令和元年 京都浄土宗寺院特別大公開 (京都府下版)

京都・仏閣, 京都・特別拝観

京都府内の浄土宗寺院で、一般の人にも広くお寺に親しんでもらうためにそれぞれ所蔵する寺宝を公開する、「京都浄土宗 寺院特別大公開」は令和元(2019)年で6回目になりました。

すっかり京都の秋の恒例行事となりました。

今年も、期間は10月1日(火)から27日(日)まで、公開寺院は全部で89ヶ寺です。

この記事では京都市以外の、宇治市・城陽市・木津川市・綴喜郡井手町・乙訓郡大山崎町・亀岡市・南丹市・宮津市の参加寺院27ヶ寺をご紹介します。

公開日時は寺院によって異なりますので、各寺院または「京都浄土宗 寺院特別大公開」の公式サイトでご確認ください。

拝観料を指定されていない寺院へは、「お気持ちで対応下さい」とのことです。

ちなみに、御朱印は300円を納めるところが多いです。

宇治市

正覚院

平安時代の木造聖観音菩薩立像(宇治市指定文化財)と、鎌倉時代の円派仏師による木造毘沙門天立像(京都府指定有形文化財)にお参りできます。

公開日: 10月14日(月・祝)
拝観時間: 13時~16時

拝観料: 指定なし
朱印: なし

所在地: 宇治市木幡正中20
最寄り駅: JR 奈良線 ・ 地下鉄 東西線 六地蔵駅

公式サイトはないので 浄土宗寺院紹介Navi:正覚院 をご覧ください。

藏林寺

開基の恵心僧都源信が自ら刻んだと伝わる阿弥陀如来坐像、薬師如来坐像、地蔵菩薩立像、毘沙門天立像(すべて平安時代の作で宇治市指定文化財)にお参りできます。

公開日: 10月1日(火)
拝観時間: 13時~16時

拝観料: 指定なし
朱印: あり

所在地: 宇治市五ケ庄三番割15
最寄り駅: JR 奈良線 黄檗駅

公式サイトはないので 浄土宗寺院紹介Navi:藏林寺 をご覧ください。

安養寺

もとは天台宗の寺として、創建されました。
浄土宗に改宗ののち隆盛、江戸時代に現在地に移転して、茶所宇治の茶師の信仰を集めました。

宇治市指定文化財の小野篁作地蔵菩薩立像(平安末期)、木造阿弥陀仏坐像(平安時代)にお参りできます。
また涅槃図(江戸時代)、畠中光享画伯作「牛飼いダニヤ」も展示公開されます。

公開日: 10月11日(金)~13日(日)
拝観時間: 13時~16時

拝観料: 指定なし
朱印: あり

所在地: 宇治市菟道東中9
最寄り駅: 京阪 宇治線 三室戸駅

因性寺

来迎二十五菩薩を周りに従える、ご本尊の阿弥陀さまにお参りできます。

公開日: 10月1日(火)~27日(日)
拝観時間: 10時~15時

拝観料: 指定なし
朱印: なし

所在地: 宇治市志津川北組24
最寄り駅: 京阪 宇治線 三室戸駅

公式サイトはないので 浄土宗寺院紹介Navi:因性寺 をご覧ください。

専修院

境内の板碑に歯痛を治してくれるご利益があるといわれます。

本堂を自由に参拝できます。
10時~11時 住職のお話があります。

公開日: 10月16日(水)
拝観時間: 10時~11時

拝観料: 指定なし
朱印: なし

所在地: 宇治市宇治弐番81
最寄り駅: JR 奈良線 宇治駅

公式サイトはないので 浄土宗寺院紹介Navi:専修院 をご覧ください。

妙光寺

お別時と、薬師如来立像、薬師如来坐像(平安時代前期)、十一面観音立像(平安時代中期)、幡随意上人名号軸などが拝観できます。

お別時とは「別時念仏会」のことで、日々の勤行とは違い、場所と日時を別に定めて阿弥陀さまのお名前を唱える(南無阿弥陀仏)法要です。

公開日: 10月14日(月・祝)
拝観時間: 13時~16時

拝観料: 指定なし
朱印: あり

所在地: 宇治市槇島町大幡70
最寄り駅: JR 奈良線 宇治駅

公式サイトはないので 浄土宗寺院紹介Navi:妙光寺 をご覧ください。

地蔵院

本堂と仏さまが公開されます。

公開日: 10月23日(水)
拝観時間: 13時~16時

拝観料: 指定なし
朱印: なし

所在地: 宇治市小倉町寺内32
最寄り駅: 近鉄 京都線 小倉駅

公式サイトはないので 浄土宗寺院紹介Navi:地蔵院 をご覧ください。

観音寺

曼荼羅法要と、落語会(桂 文鹿さん・桂 小鯛さん出演)が行なわれます。

公開日: 10月21日(月)
拝観時間: 16時~18時

拝観料: 指定なし
朱印: なし

所在地: 宇治市小倉町寺内33
最寄り駅: 近鉄 京都線 小倉駅

公式サイトはないので 浄土宗寺院紹介Navi:観音寺 をご覧ください。

来迎寺

二十五菩薩立体曼陀羅が公開されます。

公開日: 10月20日(日)
拝観時間: 14時~15時

拝観料: 指定なし
朱印: なし

所在地: 宇治市伊勢田町毛語72
最寄り駅: 近鉄 京都線 伊勢田駅

公式サイトはないので 浄土宗寺院紹介Navi:来迎寺 をご覧ください。

城陽市

安養寺

別時念仏と法話の集いが行なわれます。
13時~ 13時45分~ 14時30分~ の3回

公開日: 10月20日(日)
拝観時間: 13時~15時

拝観料: 指定なし
朱印: なし

所在地: 城陽市平川指月83

最寄り駅: 近鉄 京都線 久津川駅

公式サイトはないので 浄土宗寺院紹介Navi:安養寺 をご覧ください。

正行寺

ご本尊の阿弥陀如来立像(城陽市指定文化財)は、快慶の流れをくむ仏師によって作られたと推定されています。
山門と本堂は京都府暫定登録文化財です。

ご本尊の阿弥陀三尊や釈迦涅槃図などが公開されます。

公開日: 10月22日(火・祝)
拝観時間: 13時~16時

拝観料: 指定なし
朱印: なし

所在地: 城陽市富野堀口103
最寄り駅: JR 奈良線 長池駅 / 近鉄 京都線 富野荘駅

極楽寺

快慶・行快作の阿弥陀如来立像(重文)などが拝観できます。
この阿弥陀さまは、快慶が携わった最後の仏像と推測されています。

また命を懸けて水害から地域を守った、庄屋文字郎の供養碑も公開されます。

公開日: 10月22日(火・祝)
拝観時間: 13時~16時

拝観料: 指定なし
朱印: なし

所在地: 城陽市富野南垣内81
最寄り駅: 近鉄 京都線 富野荘駅

公式サイトはないので 浄土宗寺院紹介Navi:極楽寺 をご覧ください。

法念寺

本堂が公開され、ご本尊や出入釈迦立像が拝観できます。
住職とお話もできます。

公開日: 10月22日(火・祝)
拝観時間: 13時~17時

拝観料: 指定なし
朱印: なし

所在地: 城陽市水主西垣内27
最寄り駅: 近鉄 京都線 富野荘駅

公式サイトはないので 浄土宗寺院紹介Navi:法念寺 をご覧ください。

西生寺

ご本尊、開山上人(縁誉称念)像にお参りできます。
青谷絶賞の版木が公開されます。

「青谷絶賞」は、明治33(1900)年に青谷梅林の良さを広めようと地元の人たちで発行した、PR誌です。
8カ所の絶景ポイント「青谷八勝」が版画で表わされています。

公開日: 10月15日(火)
拝観時間: 13時~16時

拝観料: 指定なし
朱印: なし

所在地: 城陽市市辺坂口47
最寄り駅: JR 奈良線 山城青谷駅

公式サイトはないので 浄土宗寺院紹介Navi:西生寺 をご覧ください。

木津川市

阿弥陀寺

創建は室町時代ですが、最初のご本尊は焼失。
現在のご本尊は戦国時代の再建時の住職の持仏で、定朝様の鎌倉時代の阿弥陀如来坐像です。

ご本尊と寺宝が公開されます。住職とのお話しもあります。

公開日: 10月5日(土)~6日(日)
拝観時間: 13時~16時

拝観料: 指定なし
朱印: あり

所在地: 木津川市山城町椿井松尾崎3
最寄り駅: JR 奈良線 上狛駅

西福寺

行基菩薩の開基と伝わります。
山城国一揆に参加する国人や農民の、集会場として利用されたことがあります。

来迎印を作った珍しい地蔵菩薩立像にお参りできます。
(ふつう、お地蔵さまは左手に如意宝珠、右手に錫杖を持つか与願印です)

公開日: 10月5日(土)、6日(日)
拝観時間: 10時~17時

拝観料: 指定なし
朱印: あり

所在地: 木津川市山城町上狛艮町3
最寄り駅: JR 奈良線 上狛駅

公式サイトはないので 木津川市観光ガイド:西福寺 をご覧ください。

泉橋寺

開基は奈良時代の行基菩薩。別名「橋寺」といい、木津川に架かる泉橋を守るために創建されました。
門前の地蔵石仏は日本最大で約5mあります。
応仁の乱のさいに地蔵堂が焼き払われてしまい、お地蔵さまはそれ以来露座のままになっています。

境内の国指定重要文化財の五輪塔にもお参りできます。

公開日: 10月4日(金)~6日(日)
拝観時間: 10時~16時

拝観料: 指定なし
朱印: あり

所在地: 木津川市山城町上狛西下55
最寄り駅: JR 奈良線 上狛駅

公式サイトはないので 木津川市観光ガイド:泉橋寺 をご覧ください。

十輪寺

創建は奈良時代の東大寺の良弁上人。江戸時代に再建されました。

自由にお参りしてください。
ほかに参拝者のいないときのみ、住職とお話しができます。

公開日: 10月1日(火)~7日(月)
拝観時間: 9時~16時

拝観料: 指定なし
朱印: なし

所在地: 木津川市市坂西山95-1
交通: JR 木津駅西口から 木津川市コミュニティバス[きのつバス]木ー1 梅谷行き 「市坂」下車

公式サイトはないので 浄土宗寺院紹介Navi:十輪寺 をご覧ください。

綴喜郡井手町

安楽寺

公開日: 10月2日(水)~4日(金)、11日(金)~13日(日)、24日(木)~26日(土)
拝観時間: 9時~15時
10月1日(火)、15日(火)は写経会が行なわれます。13時30分~ 参加費500円

お参りは必ず事前に連絡してください

拝観料: 指定なし
朱印: あり

所在地: 綴喜郡井手町多賀西南組47
電話: 0774-82-2609
最寄り駅: JR 奈良線 山城多賀駅

阿彌陀寺

阿弥陀如来半跏像、圓光大師座像(三日月鏡付)が公開されます。
「半跏」とは片足を曲げ、もう片足を台座から垂らして座っているお姿で、阿弥陀さまとしては珍しいそうです。

公開日: 10月23日(水)
拝観時間: 10時~16時

拝観料: 指定なし
朱印: なし

所在地: 綴喜郡井手町井出山縁23
最寄り駅: JR 奈良線 玉水駅

公式サイトはないので 浄土宗寺院紹介Navi:阿彌陀寺 をご覧ください。

乙訓郡大山崎町

安養院

年中行事のお十夜に参加できます。

公開日: 10月26日(土)
拝観時間: 12時~16時

拝観料: 指定なし
朱印: なし

所在地: 乙訓郡大山崎町大山崎白味才79
最寄り駅: JR 京都線 山崎駅 / 阪急 京都線 大山崎駅

公式サイトはないので 浄土宗寺院紹介Navi:安養院 をご覧ください。

大念寺

室町時代に知恩院の徳誉光然上人を招いて開かれ、正親町天皇の勅願寺になりました。
元治元年に起こった禁門の変では、長州藩が屯所にしていたため全焼してしまいました。
現在の堂宇は明治になってから、廃仏毀釈で廃寺になった寺の建物を移築したものです。

本堂にてご本尊の上品上生の阿弥陀如来坐像(鎌倉時代後期)、書院にて客仏としてお迎えした阿弥陀如来立像(重文)にお参りできます。

公開日: 10月8日(火)
拝観時間: 10時~12時

拝観料: 指定なし
朱印: あり

所在地: 乙訓郡大山崎町大山崎上ノ田69
最寄り駅: JR 京都線 山崎駅 / 阪急 京都線 大山崎駅

公式サイトはないので 浄土宗寺院紹介Navi:大念寺 をご覧ください。

亀岡市

大圓寺

亀岡祭で毎年「大圓寺ギャラリー」と寺宝の公開をされていますが、今年は本堂も公開されます。
亀山城の天守付近にお祀りされていた、鉄造薬師如来像(市指定文化財)にお参りできます。

亀岡祭は「丹波の祇園祭」と呼ばれる鍬山神社のお祭りで、23日に宵々山、24日の宵山で11基の山鉾が立てられ、25日に巡幸します。
合わせて亀山城の城下町では、街角ギャラリーや花灯路などが行なわれます。

公開日: 亀岡祭10月23日(水)~25日(金)
拝観時間: 10時~21時
(ただし25日は10時~14時まで)

拝観料: 指定なし
朱印: あり

所在地: 亀岡市西町11
最寄り駅: JR 嵯峨野線 亀岡駅

公式サイトはないので 浄土宗寺院紹介Navi:大圓寺 をご覧ください。

光忠寺

形原松平家初代興副公の菩提を弔うために創建されたお寺です。

亀岡組船桑組浄土宗青年会主催 文化講座「ブッダとは誰か」(講師 吹田隆道師)が開催されます。
定員50名程度の予定。くわしくはお問い合わせ下さい。

公開日: 10月26日(土)
拝観時間: 13時30分~16時30分

拝観料: 指定なし
朱印: なし

所在地: 亀岡市北古世町2丁目14-1
最寄り駅: JR 嵯峨野線 亀岡駅

小松寺

寺名の由来となった、小松内大臣平重盛が宋の育王山○○寺から贈られた、石造りの掛け仏が公開されます。

公開日: 10月1日(火)~5日(土)
拝観時間: 10時~15時

拝観料: 指定なし
朱印: なし

所在地: 亀岡市千代川町千原東斉ノ本23
最寄り駅: JR 山陰本線 千代川駅

公式サイトはないので 浄土宗寺院紹介Navi:小松寺 をご覧ください。

南丹市

教傳寺

近畿楽寿観音霊場第二十四番札所です。

小出吉親公が岸和田城、出石城、園部城と領地を変わる際に、一緒に移った小出家護持仏の「三国伝来の阿弥陀さま」にお参りできます。

公開日: 10月18日(金)、19日(土)
拝観時間: 13時~17時

拝観料: 指定なし
朱印: あり

所在地: 南丹市園部町小山東町今北17
最寄り駅: JR 山陰本線 園部駅

公式サイトはないので 近畿楽寿観音霊場:24番 教伝寺 をご覧ください。

宮津市

大頂寺

丹後宮津藩主の菩提寺です。
歴代の藩主から奉納された品が、寺宝と共に公開されます。
住職の説明付きです。

お参りの前に連絡してください。

公開日: 10月1日(火)~27日(日)
拝観時間: 9時~17時

拝観料: 指定なし
朱印: あり

所在地: 宮津市字金屋谷881
電話: 0772-22-3340
最寄り駅: 京都丹後鉄道 宮豊線 ・ 京都丹後鉄道 宮福線 宮津駅

Posted by 管理人めぶき