京都 秋の特別公開2019 (東山区)

京都・特別拝観, 京都・行事と祭り

京都市東山区の2019年秋の、各社寺の特別公開やイベントをまとめました。

おもに各社寺の公式サイトと、「京都観光オフィシャルサイト 京都観光Navi」からの情報です。

京都市内の市バス・京都バス・JRバス・京阪バスは観光地を網羅していて、とても移動するのに便利です。
しかし、近頃はバスの中や道路が大変混雑していて、予定どおりの行動が少し難しくなっています。

この記事では、各社寺の最寄りの鉄道駅もご紹介します。

目次

令和元年 京都浄土宗寺院特別大公開

浄土宗京都教区教化団主催の「京都浄土宗寺院特別大公開」は、令和元(2019)年で6回目になりました。

ふだんは檀家さんでないとお参りできないお寺が、広く一般の人にも門戸を開いています。

東山区では、8ヶ寺が参加しています。

マークのあるお寺では、「浄土宗京都教区京極組内参加寺院オリジナル企画」として、参詣記念がもらえます。数量限定です。

得浄明院

戒壇廻りと、大名出世双六(レプリカ)の体験ができます。

とき: 10月6日(日) 9時30分~15時

明治27年(1894)、信州善光寺大本願第117世であった久我誓円尼が京都の人々も善光寺如来と結縁できるようにと発願、善光寺京都別院として開山されました。

公式サイトはないので 全国善光寺会:得浄明院 をご覧ください。
交通

最寄り駅: 地下鉄 東西線 東山駅

浩徳院

本堂とご本尊にお参りできます。
13時よりおつとめ、住職の法話があります。
立体紙芝居「パネルシアター」公演 13時45分~、14時30分~の2回。
参詣記念品進呈

とき: 10月7日(月) 13時~15時

公式サイトはないので 浄土宗寺院紹介Navi:浩徳院 をご覧ください。
交通

最寄り駅: 地下鉄 東西線 東山駅

松宿院・松風天満宮

『京都狛犬巡り』(小寺慶昭著)にて「京都で一番恐ろしい面構え」と紹介されている、境内の黄色い狛犬はが公開されます。

参拝自由
参詣記念品進呈

とき: 10月25日(金) 9時~16時

公式サイトはないので 浄土宗寺院紹介Navi:松宿院 をご覧ください。
交通

最寄り駅: 地下鉄 東西線 東山駅

喜運寺

本堂、弁天堂にお参りできます。
墨書「般若心経」(一部)の展示、「半金色の御名号」の初公開があります。
住職とお話しもできます。
参詣記念品進呈

とき: 10月21日(月) 10時~15時

公式サイトはないので 浄土宗寺院紹介Navi:喜運寺 をご覧ください。
交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 七条駅

隆彦院

ゆっくりと女性仏画師の作品展をご覧ください。
参詣記念品進呈

とき: 10月21日(月) 10時~16時

公式サイトはないので 浄土宗寺院紹介Navi:隆彦院 をご覧ください。
交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 清水五条駅

安祥院(日限地蔵)

洛陽六阿弥陀のひとつの、ご本尊の阿弥陀さまにお参りできます。
参詣記念品進呈

とき: 10月8日(火) 8時~17時

木食正禅養阿上人が再興しました。
お地蔵さまは日を限って祈願すると成就するとして、「日限さん」と信仰されています。

交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 清水五条駅

青龍寺

ご本尊の伽羅観音こと聖観音さまにお参りできます。
参詣記念品進呈

とき: 10月21日(月) 10時~15時

洛陽三十三所観音霊場の第九番札所です。

交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 祇園四条駅

金剛寺

行基菩薩作と伝わるご本尊の丈六の阿弥陀さまに、木魚念仏でお参りできます。

とき: 10月14日(月・祝)、27日(日) 10時~15時

洛陽四十八願所巡りの第二十七番の札所です。

交通

最寄り駅: 地下鉄 東西線 東山駅

奉祝天皇陛下御即位 令和元年度 第55回京都非公開文化財特別公開

京都が有する古文化財の愛護啓蒙のために、春と秋の2回、特別公開が行なわれます。

各公開箇所では、ガイドが説明・案内してくれます。

東福寺 三門

三門(国宝)、二層内陣、釈迦如来坐像、十六羅漢像

とき: 11月1日(金)~17日(日) 9時~16時(受付終了)

東福寺三門は禅宗様(唐様)・和様・大仏様(天竺様)の三層からなる、日本最古で最大の禅宗の門です。
楼上の内部は広い空間になっていて、須弥壇に宝冠釈迦如来と十六羅漢が配置されています。
極彩色の天井や壁は明兆の筆によります。

交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 鳥羽街道駅

東福寺塔頭 正覚庵

本堂(旧白洲屋敷)、茶室(旧白洲屋敷玄関)、山本 隆氏筆書院襖絵、庭園が公開されます。

とき: 11月1日(金)~10日(日) 9時~16時(受付終了)

初公開です。

正覚庵は、伊達氏4代当主の伊達政依の発願により、東福寺五世の山叟慧雲が開山しました。
境内に筆塚があり、毎年11月23日に筆供養が行なわれることから、「筆の寺」と呼ばれます。

白洲屋敷とは、吉田茂首相の懐刀としてサンフランシスコ講和条約などで活躍した白洲次郎の父で実業家の白洲文平が、現在の兵庫県伊丹市春日丘に建てた邸宅のことです。
宮大工が建築し、広大な敷地に美術館や牡丹園を有する瀟洒な邸宅でしたが、昭和の大恐慌で没落後、人出に渡ります。
門と玄関はとくに材質や造りが見事で、門は伊丹市内に移築され、玄関は京都のどこかの寺院に移築されたといわれてきました。

平成30(2018)年、東福寺塔頭の正覚庵が所有していると公表されました。

交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 鳥羽街道駅

妙法院門跡

ご本尊の普賢菩薩騎象像(重文)、庫裏(国宝)、大書院(重文)、宸殿が公開されます。
また龍華蔵にて「皇室と妙法院 ー御物の世界ー 展」が行なわれます。

とき: 11月1日(金)~10日(日) 9時~16時(受付終了)

幕末まで代々法親王が住持した、門跡寺院です。

庫裏は豊臣秀吉が建立したと伝わり、大書院は後水尾天皇の中宮東福門院の御所の宮殿を賜わったと伝わります。

公式サイトはないので 京都観光Navi:妙法院 をご覧ください。
交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 七条駅

建仁寺塔頭 霊源院

中巖円月坐像(重文)、毘沙門天立像(府登録)、茶室「妙喜庵」、一休宗純墨蹟、海北友松筆「龍虎図」が公開されます。

とき: 11月1日(金)~10日(日) 9時~16時(受付終了)

建仁寺塔頭の霊源院は、京都五山と鎌倉五山の学僧たちにより五山文学の最高峰と称された寺院です。

中巖円月は鎌倉時代から南北朝時代の学僧で、詩や文学だけでなく数学にもくわしかったそうです。
毘沙門天立像は、1990年代の中巖円月坐像の修理のさいに発見されたもので、慶派仏師の作と考えられています。

交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 祇園四条駅

知恩院 三門

三門(国宝)、二層内部、釈迦牟尼坐像(重文)、十六羅漢像(重文)、狩野派筆天井画などが公開されます。

とき: 11月1日(金)~10日(日) 9時~16時(受付終了)

三門は日本最大級の木造の門です。ふだん非公開の内部は仏堂になっていて、中央に釈迦牟尼仏、両脇に十六羅漢が配置されています。天井や壁は狩野派の筆により極彩色の龍や天女が舞っています。

交通

最寄り駅: 地下鉄 東西線 東山駅

今熊野・月輪かいわいの各寺院の特別拝観・紅葉ライトアップ

泉涌寺 今上陛下御即位記念 佛牙舎利特別参拝

とき: 10月1日(火)~8日(火)

今上陛下御即位を記念して、昨年に引き続き今年も特別公開されます。

安貞2(1228)年、泉涌寺開山の俊芿律師の弟子、湛海律師が宋から佛牙舎利を請来しました。

ふだんは舎利殿は非公開で、10月8日の請来の記念法要のときと辰年のみ公開されます。

交通

最寄り駅: JR 奈良線 東福寺駅 / 京阪 京阪本線 東福寺駅

泉涌寺塔頭 即成院 二十五菩薩お練り供養

とき: 10月20日(日) 13時~

極楽に見立てた本堂から、現世に見立てた地蔵堂までの間に架かった木橋の上を、金色の菩薩面をかぶって金襴の衣裳をまとった二十五菩薩が練り歩きます。

阿弥陀如来の来迎により、極楽へ導かれるさまをあらわす行事です。

即成院の来迎の阿弥陀如来と二十五菩薩(すべて重文)は、定朝とその弟子の作とみられていて、極楽浄土の世界を立体的に表わされています。

お練り供養限定のご朱印(散華付き)も授与されます。(1000円)

交通

最寄り駅: JR 奈良線 東福寺駅 / 京阪 京阪本線 東福寺駅

泉涌寺塔頭 戒光寺 泉山融通弁財天大祭

とき: 11月3日(日・祝) 13時~

技芸、学問、ほかあらゆるお願いを融通してくれるという融通弁財天さまのお祭りです。

百味練供養(稚児行列)、願い事を書いた護摩木(200円)のお焚き上げが行なわれます。

終日、秘仏泉山融通弁財天像に特別拝観できます。

交通

最寄り駅: JR 奈良線 東福寺駅 / 京阪 京阪本線 東福寺駅

東福寺 看楓拝観

とき: 11月1日(金)~12月8日(日) 8時30分~16時(受付終了)

ふだんは拝観できない龍吟庵(国宝)の方丈や重森未玲作庭の庭園が、カエデと一緒に拝観できます。

通天橋、普門院庭園、方丈庭園も特別拝観できます。

京都の最後の紅葉といわれて人気があるので、たいへん混雑します。
拝観ルートなどが規制される場合があります。

交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 鳥羽街道駅

東福寺塔頭 願成寺 親王祭(浄火苦集滅御祭)

とき: 11月3日(日・祝) 11時~

願成寺の開基の阿保親王を供養し、所願成就を祈願するお祭りです。

修験道の山伏が東福寺内を練り歩いたのち、大護摩焚きが行なわれます。この残り火の上を素足で歩く「火渡りの行」に参加して、無病息災を祈ることができます。

この日は境内に屋台が出て、本堂が公開されます。

阿保親王は平城天皇の皇子で、在原業平の父です。親王が「国の平安と民の幸福」を祈願して「願成就院」を建立したのが願成寺のはじまりです。

交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 鳥羽街道駅

東福寺塔頭 正覚庵 筆供養

とき: 11月23日(土・祝) 
13時~ 筆塚神輿巡行
14時~ 筆供養

筆の奉納受付は10時から。

神輿が練り歩いたあと、筆塚の前で大護摩が焚かれ、奉納された筆・ペン・鉛筆などが供養されます。

通常非公開のお寺で、一般拝観できるのは1年でこの日だけです。
(2019年は11月1日~10日まで、京都古文化保存協会により特別公開されます。)

交通

最寄り駅: JR 奈良線 東福寺駅 / 京阪 京阪本線 東福寺駅 ・ 鳥羽街道駅

東福寺塔頭 毘沙門堂勝林寺 秋の拝観

とき: 11月16日(土)~12月1日(日) 10時~19時(昼夜入れ替えなし)

伝定朝作の毘沙門天立像、清水隆慶作の吉祥天像と善膩師童子像が特別公開されます。

田村月樵(宗立)作の毘沙門天曼荼羅もあわせて公開されます。

境内の「吉祥紅葉」には良縁・美縁のご利益があります。

紅葉のライトアップもされます。

交通

最寄り駅: JR 奈良線 東福寺駅 / 京阪 京阪本線 東福寺駅

東山七条かいわいの寺院の特別拝観

法住寺 第34回今様合(いまようあわせ)の会

とき: 10月13日(日) 15時~ 阿弥陀堂にて
(1000円)

「今様」とは平安時代当時の「今風」という意味です。

承安4(1174)年9月1日から毎夜15日間、後白河法皇の法住寺南殿で貴族たちを集めて行なわれた「今様歌合わせ」が再現されます。

これに合わせて、10月12日(土)~14日(月・祝)の3日間、後白河法皇・御陵御前立御木像が特別開扉されます。

また、今様記念ご朱印も授与されます。(2000円 拝観料込み)

法住寺 身代不動尊大祭 採燈大護摩供

とき: 11月15日(金) 法要10時~

家内安全・身体健全・商売繁盛・心願成就・所願成就などを、ご本尊の身代不動明王に護摩木(1本200円)を奉納して祈願します。

修験宗の山伏による「山伏問答」、赤鬼・青鬼・黒鬼が境内を暴れ回る「鬼法楽」などが行なわれます。

大祭に先だって特別護摩木10本束(3000円 当日のうどん・ぜんざい券付き)を奉納すると、山伏姿で法螺貝を吹く天台宗のキャラクターの「しょうぐうさん」が描かれたご朱印が授与されます。
奉納は10月15日(火)~11月12日(火)

大祭の記念ご朱印(500円 護摩木1本付き)には山伏の持つ錫杖が描かれています。

交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 七条駅

東山五条かいわいの各社寺の特別拝観・夜間特別拝観

地主神社 もみじ祭り

とき: 11月23日(土・祝) 14時~

蓬莱山の紅葉を手にした巫女が神楽「もみじの舞」「剣の舞」「扇の舞」を奉納して、秋の豊作と、縁結びのご利益に感謝します。

合わせてお火焚きが行なわれ、健康と病気平癒が祈願されます。

交通

最寄り駅: 最寄り駅: 京阪 京阪本線 清水五条駅

清水寺 夜間特別拝観

とき: 11月16日(土)~12月1日(日) 17時30分~21時(受付終了)

観音さまの慈悲を表わす瑠璃色の1本のライトを照射し、境内がライトアップされます。

清水寺 成就院庭園特別公開

とき: 11月18日(月)~12月1日(日) 9時~16時(受付終了)、18時~20時30分(受付終了)

「月の庭」とも呼ばれる、高台寺山を借景とした庭園です。

相阿弥の作庭、小堀遠州または松永貞徳が補修・補作したと伝わります。
建物は後水尾天皇の中宮の、東福門院和子の寄進により再建されました。

交通

最寄り駅: 最寄り駅: 京阪 京阪本線 清水五条駅

六道珍皇寺 令和元年 秋季寺宝展

通常、非公開になっている寺宝が公開されます。
拝観時間は前後期とも9時~16時です。

期間を通して、小野 篁公の「冥途通いの井戸」「黄泉がえりの井戸」、「閻魔大王像」(平安時代)、「小野 篁像」(江戸時代)、「珍皇寺参詣曼荼羅」(桃山時代)、「熊野観心十界曼荼羅」(江戸時代初期)が公開されます。

ご朱印は、秋季特別展限定の「普賢菩薩」の紺紙金泥御朱印と、月替わりの金泥御朱印があります。

前期特別公開

とき:

  • 9月14日(土)~16日(月・祝)
  • 9月21日(土)~23日(月・祝)
  • 10月12日(土)~14日(月・祝)

前期のみ、「冥界の裁き・救済の仏たち」と題して、鎌倉時代の「釈迦十六善神図」、室町時代院派の作の「地蔵菩薩坐像」が公開されます。

後期特別公開

とき:

  • 11月2日(土)~4日(月・休)
  • 11月23日(土・祝)~24日(日)

後期では、「屏風で見る南画の世界・伝来の刀剣」と題して、藤村曽山筆「山水図屏風」と赤松家ゆかりの名刀が公開されます。

藤村曽山は長野県南木曽町の出身で、明治・大正期に建仁寺で活躍した南画の巨匠です。
今春に引き続いての公開です。

交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 祇園四条駅 ・ 清水五条駅

六波羅蜜寺 西国三十三所草創1300年 特別拝観

とき: 10月1日(火)~31日(木)

六波羅蜜寺は西国三十三所第十七番札所です。

「開祖空也上人肖像」が特別公開されます。

交通

最寄り駅: 最寄り駅: 京阪 京阪本線 清水五条駅

円山公園かいわいの各社寺の特別拝観・夜間特別拝観

長楽寺 秋季特別展「遊行上人とその秘宝展」

とき: 10月20日(日)~11月30日(土) 9時~17時

明治に入って、時宗の念仏化導を行なう「遊行上人」の道場が長楽寺に併合されました。

その資料が展示されます。

期間中の11月23日(土・祝)に「紅葉祭りと久寿扇祈願会」が行なわれます。

第1回は14時~ 第2回は15時~

京舞の奉納に続いて、病魔退散と無病息災が祈願されます。4000円。

交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 祇園四条駅

京都霊山護国神社 龍馬祭

とき: 11月15日(金) 15時30分~ 墓前祭

慶応3(1867)年11月15日、京都河原町の近江屋で襲撃されて絶命した坂本龍馬と中岡慎太郎の遺徳をしのびます。

祭りでは、龍馬と慎太郎が最後に食べたかった軍鶏肉の鍋が振る舞われます。

交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 祇園四条駅

知恩院 20周年! お坊さんに会いに行こう! 秋のライトアップ2019

とき: 11月1日(金)~12月1日(日) 17時30分~21時(受付終了)

三門下周辺、友禅苑、女坂、御影堂(国宝)、宝佛殿、方丈庭園がライトアップされます。
方丈庭園は9年ぶり、御影堂は8年間の大修理を終えてのライトアップです。

友禅苑の華麓庵では11月23日(土・祝)~12月1日(日)の間、お茶席が設けられます(600円)

「聞いてみよう! お坊さんのはなし」

とき: 11月5日(火)~29日(金) 宝佛殿にて
(16日(土)、17日(日)は休み)

週替わりのテーマで法話や木魚念仏体験があります。
17時45分~ 18時25分~ 19時05分~ 19時45分~ 20時25分~ 計5回

南無&ピースな浄土系フェス おてつぎフェス2019

Vol.1 11月1日(金)~4日(月・休)
Vol.2 11月16日(土)、17日(日)
Vol.3 11月30日(土)、12月1日(日)

8日間にわたる超豪華開催、お坊さんの人数も過去最大です。

坊主・オン・ステージ: 和太鼓奉納演奏、お坊さんバンド「ぽくぽくスマイル」の再結成、ブレイクダンスショー
変わりダネ法話: 三味線×法話、紙芝居×法話、二胡×法話、ギター×法話

今年も「ナムい! フォトコンテスト」が行なわれます。
入賞するとお坊さんから素敵なプレゼント贈呈。
くわしくは公式サイトをご覧ください。

知恩院 濡髪大明神大祭

とき: 11月25日(月) 14時~

濡髪祠の前で、1年間に納められた護摩木をお焚き上げします。

濡髪大明神は、知恩院を火災から守ってくれているといわれます。
縁結びのご利益もあります。

大祭の日まで、「濡髪大明神」の特別ご朱印が授与されます。

交通

最寄り駅: 地下鉄 東西線 東山駅

高台寺

アンドロイド観音マインダー般若心経を語る

とき: 9月28日(土)、29日(日)、10月5日(土)、6日(日)、12日(土)~14日(月・祝)、19日(土)、20日(日)、26日(土)、27日(日)

法話は13時30分・16時の2回(30分間)
FAXにて事前に予約が必要です。

午前中は参拝自由で、動画・写真撮影も可能です。

夏に引き続き、観音さまが姿を変えられた「アンドロイド観音 マインダー」が「摩訶般若波羅蜜多心経(般若心経)」を、今の時代の人々にわかりやすいように説法してくださいます。

秋の特別展・秋の夜間特別拝観

とき: 10月25日(金)~12月15日(日) 9時~21時30分(受付終了)
点灯は17時30分です。

高台寺・フィレンツェ友好25周年を記念して、絵画特別展「マリオ・デル=モナコの世界、ルカ・ガリレオの世界」が行なわれます。

交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 祇園四条駅

高台寺塔頭 圓徳院 特別展「禅寺体験ことはじめ」

とき: 10月25日(金)~12月15日(日) 10時~21時30分(受付終了)
なお、12月13日(金)、14日(土)は拝観休止です。

日没後ライトアップされます。

今年の秋も、坐禅、抹茶、白砂線引鑑賞、写仏、写経、五体投土、観衣の、禅寺ならではの体験ができます。

予約の必要はありませんが、混雑時には待ち時間が発生します。

交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 祇園四条駅

青蓮院門跡 夜の特別拝観ライトアップ

とき: 10月25日(金)~12月1日(日) 18時~21時30分(受付終了)

ご本尊の熾盛光如来曼荼羅を表わす瑠璃色の光で、地泉回遊式庭園や諸堂宇を照らします。

境内は大小約1000個の照明器具でライトアップされます。

交通

最寄り駅: 地下鉄 東西線 東山駅

将軍塚青龍殿 ライトアップ

とき: 10月25日(金)~12月1日(日) 17時~21時(受付終了)

将軍塚は京の街を一望できる東山の山頂です。
桓武天皇もここから見渡して、平安遷都を決めたと伝わります。

青龍殿は青蓮院門跡が、北野天満宮前にあった「平安道場」を移築、再建させたものです。

交通

京阪本線 清水五条・三条駅/地下鉄東西線 三条京阪駅・蹴上駅から 京阪バス 70系統 将軍塚青龍殿循環バス

祇園かいわいの各社寺の特別拝観・夜間特別拝観

建仁寺塔頭 禅居庵 ご開帳大祭

とき: 10月20日(日)
11時~ 法要
13時~ ご開帳大般若祈祷法要
14時~ 採燈大護摩供

禅居庵の開基で、鎌倉時代の禅を再興された大艦清拙禅師の法要です。
あわせて、禅師が請来した秘仏の摩利支天が、この日のみ開帳されます。

交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 祇園四条駅

建仁寺塔頭 正伝永源院 秋の庭園特別公開 寺宝展

とき: 11月1日(金)~10日(日)、16日(土)~12月1日(日) 10時~16時30分(受付終了)

織田信長の弟、織田有楽斎好みの茶室「如庵」(国宝)が復元されています。

お茶席、写経席があります。
限定ご朱印もあります。

交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 祇園四条駅

京都ゑびす神社 二十日ゑびす大祭(ゑびす講)

とき: 10月19日(土)、20日(日) 9時~19時

ゑびすさまが海から来られた旧暦九月二十日(新暦では月遅れの10月20日)に行なわれる、重要なお祭りです。

正月の「十日ゑびす」(初ゑびす)はゑびすさまが海に帰られるお祭りで、対をなします。

2日間、商売繁昌と福徳のお笹、お守、お札などが授与されます。

交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 祇園四条駅 ・ 清水五条駅

Posted by 管理人めぶき