京都市南区 2022年11月・12月 特別拝観・行事の情報

京都・仏閣,京都・特別拝観

京都市南区の寺院の2022年11月20日から12月の行事と特別拝観の情報を掲載します。

寺院の公式サイトと「【京都市公式】京都観光Navi」からの情報です。

11月の行事のうちお火焚きは「火焚祭を行なう社寺 京都」、新嘗祭は「新嘗祭に参列できる神社 京都・奈良」、12月の行事のうち大根焚きは「京都 大根焚き情報」、除夜の鐘は「除夜の鐘情報」、年越の大祓は「京都と奈良で、年越の大祓を受けられる神社」のほうでくわしく書いていますので、よろしければご覧ください。

11月から続く特別公開・行事

寺院の公式サイトなどで拝観状況を確認のうえ、感染予防対策を講じてお参りしてください。

社寺にお参りするさいは以下の点にご留意ください。

  • マスクを着用すること
  • アルコール消毒液などで手指を消毒する
  • ほかの参拝者や社寺の関係者・職員などと間隔を保つ
  • 熱発しているなどの体調不良時はお参りしない

事前予約で楽しむ 京都旅(京都市観光協会 DMO KYOTO)
世界遺産東寺 早朝特別拝観

とき: 2023年3月までの限定日
11月20日(日)・26日(土)・27日(日)
時間: 7時30分~8時30分(所要時間 1時間)

ガイド付きで、開門前の五重塔初層内部・金堂・講堂・小子房を特別拝観します。

小子房は通常非公開です。
南北朝時代、光厳天皇が一時的に御所とされたこともあります。
現在の建物は昭和9年(1934)に再建され、昭和を代表する建築物になっています。

朝限定ご朱印の授与もあります。

予約制(定員2~20名)、希望日2日前の10時までに予約して下さい。
1人3000円

申し込みは「事前予約で楽しむ 京都旅(京都市観光協会 DMO KYOTO)」 から

東寺 2022 秋期特別公開

弘法さまが開かれた東寺で、1200回目の秋を感じてみませんか。

宝物館 「鎌倉時代の東寺 - 弘法大師信仰の成立 -」

とき: 開催中 11月25日(金)まで 9時~16時30分(受付終了)

鎌倉時代、東寺は建物や仏像の修理とともに、現在も行なわれている法会や僧侶の組織が形作られました。
絵画「弘法大師像(談義本尊)」など、鎌倉時代の寺宝や資料が公開されます。

国宝五重塔 初層の特別公開

とき: 公開中 12月11日(日)まで 8時~16時30分(受付終了)

拝観は日中のみ。
外側から基壇の上をまわる形で拝観できます。

講堂 立体曼荼羅世界に入る

とき: 公開中 12月11日(日)まで
 8時~16時30分(受付終了)
 17時15分~21時(受付終了)

須弥壇北面が特別公開されます。立体曼荼羅の中に入ることができます。

紅葉ライトアップと金堂・講堂夜間特別拝観

とき: 公開中 12月11日(日)まで 17時15分~21時(受付終了)

世界遺産 真言宗総本山 教王護国寺(東寺) のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 近鉄 京都線 東寺駅

京都・仏閣,京都・特別拝観

Posted by 管理人めぶき