ひな祭りの行事 京都・奈良 2021年版(中止・変更事項あり)

京都・行事と祭り,奈良・行事と祭り

3月3日の桃の節句に合わせて行われる京都・奈良の社寺の行事と、京都・奈良で開催されるひな祭りイベントをまとめました。

各公式サイトと、京都は「【京都市公式】京都観光Navi」から、奈良は「奈良県観光[公式サイト] あをによし なら旅ネット」からの情報です。

2021年のひな祭りは社会情勢により、突然変更または中止になる可能性があります。
くれぐれも最新の情報を確認してください。

社寺にお参りや、イベントに出かけるさいは以下の点にご留意ください。

  • マスクを着用すること
  • アルコール消毒液などで手指を消毒する
  • ほかの参拝者や社寺の関係者・職員などと間隔を保つ
  • 熱発しているなどの体調不良時はお参りしない

2021年は中止が決定した神事・イベント・展示

博物館 京都さがの人形の家 春季特別企画展「お雛さま展」
2月2日(火)~未定
松尾大社 ひなまつり
2月28日(日)
下鴨神社 流しびな
3月3日(水)
神事のみ神職、関係者により行なわれます。
千両ヶ辻 ひな祭り「桃の節句の彩り」
3月

京都

社寺の桃の節句の行事

千本ゑんま堂 引接寺 御殿雛とつるし飾り公開
2月20日(土)~4月14日(水) 10時~16時
薄茶席500円(供物菓子付き 事前連絡が必要です)
めずらしくなった御殿飾りのおひなさまの前で、おうすを一服いかがですか?
法住寺 「まごころ伝えるつり雛展、そして一隅を照らすしょうぐう展」
2月27日(土)~3月3日(水) 9時~16時
ご住職のおばあさまの手作りのつり雛と、法住寺に伝わる7段飾りのひな人形や貝合などが書院三間に飾られます。
つり雛は伊豆地方の風習で、天井から人形や花・金魚などの縁起物を吊します。
つり雛展の入場は志納金600円(堂内拝観料込み)。
今年は人数制限が行なわれます。
3月3日は混雑が予想されるので、分散してお参りして下さい。
合わせて今年は「一隅をてらす しょうぐう展」が阿弥陀堂で行なわれます。
季節ごとにいろいろに変化したしょうぐうさんが、一同に集まるとか。
つり雛展特別参拝記念のご朱印は、志納金1000円(堂内拝観と入場とご朱印)。
数量制限はないので、期間中いつでもつり雛展参拝者に授与されます。
このご朱印は、おひなさまと三人官女に変身した「しょうぐうさん ~ひなまつりの巻~」がデザインされています。
オリジナルフレーム切手「後白河法皇御所聖蹟 天台宗 法住寺」と「しょうぐうさん ~ひなまつりの巻~」のセットもあります。切手が残り僅かなので、なくなり次第終了です。2000円。
こちらは五人囃子もしょうぐうさんです。
宝鏡寺 春の人形展
3月1日(月)~3日(水)、4月3日(土)までの土・日曜日にのみ行なわれます。 10時~15時30分
孝明天皇遺愛の人形をはじめ、宝鏡寺の代々の住持となった皇女のひな人形などが展示公開されます。
3月1日のオープニングイベントのひなまつりは、中止になりました。
三十三間堂 春桃会(しゅんとうえ)
3月3日(水) (中止) 3月25日(木) 9時~15時30分(受付終了)
「春桃会」は3月25日に順延され、「千体仏国宝指定慶讃結願大法要」として行なわれます。
10時~ 池坊による献花式と華展
13時~ 茂山千五郎家による狂言の奉納
絵仏師 國井道成師作「千手尊二十八部衆画像」開眼奉掛
池泉回遊式庭園の東庭の完成披露が行なわれます。
女性専用「桃のお守り」「桃みくじ」の授与は、3月3日と25日の両日行われます。
市比賣神社 ひいなまつり
3月3日(水) 13時~16時
十二単の着付け実演をして「ひと雛」が勢揃いし、五人囃子の雅楽に合わせて三人官女が舞います。
投扇興・貝合せなどの平安貴族の遊びも披露されます。
ひな茶の接待もあります。
中止になる可能性があります。
上賀茂神社 桃花神事
3月3日(水) 10時~
神前に桃花・辛夷の花・草餅を供えて、厄災除けと国家の安全を祈願します。
一般の人も参列可能です。
「ならの小川」に流して祓い清める流し雛の申し込みは10時30分から。なくなり次第終了です。
貴船神社 桃花神事
3月3日(水) 11時~
神前にひな人形・桃花・辛夷の花・草餅を供えます。
参列可能です。9時から整理券配布予定。先着30名まで(3000円)

ひな祭りのイベント・展示

京都国立博物館 特別展示「雛まつりと人形」
2月9日(火)~3月7日(日) 9時30分~16時30分(受付終了)
毎年展示される関西のひな人形の歴史と京人形に加えて、今年は江戸時代の人々が疱瘡(天然痘)が軽く済むことを祈って飾った「猩々(しょうじょう)人形」が展示されます。
平野の家 わざ 永々棟 令和3年春の特別公開「永々棟のひなまつり」
2月26日(金)~3月28日(日)の金・土・日曜日 10時~16時30分(受付終了)
大正時代の数寄屋建築に、江戸時代から現代までの永々棟所有のおひなさまが飾られます。
享保雛、有職雛、御所人形など。
「京の伝統産業わかば会」に所属する若手職人の実演販売会も行なわれます。

奈良

社寺の桃の節句の行事

壷阪寺 大雛曼荼羅公開
3月1日(月)~4月18日(日) 8時30分~17時
今年はご本尊の十一面千手観音さまの回りに、過去最多の2500体以上のひな人形が大雛曼荼羅を作ります。
法華寺 古代ひな人形展
3月1日(月)~14日(日) 8時30分~16時
歴代の門跡が持参したひな人形や、天皇から拝領した御所人形など江戸時代から現代までの約100体が東書院に展示されます。
仙洞御所から移された紅梅が見頃を迎える時期にあたります。

ひな祭りのイベント

第1回 なら福よせ雛祭
2月7日(日)~3月30日(日)
ひな壇を降りて日常生活を満喫しているお雛さまたちと、たくさんの人たちが楽しめたらいいな、というイベントです。
会場によって展示期間が変わります。
平城京宮跡歴史公園 天平うまし館・いざない館 2月7日~3月10日
奈良市役所正面玄関ホール(第1次大極殿模型) 2月8日~3月10日(土・日・祝は休館)
奈良市観光総合案内所 2月8日~3月30日
奈良公園バスターミナル1階 2月28日~3月30日
「福よせ雛プロジェクト」は名古屋を中心に活躍されていて、奈良では「なら福よせ雛実行委員会」が主催しています。
第10回 大和な雛まつり
2月27日(土)~3月7日(日)
オープニングセレモニーと、メイン会場の「町家物語館」での大階段のおひなさまの飾り付けの中止が決定しています。
今後も情勢の変化により、公開を中止する展示会場が増える可能性があります。
大和郡山市内の城下町一帯で行なわれます。
箱本館「紺屋」の吊るし雛、市内の保育園・幼稚園児たちの作品展「手作りおひなさま博覧会」(asumo大和郡山店)が予定されています。
開催情報は大和郡山市商工会のサイトをご覧下さい。
第15回 高取土佐町並み 町家の雛めぐり
3月1日(月)~31日(水)
おひなさまを巡るのは、奈良県民限定です。
今回は公開されているお宅を訪問してお話しをするのは中止になり、窓の外からおひなさまを眺める形に変更されました。
また、お茶会などのイベントはすべて中止です。
天空にそびえる17段500体のひな段飾り「天段の雛」(雛の里親館)、壺阪寺の大雛曼荼羅、手作り雛作家の作品展、ちぎり絵・ペン画作品展の開催が決定しています。
3月7日(日)には、ひいなちゃんとせんとくんのデートが計画されています。
開催情報は公式サイト「城下町のひな祭り 高取土佐町並み 雛めぐり」町家の雛めぐり 公式Facebookをご覧下さい。

2010年2月17日京都・行事と祭り,奈良・行事と祭り

Posted by 管理人めぶき