奈良市 2024年4月 特別拝観と行事の情報

奈良・仏閣,奈良・特別拝観,奈良・神社

奈良市内の社寺の、2024年4月の特別拝観と行事の情報を掲載します。

各社寺の公式サイトと「奈良市観光協会サイト」からの情報です。

各社寺の公式サイトなどで拝観状況を確認のうえ、個人の判断で感染予防対策を講じてお参りしてください。

4月の特別公開・特別拝観・行事

興福寺 放生会

とき: 4月17日(水) 13時~

放生会は魚に戒を授け、お釈迦さまから見ると人も魚も生命は大切であることを示す法要です。

一言観音堂での法要ののち、猿沢池にて事前に採取しておいた在来種の魚を改めて放流します。

興福寺 春季北円堂特別開扉

とき: 4月20日(水)~5月6日(月・休) 9時~17時

国宝北円堂がご開扉され、運慶作の弥勒如来坐像(国宝)、木造無著・世親菩薩立像(国宝)などが公開されます。

北円堂は、元明天皇と元正天皇が長屋王に命じて、藤原不比等の菩提を弔うために創建されました。

興福寺 文殊会

とき: 4月25日(木)
 14時30分 稚児行列、上三条町の浄教寺前から興福寺へ出発
 15時頃 興福寺東金堂にて法要

東金堂の文殊菩薩に学業向上などを祈願する法要です。
現在、東金堂は工事により閉堂中のため、一般の拝観はできません。

法相宗大本山 興福寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 近鉄 奈良線 近鉄奈良駅

春日大社 水谷神社 鎮花祭

とき: 4月5日(金) 10時~

夏期に多い疾病の流行を鎮める祭事です。

水谷神社前の舞台にて、御巫により神楽が奉納されます。

春日大社 水谷神社 鎮花祭狂言奉納

とき: 4月5日(金) 13時~

春日大社の神職に受け継がれてきた「春日大社禰宜座狂言」が奉納されます。

世界遺産 春日大社 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 近鉄 奈良線 近鉄奈良駅

漢國神社 林神社 例大祭(饅頭まつり)

とき: 4月19日(金) 11時~

林神社には、我が国最初の饅頭を作り菓祖神とあがめられる林浄因がお祀りされています。

林浄因の偉業を讃え、菓子業界の繁栄を祈願する祭典です。

今年も饅頭のふるまいは中止、きな粉餅のふるまいと奈良の銘菓販売などが行なわれます。
当日限定で「復刻奈良饅頭」の販売もあります。

 10時~15時 復刻奈良饅頭販売、銘菓展示即売、書籍販売。 どれも売り切れ次第終了

 12時30分~12時45分 駐車場にて千本杵餅つき
 13時30分~13時45分 つきあがった餅をきなこ餅にしてふるまい。

漢國神社 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 近鉄 奈良線 近鉄奈良駅

不空院 春の特別公開

とき: 4月26日(金)~5月6日(月・休) 9時~16時30分(受付終了)

弘法大師が興福寺の南円堂を建立する試みとして、八角円堂の建立を提案したのが不空院の始まりといわれます。

本堂にてもとは八角円堂にいらっしゃったご本尊の不空羂索観音菩薩坐像(重文)と、宇賀弁財天堂(鎮守堂)にて女性の救済と庇護に力を尽くされる宇賀弁財天女さまがご開扉されます。

縁切り寺 南都春日山 不空院 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 近鉄 奈良線 近鉄奈良駅

新薬師寺 おたいまつ(修二会)

とき: 4月8日(木)
 17時~ ご本尊の薬師如来のご宝前で、薬師悔過法要と三十二相(仏さまの身体に具わる32の特徴を読み上げる)が行なわれます。

 19時~ 10本の大松明と1本の籠松明が、僧侶の先導として本堂の周囲を回ります。内陣にて雅楽が演奏され、鐘楼の鐘が鳴らされます。
 僧侶が内陣に着席後、日本中の13,700ヵ所の神さまの名前を朗々と早口で讃え(神名帳)、五穀豊穣を祈願します。

新薬師寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

近鉄 奈良線 近鉄奈良駅 ・ JR 奈良駅から 奈良交通バス 1・2系統 市内循環乗車 「高畑町」下車

大安寺 正御影供

とき: 4月21日(日) 13時~ 法要

若き日に大安寺の勤操大徳について勉学修行に励み、晩年に大安寺別当を務めた弘法大師の命日に奉賛をする法要です。

終日、大師の御遺髪が公開されます。
法要後には柴燈大護摩供ならびに火渡りが行なわれます。

「南都七大寺 癌封じ」大安寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

近鉄 奈良駅からJR 奈良駅東口経由 奈良交通バス 「大安寺」下車

  • 135、136系統「白土町行き」
  • 79、87、90系統「シャープ行き」
  • 86系統「イオンモール大和郡山行き」
  • 16、19系統「杏中町行き」

西大寺 聚宝館特別公開

とき: 4月20日(土)~5月10日(金)

国宝の金剛宝塔(壇塔)や、平安時代の吉祥天女立像(重文)と塔本四仏坐像(重文)、鎌倉時代の大神宮御正体(重文)などの寺宝が公開されます。

真言律宗総本山 西大寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 近鉄 奈良線 ・ 京都線 ・ 橿原線 大和西大寺駅

薬師寺 最勝会

とき: 4月21日(日) 12時30分~15時30分頃

古代衣装の僧侶と勅使役の大行列、講師と読師による論義「講問論義」、勅使によるお香の奉納「行香之儀」、少年僧による「番論義」など、復元された古代の法要が行なわれます。
復興にさいし、厳修される僧侶方の法衣も復元されました。

法相宗大本山 薬師寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 近鉄 橿原線 西ノ京駅

法華寺 慈光殿特別公開

とき: 1月1日(月・祝)~6月10日(月) 9時~16時(受付終了)

大正時代、当時皇太子だった昭和天皇が奈良行啓のおりに法華寺に立ち寄られるために製作された、御椅子とテーブルが初公開されます。

ほか、慈光殿に収蔵されている四臂不動明王坐像、阿弥陀如来立像(横笛堂ご本尊)、湛海作 厨子入り不動明王像、法華寺解体修理の古材を使って作られた五重小塔なども拝観できます。

法華寺 春の御本尊御開帳

とき: 3月20日(水・祝)~4月7日(日) 9時~16時(受付終了)

光明皇后うつし身のお姿といわれる、ご本尊の十一面観音菩薩立像(国宝)がご開扉されます。

ひな会式の法要中は、拝観不可になります。

法華寺 ひな会式

とき: 4月1日(月)~7日(日)
法要: 1日~5日の14時から1時間、 6日・7日の10時30分から12時頃の間

本堂にて、国宝十一面観音菩薩立像のご宝前に55体の善財童子像が並べられ、法要が行なわれます。
ひな人形の段飾りの原形ともいわれます。

法華寺 国史跡・名勝庭園公開

とき: 4月1日(月)~6月10日(月) 9時~16時(受付終了)

仙洞御所から移設された庭園が公開されます。
5月のカキツバタの美しさが有名です。

交通

最寄り駅: 近鉄 奈良線 新大宮駅

海龍王寺 春季特別公開 十一面観音特別開帳

とき: 3月23日(土)~4月7日(日) 9時~16時50分

ご本尊の十一面観音菩薩立像(重文)や、光明皇后筆「自在王菩薩経」、弘法大師筆「隅寺心経(般若心経)」などの寺宝が公開されます。

真言律宗 海龍王寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 近鉄 奈良線 新大宮駅

不退寺 春期寺宝特別公開

とき: 3月1日(金)~5月31日(金) 9時~16時30分(受付終了)

ご本尊の在原業平の作と伝わる聖観音菩薩立像(重文)、奈良では珍しい五体(不動明王・降三世明王・軍荼利明王・金剛夜叉明王・大威徳明王)そろった五大明王像(重文)、在原業平朝臣画像、古今和歌集や伊勢物語の写本など寺宝が公開されます。

不退寺(業平寺) のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 近鉄 奈良線 新大宮駅

霊山寺 大辯才天開運護摩法会

とき: 4月17日(水) 13時30分~

現在の奥の院には弘法大師が、霊山寺に来られたさいに感得した大龍神を大辯才天としてお祀りしました。

辯天堂にて、霊山寺を見守られてきた霊験あらたかな弁天さまの、年に一度のお祭りが行なわれます。

大和國 登美山鼻高 霊山寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

近鉄 奈良線 富雄駅発 奈良交通バス 50系統「若草台行き」乗車 「霊山寺」下車

帯解寺 小野小町忌

とき: 4月21日(日) 14時~

小野小町はたびたび帯解寺に参拝し、死後は彼女を偲んで境内に「小町の宮」が建立されました。

「小町の宮」跡に建立された祠の前で法要が行なわれ、坂本流による「七小町の舞」が奉納されます。
また祠が年に一度ご開扉され、一刀彫りの小町像が公開されます。

交通

最寄り駅: JR 万葉まほろば線(桜井線) 帯解駅

正暦寺 薬師会式

とき: 4月18日(木)
 10時~ 法要
 11時~ 心身健康のご祈祷
 13時~ 柴燈大護摩供養
 13時30分~ 火わたり

薬師如来の縁日の法要です。

薬師如来信仰は水の神・龍神への信仰から始まります。
正暦寺境内を流れる菩提仙川の清水が、ご祈祷ののち頒布されます。
(1人2リットルまで)

春季特別公開

とき: 4月18日(木)~5月8日(水) 

瑠璃殿にて、ご本尊で秘仏の薬師如来倚像(重文)ほか寺宝が公開されます。

菩提山真言宗大本山 正暦寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

JR 奈良駅・天理駅 または 近鉄 奈良駅・天理駅からタクシー

拝観の休止・制限をしている神社仏閣

興福寺
五重塔保存修理工事に伴い、しばらくの間、東金堂の拝観休止。