京都 秋の特別公開2019 (左京区)

京都・特別拝観, 京都・行事と祭り

京都市左京区の2019年秋の、各社寺の特別公開やイベントをまとめました。

おもに各社寺の公式サイトと、「京都観光オフィシャルサイト 京都観光Navi」からの情報です。

京都市内の市バス・京都バス・JRバス・京阪バスは観光地を網羅していて、とても移動するのに便利です。
しかし、近頃はバスの中や道路が大変混雑していて、予定どおりの行動が少し難しくなっています。

この記事では、各社寺の最寄りの鉄道駅もご紹介します。

目次

令和元年 京都浄土宗寺院特別大公開

浄土宗京都教区教化団主催の「京都浄土宗寺院特別大公開」は、令和元(2019)年で6回目になりました。

ふだんは檀家さんでないとお参りできないお寺が、広く一般の人にも門戸を開いています。

左京区では、3ヶ寺が参加しています。

本光院

ご本尊の来迎の阿弥陀如来立像および二十五菩薩像にお参りできます。
本堂と来迎堂に拝観できます。
希望者は写経もできます。

とき: 10月20日(日) 10時~16時

公式サイトはないので 浄土宗寺院紹介Navi:本光院 をご覧ください。
交通

最寄り駅: 地下鉄 烏丸線 国際会館駅

心光寺

阿弥陀如来、地蔵菩薩にお参りできます。

とき: 10月16日(水)、17日(木) 10時~15時

もとは安倍晴明が鴨川の治水のために今の松原橋に建立したお寺でした。
江戸時代初めに現在地に移転しました。

公式サイトはないので 浄土宗寺院紹介Navi:心光寺 をご覧ください。
交通

最寄り駅: 地下鉄 東西線 三条駅 / 京阪 鴨東線 三条駅

檀王法林寺

本堂(市指定文化財)、鎌倉時代のご本尊阿弥陀如来立像、平安時代の十一面観音菩薩立像、平安~鎌倉時代の四天王立像が拝観できます。

とき: 10月16日(水)、17日(木) 10時~15時

室町時代の悟真寺を前身とし、江戸時代に入って袋中良定上人が寺を改め、続く團王上人(だんのうさん)が今のご本尊を安置する阿弥陀堂を建立して寺観を整えました。
日本最古の招き猫伝説があります。

交通

最寄り駅: 地下鉄 東西線 三条駅 / 京阪 鴨東線 三条駅

奉祝天皇陛下御即位 令和元年度 第55回京都非公開文化財特別公開

京都が有する古文化財の愛護啓蒙のために、春と秋の2回、特別公開が行なわれます。

各公開箇所では、ガイドが説明・案内してくれます。

下鴨神社(賀茂御祖神社)

東西本殿(国宝)、三井神社(重文)、大炊殿(重文)、神服殿(重文)などが公開されます。

とき: 11月1日(金)~10日(日) 9時~16時(受付終了)

西本殿には京都の守護神の賀茂建角身命、東本殿には賀茂建角身命のお嬢さまの玉依媛命がお祀りされています。
檜皮葺の三間社流造りで、上賀茂神社の本殿と同じ造りです。

神服殿は夏冬の神々の衣装を調整するところです。

交通

最寄り駅: 京阪 鴨東線 出町柳駅 / 叡電 叡山本線 出町柳駅

法然院

本堂、ご本尊阿弥陀如来坐像、狩野光信筆襖絵(重文)、堂本印象筆新襖絵、庭園などが公開されます。

とき: 11月1日(金)~7日(木) 9時~16時(受付終了)

狩野光信筆襖絵(重文)と堂本印象筆新襖絵のある方丈は、後西天皇の皇女の御殿を移築したものです。

本堂では、ご本尊前の須弥壇上に二十五菩薩を象徴する25の生花が散華されています。

交通

最寄り駅: 地下鉄 東西線 蹴上駅

京都春秋の寺院特別公開

株式会社京都春秋が主催する、通常非公開の寺院の特別公開です。

本山修験宗総本山 聖護院門跡 特別公開

とき: 9月21日(土)~12月8日(日) 10時~16時(受付終了)
ただし10月5日、24日~27日は拝観休止、11月29日は拝観区域が限定されます。

大玄関、宸殿、狩野永納・狩野益信筆 宸殿障壁画、本堂、ご本尊不動明王像(重文)、書院(重文)が公開されます。

代々皇族か摂関家が住持をつとめた門跡寺院で、天明の大火のさいは光格天皇の仮御所となりました。

今回は天皇陛下御即位奉祝特別展示として、「光格天皇親刻阿弥陀仏」、「盛化門院持仏薬師如来」、「原在中筆四季花鳥図屏風」も公開されます。
「光格天皇親刻阿弥陀仏」は、光格天皇が自ら刻まれた仏像です。

交通

最寄り駅: 京阪 鴨東線 神宮丸太町駅

京都 秋の特別公開

京都市観光協会主催の、紅葉の映える庭園を持つお寺や施設を公開する「秋の特別公開」、左京区では今年も金戒光明寺、和中庵、旧三井家下鴨別邸、霊艦寺が公開されます。

金戒光明寺 -紅葉の庭園と市内一望の山門 特別公開-

とき: 11月4日(月・休)~12月8日(日)
9時~16時(受付終了)、17時30分~20時30分(受付終了)

昼間は御影堂・大方丈・庭園・山門の楼上内部が公開されます。
庭園は枯山水庭園と地泉回遊式庭園の二つ。

夜間は境内と庭園の紅葉のライトアップ、御影堂と大方丈が公開されます。
夜間拝観期間中、毎日邦楽の生演奏が行なわれます。

30分早く入場して解説付きの「プレミアム拝観プラン」(大人1200円)、夕食「豆乳もみぢ膳」が付いた「夕食付拝観プラン」(5600円)があります。
予約・お問い合わせは金戒光明寺の特設サイトへ。

交通

最寄り駅: 京阪 鴨東線 神宮丸太町駅

霊鑑寺 -歴代皇女が入寺された尼門跡寺院 「谷の御所」の紅葉-

とき: 11月16日(土)~12月1日(日) 10時~16時(受付終了)

代々皇女や皇孫女が住持した尼門跡寺院で、「谷の御所」「鹿ヶ谷比丘尼御所」と称されます。

書院は後西天皇の院御所の御殿を移築、本堂は徳川11代将軍家斉が寄進したものです。

公式サイトはないので 京都観光Navi:|霊艦寺(谷御所) をご覧ください。
交通

最寄り駅: 地下鉄 東西線 蹴上駅

和中庵 -和洋折衷の建築美 豪商の風雅な邸宅に映える紅葉-

とき: 11月22日(金)~12月1日(日) 10時~16時(受付終了)

近江商人・藤井彦四郎(スキー毛糸の倉敷紡績の創業者)の邸宅として、自らが設計して昭和初期に建てられました。

戦後、ノートルダム教育修道女会に売却されて、修道院として使用されました。

山裾の傾斜をいかして渡り廊下でつないだ奥座敷の客殿と、スパニッシュな洋館が建ち並んでいます。

交通

最寄り駅: 地下鉄 東西線 蹴上駅

旧三井家下鴨別邸(主屋2階・3階望楼) -近代京都の名建築 豪商・旧三井家の別邸-

とき: 11月14日(木)~12月3日(火) 9時~16時30分(受付終了)

旧三井家下鴨別邸(重文)は、通常は玄関棟と主屋1階・庭園が公開されていますが、この秋は主屋2階と3階望楼も特別公開されます。

三井家の祖霊社である顕名霊社が下鴨神社の南側に遷座され、その参拝の休憩所にするため、三井北家第10代の三井八郎右衞門高棟によって建てられました。

3階望楼は、当時高価だったガラスが四方貼りされていて、はるか東山まで見晴すことができます。

旧三井家下鴨別邸|京都観光Navi へはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 神宮丸太町駅 ・ 出町柳駅 / 叡電 叡山本線 出町柳駅

岡崎公園かいわいの各社寺の行事・特別公開

平安神宮 時代祭・時代風俗行列

とき: 10月26日(土) 雨天順延
今年は10月22日に皇居宮殿にて「即位礼正殿の儀」が行なわれるため、22日は本殿での祭儀のみで、神幸祭・還幸祭と時代風俗行列は26日に変更されました。

明治28(1895)年、平安神宮創建と平安遷都1100年祭を奉祝する行事として始まりました。

時代祭行列は、明治維新時代の山国隊を先頭にして、平安京が誕生した延暦時代までの京都の歴史をたどっています。

行列で使用されている調度・装束・祭具は、時代考証を重ねた本物です。

時代祭行列が先導して、平安神宮の主祭神の桓武天皇と孝明天皇の御神霊を遷した鳳輦が巡幸します。

行列は12時15分頃に京都御所を出発、12時50分頃烏丸御池通過、14時30分頃平安神宮の応天門前に到着します。

交通

  • 平安神宮の最寄り駅: 地下鉄 東西線 東山駅
  • 京都御所の最寄り駅: 地下鉄 烏丸線 丸太町駅

永観堂 秋の寺宝展・ライトアップ

とき: 11月6日(水)~12月4日(水)
寺宝展は9時~16時(受付終了)、17時閉門
ライトアップは17時30分~20時30分(受付終了)、21時閉門

昼間は阿弥陀堂や画仙堂・多宝塔などの堂宇と庭園が拝観できます。
夜は、阿弥陀堂・画仙堂・庭園がライトアップされます。

釈迦三尊像(重文)、釈迦十六善神像(重文)、十大弟子像(重文)にお参りできます。

弘法大師の弟子の真紹が「禅林寺」を創建、三論宗の永観がここで念仏修業をしたため、「永観堂」と称されるようになりました。

念仏行に励む永観の前に立ち、「永観、遅し」と振り返られた「みかえり阿弥陀」は、阿弥陀堂に安置されています。

交通

最寄り駅: 地下鉄 東西線 蹴上駅

満足稲荷神社 令和元年 満足稲荷神社記念式典

とき: 11月9日(土)
13時~ 祭事 こん吉つね松みたまうつし、芸能奉納(田○田、河田全休)
15時~ 奉納落語(立川志の彦)
17時~ 直会(太秦・ひょっとこ踊りの会)

11月10日(日)
10時~ 奉納落語(立川志の彦)

立川志の彦落語会のチケットは、満足稲荷神社の公式サイトか直接神社で購入してください。

岩神さんがお祀りされている元御本殿を、全身怪我だらけながら守り続けている、狛キツネのコン吉とツネ松。
ご朱印で寄付を募っていましたが、めでたくコン吉とツネ松が新しく生まれ変わりました。
にぎにぎしくお披露目が行なわれます。

交通

最寄り駅: 地下鉄 東西線 東山駅

哲学の道かいわいの寺院の特別公開

真如堂(真正極楽寺)

本尊阿弥陀如来立像特別開扉

とき: 11月15日(金)

洛陽六阿弥陀の第一番です。

平安時代の慈覚大師円仁の作で、来迎印を作る日本最古の阿弥陀さまです。
完成間際に慈覚大師が白毫を入れようとすると阿弥陀さまが拒否されるので、「女性をお救いください」と頼むと三度うなずかれたことから「うなずきの弥陀」と呼ばれます。

阿弥陀さまの右側の不動明王像は、安倍晴明の命を救ったといわれます。
左側の千手観音立像は、伝教大師最澄の作と伝わります。

観経曼陀羅特別公開

とき: 11月1日(金)~12月8日(日) 9時~16時

明和4(1767)年に本堂の大きさに合わせて作られた、巨大な曼荼羅です。

観経曼陀羅は、「観無量壽経」に書かれている極楽浄土の世界を忠実に表わしたものです。

奈良の當麻寺で中将姫が織り上げられた、「當麻曼荼羅」と同じです。

交通

最寄り駅: 地下鉄 東西線 蹴上駅

銀閣寺秋の特別拝観

とき: 10月1日(火)~12月1日(日)
ただし、行事などにより急遽拝観休止となる日があります。

文化財の保護のため、拝観は10時・11時・12時・13時30分・14時30分・15時30分の6回、当日申し込み順に各回20人ずつ案されます。予約はありません。

本堂・国宝東求堂・弄清亭が公開されます。

交通

最寄り駅: 京阪 鴨東線 出町柳駅 / 叡電 叡山本線 出町柳駅

百万遍かいわいの寺院の行事

百萬遍知恩寺 第43回秋の古本まつりー古本供養と青空古本

とき: 10月31日(木)~11月4日(月・休) 10時~17時
百萬遍知恩寺の境内にて

京都古書研究会主催の青空古本市です。

10月31日9時15分から百萬遍知恩寺の大殿にて古書が供養されたのち、古本市が始まります。

今年は百萬遍知恩寺の境内が改修工事中のため、全集・大型本コーナーはありません。

11月1日(金)は百萬遍知恩寺の古式十夜法要が行なわれます。

交通

最寄り駅: 京阪 鴨東線 出町柳駅 / 叡電 叡山本線 出町柳駅

一乗寺かいわいの寺院の行事

曼殊院門跡 秋の夜間特別拝観

とき: 11月1日(金)~30日(土) 日没~19時30分(受付終了)

紅葉の名勝地の「小さな桂離宮」がライトアップされます。

交通

最寄り駅: 叡電 叡山本線 修学院駅

狸谷山不動院

秋のプレミアム参拝

とき: 10月6日(日) 13時~

謎の多い狸谷山について、狸谷山不動院の貫首が境内を案内しながら質問に答えてくださいます。

本堂での説明と法話のあと、貫首直筆のご朱印を授与していただけます。

申し込みは電話かメールで。5000円

秋の洞窟内陣参拝ー不動明王の眼力と祠の神秘

とき: 11月2日(土)~12月8日(日) 9時~16時

眼光鋭いお不動さまに、約1.5メートルの距離に近づいてお参りできます。

秋まつり・おつながり参拝

とき: 11月3日(日・祝) 11時~

本堂の奥深くに鎮座するお不動さまの右手の剣に布を結びつけて、本堂下柴灯護摩道場まで引き寄せ、その布に触れてお不動さまと結縁します。

ご本尊の眼光鋭いお不動さまは、桓武天皇が王城鎮護のために鬼門に置いた咤怒鬼(たぬき)不動明王の再来と信仰を集めます。

享保3(1718)年に、狸谷山不動院の開基の木食正禅養阿上人によって安置されました。

交通

最寄り駅: 叡電 叡山本線 一乗寺駅

八瀬かいわいの寺院の行事

瑠璃光院 秋の拝観

とき: 10月1日(火)~12月10日(火) 10時~17時

12000坪の敷地に、数寄屋造りの建物、佐野藤右衛門一統の作と伝わる「瑠璃の庭」「臥龍の庭」、日本の蒸し風呂の原型となる「八瀬のかま風呂」などが公開されます。

明治から大正時代の実業家・政治家の田中源太郎が有した広大な土地が、没後整備されました。

現在は岐阜市の浄土真宗無量寿山光明寺の子院になっています。

交通

最寄り駅: 叡電 叡山本線 八瀬比叡山口駅

大原かいわいの寺院の行事

大原へは、JR・近鉄・地下鉄京都駅前、四条河原町、京阪出町柳駅前、地下鉄国際会館駅前、阪急嵐山駅前から京都バスを利用してください。

寂光院 旧本尊特別公開

とき: 11月2日(土)~10日(日) 9時~16時(受付終了)

収蔵庫にて旧ご本尊の地蔵菩薩立像(重文)に拝観できます。

お地蔵さまは本堂で火災にあわれましたが、胎内の小地蔵菩薩や発願文などを無事に守られました。

現在は収蔵庫で永久保存されています。

来迎院 宝物展

とき: 11月1日(金)~30日(土) 9時~17時

声明中興の祖である聖応大師良忍上人が、天台声明の根本道場として創建されました。

毎年春と秋の2回、良忍上人にまつわる品などが公開されます。

公式サイトはないので 来迎院(Raigou-in Temple) | 京都 大原観光保勝会 をご覧ください。

宝泉院 「秋の夜灯り 京都2019」

とき: 11月2日(土)~12月1日(日) 17時50分~20時40分

「額縁の庭園」で有名なお寺。

柱と柱の間を額縁に見立てて、紅葉も美しい庭園「盤桓園」を鑑賞します。

11月9日(土)・17日(日)には「秋の夜灯り 特別演奏会」が行なわれます。

三千院 観音大祭百味供養会

とき: 10月18日(金) 11時~

百種百味の供物を観音さまにお供えして、秋の実りを感謝してこれから1年の無事を祈願します。

不動堂前広場にて、つきたてのお餅入りぜんざいの無料ふるまいがあります。 9時~16時

勝手祭

とき: 10月19日(土) 13時~
勝林院にて

呂川沿いで三千院に隣接する勝手神社の祭礼が、約150年ぶりに復活されました。

声明の守護神を祀る勝手神社の毎年4月に行なわれる例大祭で、かつては盛大でしたが廃仏毀釈などに遭って神社が縮小してしまいました。
2018年に、倉庫から梶井門跡(三千院の前身)が寄進したとみられるお神輿を発見、修復して、復興にこぎ着けられました。

講演会、雅楽や声明の芸能奉納、直会などが行なわれます。
参加費2000円。

くわしくは、 もっと大原里山紀行のFacebook をご覧ください。

貴船・鞍馬かいわいの社寺の行事

鞍馬駅前の大天狗がリニューアルされ、10月18日(金)にお披露目されます。
平安遷都1200年を記念して作られた現在の大天狗は、12月20日(金)まで設置されている予定です。

由岐神社 鞍馬の火祭

昨年は台風21号の被害により、30年ぶりに神幸祭(鞍馬の火祭)が中止になりました。
令和に改元された今年は無事に斎行されます。

とき: 10月22日(火・祝)
9時 お神輿のお渡り(例祭)
18時 「神事にまいらっしゃれ」の合図で篝に点火、若者が大小の松明を担いで町内を練り歩き、お神輿が巡行します。(鞍馬の火祭)
21時30分 神輿渡御
0時頃 終了予定

翌23日 還幸祭
由岐神社の例祭で、京都3大奇祭のひとつです。
お神輿の綱を引いた女性は安産になると伝わります。

当日は15時から、貴船口からくらま温泉間で車両禁止になり、叡山電車はかなり混雑します。

交通

最寄り駅: 叡電 鞍馬線 鞍馬駅

白龍園 2019秋 特別公開

とき: 10月12日(土)~12月1日(日) 10時~13時30分(受付終了)
荒天の日は休園です。

安養寺山のふもとにある白龍園は、春夏秋冬、それぞれの美しい景色を持っています。

秋は紅葉の錦絵、冬は幽玄な雪景色になります。

入園は直接白龍園にて特別観覧券を購入してください。当日券のみです。
出町柳駅では販売されません。

1日50名限定の事前予約観覧もあります。
申し込みは往復はがきにて。

庭園デザイナーの烏賀陽百合さんが案内してくれる「秋の白龍園 プレミアムツアー」(1日20名限定、14時~16時)、「2019秋のプレミアムツアー」(お抹茶・お菓子付き)もあります。

こちらも往復はがきで申し込んでください。

交通

最寄り駅: 叡電 鞍馬線 二ノ瀬駅

貴船もみじ灯篭

とき: 11月2日(土)~24日(日) 日没から20時30分頃まで
※叡山電鉄のもみじのトンネル(市原駅~二ノ瀬駅間)ライトアップは21時頃まで

貴船神社境内と奥宮、周辺の旅館街が行灯でライトアップされます。

くわしくは、 貴船 もみじ灯篭オフィシャルページ をご覧ください。
交通

最寄り駅: 叡電 鞍馬線 貴船口駅

Posted by 管理人めぶき