開催中 2月3日(木)まで 9時~17時

「布袋尊百童子屏風」、南都絵師の琳賢筆「弁財天十五童子図」を特別公開、常設展での毘沙門天立像(平安時代)などと合わせて、おめでたい七福神の宝物が並びます。

寅年にちなみ、書院改修工事中に見つかった襖下地の「寅図」も公開されます。

當麻寺 中之坊と伽藍堂塔 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 近鉄 南大阪線 当麻寺駅

千光寺 鳴川大とんど

とき: 1月9日(日) 8時~10時

餅の接待があります。

真言宗醍醐派別格本山 元山上 千光寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 近鉄 生駒線 元山上口駅 徒歩50分

朝護孫子寺 奥秘仏 毘沙門天王像御開帳

とき: 1月16日(日)まで 9時~16時
ただし、1月8日(土)・9日(日)は一般の参拝者の拝観が不可になりました。

ご開帳期間限定のお札が授与されます。

朝護孫子寺 左義長(納め札焼大とんど)

とき: 1月14日(金) 18時~

僧侶・行者らの行列が赤門下広場に移動し、龍の形をした大松明が焼かれます。

毘沙門天王の総本山 信貴山朝護孫子寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

  • JR 大和路線・和歌山線・近鉄 生駒線 王寺駅 王寺駅北口から 奈良交通バス42、43系統「信貴山門行き」乗車 「信貴大橋」下車
  • 近鉄 生駒線 信貴山下駅から 奈良交通バス32、42、43系統「信貴山門行き」乗車 「信貴大橋」下車

龍田大社 大とんど

ふるまい大根は中止になりました。

とき: 1月15日(土)
6時~15時 大とんど点火
前の年に授かって1年間守ってくださったお札やお守りを、感謝しながらお焚き上げします。

10時~ ぼけ除け大祭・振舞い大根
いつまでも健やかに心楽しく過ごせるよう、祈願するお祭りです。
一緒に、大地の恵みを受けて育った大根の料理が振る舞われます。先着200名。

風神 龍田大社 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: JR 大和路線 三郷駅

金峯山寺 脳天大神大祭 新春大祭

とき: 1月19日(水) 13時~ 金峯山寺塔頭 脳天大神龍王院にて

龍王院境内にて採灯大護摩供が行なわれ、天下泰平・万民安楽などが祈念されます。

脳天大神は「頭脳の神さま」で、首から上の守り神です。

「修験根本道場 世界遺産」国軸山 金峯山寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

近鉄 吉野線 吉野駅から ロープウェイ千本口駅乗車 吉野山駅下車
時刻表や運賃は「吉野大峯ケーブル自動車株式会社」のサイトをご覧ください。

奈良大和四寺巡礼 冬の特別参拝(疫病退散)

とき: 1月7日(金)~3月31日(木) 毎日実施

不安やストレスを感じてしまいやすい社会情勢ですが、気分転換や心身の健康増進がてらに豊かな緑に囲まれた「奈良大和四寺(安倍文殊院・岡寺・長谷寺・室生寺)」へのお参りはいかがでしょうか。

すべて事前予約制。1人だけの申し込みも可能で、定員20名までの少人数です。

どのお寺もお坊さんによる案内付きで、ご本尊のお参りやお勤めの体験、巡礼衣にご朱印をいただいて自由参拝をするという内容です。

各寺院で販売されている「奈良大和四寺巡礼共通拝観券」(散華型の各ご本尊の写真付き 2200円)を提示すると、特別拝観料を値引きしてもらえます。

特別拝観申し込みは「奈良大和四寺巡礼特別参拝」公式サイト の専用予約フォームから

拝観の変更をしている神社仏閣

宝山寺
拝殿や各お堂への入堂参拝は、16名まで、最長10分間です。
鈴緒の利用不可
慈光院
マウスシールドを着用した参拝はお断わりされています。
安倍文殊院
お抹茶の接待を中止。
かわりに参拝記念品が贈呈されます。
大神神社
三輪山の登拝禁止:1月1日~10日
ささゆり園の開園を中止
ご祈祷は祈祷殿のみで行なわれます。(狭井神社・久延彦神社・自動車お祓所などは従来通り)
ご朱印は書き置きのみ
三ツ鳥居の拝観中止
なでうさぎの参拝中止
宝物収蔵庫を臨時休館
長谷寺
写経道場を休止: 当面の間
おふさ観音
ご朱印は書き置きのみ
金剛寺
境内のみ参拝可能
建物内のお参りは不可
寺院案内・ご朱印授与も最低限の対応に留められます。
室生寺
寳物殿は一定の入館人数に達すると制限されます。
金剛山転法輪寺
すべての法要・行事・山伏修行を休止: 当面の間
石光寺
ご朱印は書き置きのみ
當麻寺 護念院
双塔園客殿を閉鎖
村屋神社
ご朱印の受付時間: 9時~16時(土・日・祝日の12時~13時は休憩)
法隆寺
境内各堂の混雑回避のため、職員が誘導する場合があります。
丹生川上神社下社
登段登拝不可
岡寺
拝観時間を変更: 8時30分~17時
橘寺
ご朱印は書き置きのみ
飛鳥坐神社
ご朱印は書き置きのみ
天河大辨財天社
ご祈祷はすべて前々日までに電話での予約が必要になりました。
喜蔵院
参籠所業務を休止。
玉置神社
参籠中止

祭事や法要の変更・中止

例大祭や法要などの内容の変更・中止の情報です。

石上神宮 神火祭・新春初太鼓歳旦祭
1月1日(土・祝)
神職のみで行なわれ、一般の参列は不可になりました。
談山神社 神楽式
1月1日(土・祝)
中止になりました。
法隆寺 舎利講
1月1日(土・祝)~3日(月)
外陣での参拝不可になりました。
往駒大社 新春ご祈祷
1月1日(土・祝)~3日(月)
神楽が中止になりました。
往駒大社 書初め
1月2日(日)~3日(月)
中止になりました。
大神神社 書初めまつり
1月
中止になりました。
橿原神宮 そろばんはじき初め大会
1月2日(日)
中止になりました。
橿原神宮 令和4年 書き初め大会
1月5日(水)「第70回 橿原神宮席上揮毫書き初め大会(奈良地区)」・1月6日(木)「第62回 大阪地区 橿原神宮書きぞめ大会」
どちらも開催中止になりました。
天河大辨財天社 松囃神事
1月5日(水)
事前に予約した人のみ参列可能。50名まで
初舞台の「三番三」奉納は中止になりました。
鹿嶋神社 神年越
1月6日(木)
甘酒の振る舞いが中止になりました。
法隆寺 吉祥悔過
1月12日(水)~14日(金)
日没・初夜・半夜の作法の参拝不可
法要は例年通り行なわれ、日中作法と大講堂讃説への参拝は可能です。
往駒大社 大とんど
1月15日(土)
2022年から廃止されました。
宝山寺 歓喜天御縁日
1月16日(日)
天堂内陣への参拝が不可になりました。
天河大辨財天社 牛王宝印神符頒布祭
1月17日(月)
事前に予約した人のみ参列可能。150名まで
12月19日に定員に達しました
石上神宮 玉の緒祭
2月1日(火)
一般の拝観は不可になりました。
天河大辨財天社 鬼の宿神事(神迎え神事)
2月2日(水)
社家での神事は神職のみで行なわれます。
神殿での一般参列は事前に予約が必要です。120名まで
往駒大社 節分厄除祭
2月3日(木)
豆まきは中止です。祭典のみ行なわれます。
天河大辨財天社 節分祭
2月3日(木)
一般参列は事前に予約が必要です。120名まで
福豆・福餅まき・ぜんざいのふるまいはありません。
音霊奉納も事前予約が必要です。100名まで
飛鳥坐神社 おんだ祭
2月6日(日)
今年も神官のみで斎行されることになりました。
翁や天狗による御田植神事などの一般公開はありません。
2月1日~14日の間、おんだ祭特別ご朱印の授与はあります。
橿原神宮 紀元祭
2月11日(金・祝)
関係者のみ少人数で行なわれます。参列はできません。
廣瀬大社 砂かけ祭
2月11日(金・祝)
規模を縮小して斎行される予定ですが、情勢の変化により大きな変更が生じる可能性があります。