夏越祓2019 京都

京都・行事と祭り

京都市内の神社で、公式サイトに夏越祓を行なうと明記されているところを集めました。

各神社の公式サイトと、「京都観光Navi」「JRおでかけガイド」からの情報です。

夏越祓は水無月の晦日に行なわれますが、神社によってはほかの祭事と一緒に違う日に行なわれることがあります。

上京区

護王神社 夏越大祓
6月30日(日) 15時から
拝殿での神事のあと、境内に設けられた茅の輪を参列者全員でくぐります。
茅の輪は6月20日から30日まで設置されます。
御霊神社 夏越の大祓式・茅の輪くぐり
6月30日(日)
白峯神宮 夏越大祓式(茅の輪くぐり神事)
6月30日(日) 17時から
神事のあと、水無月の授与があります(数量限定)。
水火天満宮 夏越大祓式(茅の輪くぐり)
6月30日(日)
大将軍八神社 夏越の神事・水無月の大祓
6月30日(日) 16時から祭事
北野天満宮 夏越の大祓
6月30日(日) 16時から祭事
祭事ののち、本殿正面に設けられた茅の輪をくぐります。
6月25日(火)に、主祭神の菅原道真公の生誕をお祝いする「御誕辰祭」が斎行されます。
楼門に京都最大級の大茅の輪が設けられます。
御誕辰祭の日と大祓の日には、厄除け・病気除けの小さな茅の輪が授与されます。
人の形代(かたしろ)と、車の形代(かたしろ)があります。
どちらも大祓当日まで受け付けられています。

中京区

下御霊神社 大祓 茅の輪くぐり
6月30日(日) 17時から神事
納められた人形(ひとがた)が焼納されます。
茅の輪は23日(日)からくぐることができます。
5月1日に行なわれた神幸祭と、18日に行なわれた還幸祭の写真展も開催されています。

下京区

市比賣神社 水無月祭(人形流し)
6月30日(日)
今年上半期に積み重なった罪穢を人形(ひとがた)に移し、祓い清めます。
文子天満宮 夏越の大祓
6月30日(日) 20時から
京都大神宮 夏越祓
6月30日(日) 17時から神事
罪穢を移すための形代(かたしろ)は社頭で配布されていますが、郵送をしてもらうこともできます。
若一神社 夏越の大祓
6月30日(日) 16時から神事
穢れを移した人形(ひとがた)を持参してお参りしてください。
平清盛公が好んだよもぎが入っている、「平家水無月」が授与されます。

東山区

新熊野神社 夏越の祓・茅の輪くぐり
6月30日(日) 16時から神事
新日吉神宮 夏越大祓
6月30日(日)
祭事のあと、人形(ひとがた)をお焚き上げします。
地主神社 夏越しの大祓祭
6月30日(日) 15時から
本殿前に設けられた大きな茅の輪をくぐり、人形(ひとがた)を流します。
悪疫退散・厄除け・開運招福の茅の輪守りが授与されます。(500円)
粟田神社 大祓式 茅の輪くぐり
6月30日(日) 16時から
八坂神社 大祓式
6月30日(日) 15時から
境内の大茅の輪をくぐります。
7月31日(火)に祇園祭の締めくくりとして、疫神社の鳥居に茅の輪を設けて「夏越祭」が行なわれます。
安井金比羅宮 夏越大祓
6月30日(日) 18時から
罪穢を移す人形(ひとがた)は、6月15日頃から配布されます。
京都ゑびす神社 夏越の大祓式
6月30日(日) 17時から
若宮八幡宮社 夏越大祓式
6月30日(日)

左京区

平安神宮
6月30日(日) 16時から
応天門中央に大茅の輪が設けられています。
参拝者は、自由に茅の輪くぐりをすることができます。
当日参列できない人は、穢れを移した人形(ひとがた)を代わりにお祓いしてもらえます。
岡崎神社 夏越大祓
6月30日(日)
ミニ茅の輪が授与されます。
満足稲荷神社 夏越の祓
6月30日(日)
熊野神社 夏越の祓
6月30日(日) 18時から
切麻(きりぬさ)という清めの紙や、大麻(おおぬさ)でお清めします。
吉田神社 夏越大祓
6月30日(日) 16時から
罪穢を移した人形(ひとがた)を納めて茅の輪くぐりに参列すると、厄除けの茅の輪が授与されます。
八大神社 夏越祓
8月7日(水) 19時30分から
立秋の前日、旧七夕の七夕御供祭の夜に行なわれます。
人形(ひとがた)をお焚き上げします。
三宅八幡宮 夏越の祓い(茅の輪)
6月30日(日)
出世稲荷神社 大祓祭
6月30日(日)
人形(ひとがた)に罪穢と病気も移して納めて下さい。
由岐神社 夏越大祓(茅の輪くぐり)
6月30日(日) 16時から
貴船神社 夏越の大祓式
6月30日(日) 15時から
本宮社殿前での神事に続き、茅の輪くぐり神事、大川路の儀(神職のみ)が行なわれます。
参列を希望する場合は、10分前までに社務所に申し込んで下さい。
神事の途中からの参加はできません。
下鴨神社 みたらし祭(足つけ神事)
7月20日(金)から29日(日) 9時~21時
土用の丑の日当日の20日(金)のみ5時30分~21時
(7月土用の丑の日前後5日間)
古来より、土用の丑の日に御手洗池に足をつけると、罪穢れを祓って、健康や安産のご利益があるといわれます。
膝まで池に浸かりながら、献灯します。

北区

平野神社 夏越大祓式
6月30日(日) 16時から
神事ののちに茅の輪をくぐり、人形(ひとがた)をお焚き上げします。
人形(ひとがた)の郵送を希望する場合、6月20日までにFAXで申し込んで下さい。
建勲神社 夏越大祓式 茅の輪神事
6月30日(日) 17時30分から
茅の輪くぐりは18時から。
6月下旬から、「茅の輪守り」が授与されます。
魔除け、学業成就のご利益があるそうです。
今宮神社 夏越祓
6月30日(日) 15時から
全員で茅の輪をくぐったのち、「やすらい人形」を焼納して健康を祈願します。
上賀茂神社 夏越大祓式
6月30日(日) 20時から
神職に従って参列者全員で茅の輪をくぐったのち、神職が中臣祓詞を唱えながら、橋殿から「ならの小川」に人形(ひとがた)を流します。
式の間に、藤原家隆の和歌が朗詠されます。
あわせて、「夏越市」が開かれて新鮮夏野菜や厄除豆腐などが販売されます。
6月10日から茅の輪が設置されています。

右京区

春日神社 夏越の大祓
6月30日(日) 19時から
神職を先頭にして、参列者全員で大茅の輪をくぐります。
車折神社 大祓式
6月30日(日)
6月1日から30日までに納められた人形(ひとがた)を、神職がお焚き上げします。
茅の輪くぐりも、6月1日から30日の間に行なうことができます。
梅宮大社 夏越大祓祭
6月30日(日) 18時から
茅の輪はありません。
野宮神社 夏越大祓
6月30日(日) 15時から
6月下旬から黒木の鳥居に茅の輪が設けられます。
愛宕神社 大祓式
6月30日(日)

西京区

松尾大社 大祓式
6月30日(日) 15時から
梅宮大社 大祓式
6月30日(日) 18時から
茅の輪はありません。
大原野神社 夏越大祓式
6月30日(日) 16時から
「茅の輪守り」が6月限定で授与されます。

南区

六孫王神社 夏越の祓祭
6月30日(日)
綾戸國中神社 大祓式
6月30日(日) 16時から

山科区

花山稲荷神社 夏越大祓式
6月30日(日)
人形(ひとがた)祓を申し込むと、茅輪御守が授与されます。
折上稲荷神社 大祓
6月30日(日)
岩屋神社 水無月夏越の大祓式
6月30日(日) 19時から
19時30分 大祓式 人形(ひとがた)のお焚き上げ
20時頃 直会 抹茶とみなづきの接待があります。
20時30分頃 退下 茅の輪守り、大祓修符、夏越うちわなどが授与されます。
茅の輪は6月26日に設置されます。
参拝のさいに各自でくぐって下さい。

伏見区

乃木神社 夏越の大祓
6月30日(日) 15時から
事前申し込み制です。(先着50名まで)
茅の輪くぐりはありません。
城南宮 茅の輪くぐりと夏越の祓
6月30日(日) 15時から 夏越の祓
本殿と拝殿の間に設けられた茅の輪をくぐり、人形(ひとがた)を禊の小川に流して心身を清めます。
6月25日(火)から30日(日)の9時から16時まで、随時茅の輪くぐり・人形(ひとがた)流しを行なうことができます。
荒木神社 夏越祭 茅の輪くぐり神事
7月7日(日) 13時から
罪穢れを移した人形(ひとがた)を事前に神社に納めてください。
神職が人形(ひとがた)を持って、茅の輪をくぐります。
夏越祭案内状と人形(ひとがた)の郵送を希望する場合、サイトの申し込みフォームから申し込んでください。
藤森神社 夏越大祓式(茅の輪神事)
6月30日(日) 15時から
茅の輪守りが授与されます。
伏見稲荷大社 大祓式
6月30日(日) 15時から
御香宮神社 茅の輪神事
7月31日(水) 15時と23時
神職に続いて参列者が茅の輪をくぐります。
茅萱を持ち帰り、輪にして軒先につるすと、疫病にかからないといわれます。

Posted by 管理人めぶき