京都市北区 2022年11月・12月 特別拝観・行事の情報

京都・仏閣,京都・神社,京都・行事と祭り

京都市北区の社寺の2022年11月20日から12月の行事と特別拝観の情報を掲載します。

各社寺の公式サイトと「【京都市公式】京都観光Navi」からの情報です。

11月の行事のうちお火焚きは「火焚祭を行なう社寺 京都」、新嘗祭は「新嘗祭に参列できる神社 京都・奈良」、12月の行事のうち大根焚きは「京都 大根焚き情報」、除夜の鐘は「除夜の鐘情報」、年越の大祓は「京都と奈良で、年越の大祓を受けられる神社」のほうでくわしく書いていますので、よろしければご覧ください。

11月から続く特別公開・行事

各社寺の公式サイトなどで拝観状況を確認のうえ、感染予防対策を講じてお参りしてください。

社寺にお参りするさいは以下の点にご留意ください。

  • マスクを着用すること
  • アルコール消毒液などで手指を消毒する
  • ほかの参拝者や社寺の関係者・職員などと間隔を保つ
  • 熱発しているなどの体調不良時はお参りしない

眞如寺 秋季特別拝観「かしきりもみじ」

とき: 公開中 11月30日(水)まで

「かしきりもみじ」期間中のみ、客殿と書院と庭園を拝観することができます。

完全予約制です。
1日5組で、1組で1時間、眞如寺のもみじをかしきります。
拝観料は1組8000円、1組は最大10名までです。
(10名で1人800円の割り勘もよし、1人8000円で眞如寺と紅葉を独り占めもよし)

眞如寺公式サイト内の予約フォームから予約してください。

臨済宗相国寺派 萬年山 眞如寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 嵐電 北野線 等持院駅

大徳寺 聚光院 国宝里帰り特別公開

とき: 公開中 2023年3月26日(日)まで 10時~16時(受付終了)
※拝観休止日: (法務の都合により増える可能性があります。)
11月27~29日
12月9日、10日、22日、23日、29~31日
1月1~4日、27日、28日
2月2日、27日、28日
3月9日

千 利休の菩提寺である聚光院に、国立京都博物館に寄託されている狩野永徳とその父の松栄による本堂障壁画46面(すべて国宝)が、5年半ぶりに里帰りして公開されます。

また書院では千住 博画伯筆の障壁「滝」、茶室「閑隠席」・「枡床席」(どちらも重文)、名勝「百積の庭」も公開されます。

予約優先制です。
希望日の2ヶ月前から5日前までに、京都春秋の「拝観予約カレンダー」から予約してください。

ツアー形式で、毎時0分、20分、40分にグループで拝観を案内されます。(所要時間40分)
予約が満席の回も、5名までの当日枠が設けられます。
空き情報などが京都春秋の公式Twitterで発信されるので、ご確認ください。

問い合わせも京都春秋へ、メールか電話で。

公式サイトはないので 「大徳寺聚光院  国宝里帰り 特別公開|【京都市公式】京都観光Navi」 をご覧ください。
交通

最寄り駅: 地下鉄 烏丸線 北大路駅

大徳寺 興臨院 秋の特別公開

情勢の変化により、内容が変更される可能性があります。
とき: 公開中 12月15日(木)まで 10時~16時30分(受付終了)

大永年間(1521-1528)に畠山義総が創建、のちに前田利家が修理をしてからは前田家の菩提寺になりました。
室町時代の禅宗寺院建築様式を残す本堂(重文)や表門(重文)、中根金作が復元した方丈庭園、茶室「涵虚亭」などが公開されます。

公式サイトはないので 「秋の特別公開【大徳寺塔頭 興臨院】|【京都市公式】京都観光Navi」 をご覧ください。

問い合わせは京都春秋へ。

交通

最寄り駅: 地下鉄 烏丸線 北大路駅

大徳寺塔頭 黄梅院 秋の特別公開

情勢の変化により、内容が変更される可能性があります。
とき: 公開中 12月11日(日)まで 10時~16時(受付終了)

織田信長、豊臣秀吉、小早川隆景ら戦国武将に帰依され、毛利家の菩提寺として今に至ります。

千 利休作庭の直中庭、武野紹鴎好みの茶室昨夢軒があります。

雲谷等顔の障壁画(複製)も公開されます。

公式サイトはないので 「秋の特別公開【大徳寺塔頭 黄梅院】|【京都市公式】京都観光Navi」 をご覧ください。

問い合わせは京都春秋へ。

交通

最寄り駅: 地下鉄 烏丸線 北大路駅

大徳寺塔頭 総見院 秋の特別公開

情勢の変化により、内容が変更される可能性があります。
とき: 公開中 11月30日(水)まで 10時~16時(受付終了)
※ 11月21日(月)・22日(火)は拝観休止
11月6日(日)は11時30分から拝観可能

豊臣秀吉が織田信長の追善供養をするために創建しました。
秀吉は「大徳寺大茶会」のおり、総見院の方丈に茶席を設けたとの記録があります。

織田信長公木像(重文)などが公開されます。

公式サイトはないので 「秋の特別公開【大徳寺塔頭 総見院】|【京都市公式】京都観光Navi」 をご覧ください。

問い合わせは京都春秋へ。

交通

最寄り駅: 地下鉄 烏丸線 北大路駅

12月の特別公開・行事

椿寺 地蔵院 天野屋利兵衛像公開

とき: 12月14日(水)

赤穂義士討ち入りの日のみ、観音堂にて天野屋利兵衛の木像、位牌、愛用していた算盤などが公開されます。

天野屋利兵衛は椿寺に隠棲して生涯を終え、その墓が椿寺にあります。

椿寺 地蔵院の公式Facebook へはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 嵐電 北野線 北野白梅町駅

上賀茂神社 宝船御飾清祓式

とき: 12月13日(火) 10時~

正月事始めの日に宝船を祓い清め、中門上に取り付けます。
この日から節分までの間にくぐって参拝すると、良い年になるといわれます。

交通

最寄り駅: 地下鉄 烏丸線 北山駅

令和4年度 第58回京都非公開文化財特別公開

京都古文化保存協会が主催する秋の「京都非公開文化財特別公開」、今年も期間を分散して開催されます。
公開日は開催箇所によって異なるので、お参り前に京都古文化保存協会の公式サイトで確認してください。

上賀茂神社

とき: 10月8日(土)~12月4日(日) 9時~16時(受付終了)

本殿(国宝)、権殿(国宝)、神職によるご由緒の案内、高倉殿(重文)にて御社宝の展示があります。

国宝の本殿と権殿は、どちらも文久3年(1863)の造営です。
壁に狩野派により狛犬の絵「影狛」が描かれています。

交通

最寄り駅: 地下鉄 烏丸線 北山駅

梅辻家住宅

とき: 11月23日(水・祝)~30日(水) 9時~16時(受付終了)

梅辻家住宅(市指定文化財)、社家に伝わる文書などが公開されます。

梅辻家は、社家とよばれる代々上賀茂神社の神官を勤めた家系で、「賀茂七家」の一つです。
天保9年(1838)頃には現在の形になっていて、上賀茂の社家住宅の代表例です。

交通

最寄り駅: 地下鉄 烏丸線 北山駅

拝観の休止・制限をしている神社仏閣

平野神社
ご祈祷は1組ずつ行なわれます。
椿寺 地蔵院
洛陽観音霊場のご朱印のみ直書きで授与されます。
ほかのご朱印は引き続き書き置きの授与になります。
大徳寺塔頭 高桐院
当面の間拝観休止