奈良市 2022年1月 特別拝観・行事と、拝観の変更情報

奈良・仏閣,奈良・特別拝観,奈良・神社,奈良・行事と祭り

奈良市内の社寺の2022年1月の特別拝観・行事と、拝観の変更の情報を掲載します。

各社寺の公式サイトと「奈良市観光協会サイト」からの情報です。

1月の行事のうち、以下はそれぞれ別の記事にまとめてありますので、よろしければご覧ください。

1月の行事

発表されている日程や内容が、急遽変更される可能性があります。
お参りの前に、再度公式サイトなどで確認してください。

若草山焼き

とき: 1月22日(土) 18時15分点火
(花火の規模が、点火前5分間程度に縮小されます)

今年は春日野園地・浮雲園地での観覧は事前登録が必要になりました。
若草山麓は、周辺の宿泊施設利用者専用の観覧スペースになるため、入場できません。

当日、山麓からライブ配信されます。
今回はドローンを活用して、上空の映像も撮影されます。

天候などによる当日の開催の可否は、テレドーム(0180-991-707)へ。

点火前の聖火行列・祭典も関係者のみで、非公開で行なわれます。
時間も経路も非公表です。

事前登録やライブ配信などについて、くわしくは若草山焼き行事実行委員会事務局(奈良県奈良公園室) のサイトをご覧ください
交通

最寄り駅: 近鉄 奈良線 近鉄奈良駅

春日大社 春日の大とんど

とき: 1月22日(土) 11時~17時
雨天時は23日(日)に延期

飛火野に火炉を設置し、正月に春日大社に持ち込まれた古いお札・お守りや注連縄などをお焚き上げします。

当日に会場へ直接持ち込むのも可能です。持ち込みは15時まで。

延期などの情報は奈良市観光協会公式サイト で発表されます。
交通

最寄り駅: 近鉄 奈良線 近鉄奈良駅

春日大社国宝殿 冬季特別展「秘められた大和の名刀 - 今明かされる大和の珠玉の名刀 春日の神々への至宝刀 ー」

とき: 
前期:開催中 2月13日(日)まで
後期:2月15日(火)~4月3日(日)
10時~16時30分(受付終了)

国の始まりの地の大和は、刀剣の始まりの地でもあります。
刀匠の祖とされる天国(あまくに)は大和の出身といわれます。

春日大社は創建の頃から朝廷や武士からの信仰が篤く、数々の名刀が奉納されてきました。
その中には製作当初の状態を保つものも多く含まれています。

今回は、春日の神々に捧げられた国宝・重要文化財17点を含む名刀が公開されます。

鞘に足利将軍家の花押が刻された「国宝 金装花押散兵庫鎖太刀拵・太刀」(銘 貞治四年)、刀の歴史を語る「国宝 菱作打刀拵 無銘」が通期で公開され、猫がいる「金地螺鈿毛抜形太刀」が前期のみ公開されます。

また奈良県内の社寺や個人が所蔵する、奈良指定文化財の名刀も公開されます。

世界遺産 春日大社国宝殿 のサイトへはこちらからどうぞ
世界遺産 春日大社 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 近鉄 奈良線 近鉄奈良駅

氷室神社 境内末社 舞光社例祭

とき: 1月7日(金) 11時~

南都舞楽の祖で、舞楽の達人だった狛光高公を祀る舞光社の例祭です。

南都晃耀会の舞楽始めの日に行なわれます。

氷室神社 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 近鉄 奈良線 近鉄奈良駅

十輪院 新春初ごま大祈とう

とき: 1月28日(金) 11時~16時
(開始時間が早くなりました)

一願不動尊(重文)の前で、1年間の無病息災や所願成就を祈願します。

一度にご祈祷を受けられる人数が減らされるため、境内での待ち時間が生じます。
甘酒接待は中止になりました。

南都 十輪院(真言宗醍醐派) のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: JR 万葉まほろば線(桜井線) 京終駅 / 近鉄 奈良線 近鉄奈良駅

新薬師寺 初薬師(修正会)

とき: 1月8日(土) 15時~

ご本尊の薬師如来にすべての人々の罪を悔い改める「薬師悔過」が行なわれます。
拝観可能。

新薬師寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 近鉄 奈良線 近鉄奈良駅 / JR 万葉まほろば線(桜井線) 京終駅

白毫寺 閻魔もうで

とき: 1月16日(日) 10時~14時

閻魔さまの縁日に、無病息災の祈願を行ないます。

公式サイトがないので白毫寺 | 奈良市観光協会サイト をご覧ください
交通

最寄り駅: 近鉄 奈良線 近鉄奈良駅 / JR 万葉まほろば線(桜井線) 京終駅

大安寺 光仁会(癌封じ笹酒祭り)

とき: 1月23日(日) 8時~16時

桓武天皇が光仁天皇の一周忌の法要を大安寺で営んだという故事に基づく法要です。

ご祈祷は本堂のみで行なわれ、8時から15時40分の間で20分ごとの時間制とし、定員が設けられます。
最終回のご祈祷以降で定員からもれてしまった人には、御札の授与のみになります。
(できるだけ早い時間帯でのお参りがお勧めです)

今年は笹酒のふるまいが復活しましたが、「おかわり厳禁」になりました。

情勢の変化により、昨年同様に容器入りの笹酒と竹盃を授与されることになりました。

ご祈祷、拝観を申し込むと、馬頭観音立像が特別拝観できます。

「南都七大寺 癌封じ」大安寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

近鉄 奈良駅からJR 奈良駅東口経由 奈良交通バス 「大安寺」下車

  • 135、136系統「白土町行き」
  • 79、87、90系統「シャープ行き」
  • 86系統「イオンモール大和郡山行き」
  • 16、19系統「杏中町行き」

西大寺 秘仏愛染明王特別御開扉・聚宝館特別公開

とき: 1月15日(土)~2月4日(金) 9時~16時30分

愛染明王が安置される愛染堂は、江戸時代に近衛家邸宅の御殿を寄進されて移築されました。

西大寺 新春大茶盛式

とき: 1月15日(土) 
14時~ 鎮守社の八幡神社社頭にて献茶式
終了後、光明殿にて大茶盛

今年も一人一椀で行なわれます。

若干、一般の人の参列枠があります。
1月13日(木)までに、電話またはFAXにてお寺に申し込んでください。

真言律宗総本山 西大寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 近鉄 奈良線 ・ 京都線 ・ 橿原線 大和西大寺駅

霊山寺 大辯才天初福授法会

とき: 1月7日(金)
11時(午前の部)・14時(午後の部) 福授法会・宝銭撒き 辯天堂にて

新年にあたり、運を開き福を授ける法要です。
法要ののち、貫主が福笹を振る宝銭撒きが行なわれます。

大和國 登美山鼻高 霊山寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

近鉄 富雄駅発 奈良交通バス 50系統「若草台行き」 「霊山寺」下車

唐招提寺 大般若転読法要

とき: 1月15日(土) 13時~

600巻の大般若経を転読して、天下泰平・国家安穏・家内安全などを祈願します。

10名まで礼堂内で拝観可能です。

「天平の息吹を伝える律宗の総本山」唐招提寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 近鉄 橿原線 西ノ京駅

薬師寺 国宝東塔 初層特別開扉

とき: 開催中 1月16日(日)まで 8時30分~16時30分(受付終了)

国宝東塔は2009年(平成21年)7月から解体修理に入り、2020年(令和2年)4月に落慶しましたが、社会情勢により落慶法要と一般公開が延期されてきました。

このほど、落慶法要は未定ですが、一般公開が行なわれることになりました。
内部に入ることはできず、基壇上からの拝観です。

特別ご朱印「釈迦如来」の授与があります。300円 書き置きのみ

同期間、他の特別拝観も合わせて行なわれます。

国宝東塔水煙 特別公開

西僧坊にて
1300年前の創建時の東塔の水煙です。
平成の解体大修理にて役目を終え、塔のてっぺんから地上に降りてきました。

食堂 特別公開

田渕俊夫画伯作の、ご本尊阿弥陀三尊浄土図を中心にした14面の壁画に荘厳された食堂(じきどう)内部が公開されます。

玄奘三蔵院伽藍 大唐西域壁画殿特別公開

法相宗の始祖の玄奘三蔵を祀る玄奘三蔵院伽藍と、平山郁夫画伯筆の「大唐西域壁画」を祀る大唐西域壁画殿が公開されます。

西塔初層内陣 釈迦四相像 特別公開

彫刻家の中村晋也氏から奉納された西塔初層の釈迦八相のうち、お釈迦さまが悟りを開かれた後半四相が公開されます。

世界遺産 法相宗大本山 薬師寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 近鉄 橿原線 西ノ京駅

冬の奈良大和路キャンペーン2021
「そのひと時を味わう佐保路」

とき: 実施中 2月28日(月)まで

平城宮跡から東大寺の転害門につながる大路は、かつて「一条南大路」といいました。

現在は一条通りと呼ばれる通り沿いのカフェや雑貨などを楽しみながら、観音さまをお祀りする不退寺・海龍王寺・法華寺の3ヶ寺を巡ります。

期間中、不退寺・海龍王寺・法華寺で観光情報誌『ならり 秋冬号vol.31』を提示すると、限定特別ご朱印が授与されます。
奈良市観光協会発行の『ならり 秋冬号vol.31』は関西圏の駅、奈良市内の観光案内所、奈良まほろば館、全国の旅行会社の窓口などに置かれています。

法華寺と海龍王寺は、奈良の都を開いた聖武天皇の后の光明皇后ゆかりの寺。
不退寺は桓武天皇の平安遷都後に、奈良に戻りたかったのに果たせなかった平城天皇ゆかりの寺です。

拝観の休止・制限をしている神社仏閣

東大寺
大仏殿の柱のくぐり抜け、賓頭盧尊者の接触を停止
二月堂の正面の畳の間での参拝は人数制限があります。
法華堂・四月堂・不動堂・千手堂の拝観時間の変更: 8時30分~16時
戒壇堂は2020年7月1日から保存修理および耐震工事に入っているため、3年間閉堂。
工事中の3年間、戒壇院千手堂が特別公開されます。
興福寺
中金堂の拝観休止。
無料休憩所売店の営業時間の変更: 10時~16時
南円堂売店休業
勧進所での朱印授与は東金堂の朱印とご詠歌のみ。
南円堂納経所でそのほかのご朱印・ご詠歌授与。
春日大社
本社の閉門時間を変更: 17時
元興寺
法輪館2階・3階を拝観休止
法華寺
開閉門時間の変更: 8時30分~17時
16時30分頃に参拝者がいなかった場合、16時30分頃に閉門
特別拝観の期間中の「お庭のみ」の拝観を休止
休止日: 3月1日~14日、3月20日~6月10日、10月25日~11月10日、奈良国立博物館にて「正倉院展」の開催期間
海龍王寺
臨時休観日が設けられました。
不退寺
拝観時間の変更: 10時~16時(受付終了)
霊山寺
薬師湯殿の営業時間を短縮: 10時30分~16時
薬師寺
混雑時は拝観が制限される可能性があります。
大安寺
ご祈祷で入堂する人数を制限しています。
帯解寺
1月と2月の戌の日に本堂および待合室に入るのは、妊婦さん(ご本人)と同伴者1名のみに限られています。
ほかの付き添い者は自家用車内もしくは境内の外で待機してください。
戌の日以外の参拝も、混雑の度合いによって制限がかけられるそうです。
正暦寺
拝観時間の変更: 9時~15時30分(受付終了)
人形供養などのご供養、各種祈願のご祈祷の受付は15時まで。

祭事や法要の変更・中止

例大祭や法要などの内容の変更・中止の情報です。

春日大社 水谷九社めぐり
1月10日(月・祝)まで
休止になりました。
春日大社 歳旦祭
1月1日(土・祝)
神職のみで行なわれます。
霊山寺 初福茶
1月1日(土・祝)~3日(月)
中止になりました。
春日大社 日供始式並興福寺貫首社参式
1月2日(日)
関係者のみで行なわれます。
三松寺 大般若法要
1月2日(日)
中止になりました。
春日大社 神楽始式
1月3日(月)
御廊にて非公開で行なわれます。
春日大社 祈祷始式
1月7日(金)
関係者のみで行なわれます。
春日大社 舞楽始式
1月10日(月)
直会殿にて非公開で行なわれます。
東大寺 節分
2月3日(木)
二月堂舞台からの豆まき、特設ステージからの豆撒き、福豆・福鈴の配布は中止
興福寺 追儺会
2月3日(木)
豆まきと鬼追い式が中止になりました。
東金堂にて薬師侮過の法要が非公開で行なわれます。
福豆の販売方法は未定です。
春日大社 節分万燈籠
2月3日(木)
関係者のみで非公開にて行なわれます。
元興寺 節分会
2月3日(木)
舞台上からの福豆まきを中止
西大寺 節分星祭祈願会
2月3日(木)
豆まき行事・福袋交換は中止になりました。
興福寺 涅槃会
2月15日(木)
今年も聴聞ができなくなりました。
涅槃図の特別公開も行なわれません。