近現代歌人の歌の抜粋

奈良・仏閣, 近現代短歌


今日1月26日は、歌人の永井陽子さんの祥月命日にあたります。
永井さんの歌の中でもっとも有名、かつ人気のあるのは『ふしぎな楽器』所収の

近現代短歌

今月9日に、歌人の山中智恵子さんが亡くなっていました。

山中さんは短歌を詠むだけではなく、伊勢神宮の斎宮史や三輪山に関する研究をなさっていました。

近現代短歌

中秋の名月に向けて、近・現代短歌にどんな月を詠んだ歌があるだろう、と思って家にある本で探してみました。
月といえば素直にいけば平安貴族の観月会での歌合わせを思い起こすのですが、それは十三夜のときに調べることにして、今回の名月では、近・現代短歌の月の歌をピックアップしようと思いました。