京都市東山区 2021年春 特別拝観・行事と、行事の中止・変更情報

京都・仏閣,京都・特別拝観,京都・神社,京都・行事と祭り

京都市東山区の社寺の、2021年4月12日からゴールデンウィーク中までの特別拝観・公開と、拝観の変更情報を掲載します。

各社寺の公式サイトと「京都観光Navi」からの情報です。

各社寺の公式サイトなどで拝観状況を確認のうえ、感染予防対策を講じてお参りしてください。
(当記事では各社寺名にリンクを貼っています)

目次

春の特別拝観・行事

社寺にお参りするさいは以下の点にご留意ください。

  • マスクを着用すること
  • アルコール消毒液などで手指を消毒する
  • ほかの参拝者や社寺の関係者・職員などと間隔を保つ
  • 熱発しているなどの体調不良時はお参りしない

泉涌寺塔頭 戒光寺 花祭り 春の内陣特別参拝

とき: 4月15日(木)まで 9時~17時

花祭りに合わせて、内陣に特別にお参りすることができます。
丈六のお釈迦さまの足元や、お不動さまの足の裏も拝観することができます。

花祭り特別ご朱印、不動明王特別ご朱印の授与があります。(各500円)

「京の大仏」丈六 戒光寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: JR 奈良線 東福寺駅 / 京阪 京阪本線 東福寺駅

東福寺 「未来を照らす希望の光」東福寺ライトアップ

とき: 4月29日(木・祝)~6月13日(日) 18時~20時(受付終了)

東福寺初の試みです。
新緑の頃に青もみじと、国宝三門・国指定名勝「東福寺本坊庭園」などがライトアップされます。

本堂など境内の一部は、医療従事者への感謝の念を込めてブルーでライトアップされます。
また、拝観料の一部が寄付されます。

特別拝観料: 前売り(事前予約)3500円、当日3800円

くわしくは特設ページ「東福寺ライトアップ」 をご覧ください。

東福寺 東福寺の至宝巡り

とき: 通年

東福寺のスタッフに一般非公開の光明宝殿(重文)、禅堂(重文)、本堂を案内してもらいます。
締めくくりに方丈と「国指定名勝 東福寺本坊庭園」をゆっくり散策してください。

※ 案内してもらえる場所は、時期や行事などで変更されます。
予約前に公式サイト「【東福寺の至宝巡り】ガイドと巡る東福寺の魅力(1日5組限定の特別拝観)」を確認してください。

特別未公開のご朱印の授与もあります。

1日5組(1組5人以上)限定です。5000円。

申し込みは直接東福寺へ電話してください。

交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 鳥羽街道駅

法住寺 身代わり不動尊「春の大祭」

とき: 4月28日(水) 10時~・ 14時~

平成19年(2007年)のこの日に新本堂が落慶したことを記念し、不動尊結縁護摩供法要と戒壇巡り法要が行なわれます。
お不動さまにお参りすることができるのは、年に一度だけです。

結縁参拝記念の限定ご朱印の授与もあります。500円
なくなり次第終了です。

交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 七条駅

三十三間堂 開山忌

とき: 5月3日(月・祝) 9時~

妙法院の仏間である三十三間堂を建立した、後白河上皇の命日です。

生前の姿を記したといわれる画像を吊るし、声明を織り交ぜた「曼荼羅供」法要が行なわれます。

蓮華王院 三十三間堂 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 七条駅

地主神社 例大祭 地主祭り(神幸祭)

とき: 5月5日(水・祝)
13時から 行列が地主神社を出発
14時30分 本殿にて祭典

天禄元年(970年)、円融天皇の行幸のさいに行なわれた臨時祭に始まります。
雅楽・白川女・武者・稚児などの行列が本殿前を出発、清水坂、三年坂、茶碗坂などを練り歩きます。

家内安全、土地守護・事業反映、世界平和などを祈願します。

「縁結び祈願 恋愛成就」京都 地主神社 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 清水五条駅

清水寺 成就院庭園「月の庭」春の特別公開

とき: 4月29日(木)~5月5日(水・祝) 9時~16時

「月の庭」とも呼ばれる、高台寺山を借景とした名勝指定庭園です。

交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 清水五条駅

長楽寺 春季特別展 「建礼門院御遺宝特別展観」

とき: 5月10日(月)まで 9時~17時

建礼門院徳子が出家をした長楽寺に伝わる、ゆかりの品々が展示公開されます。
合わせて、庭園を見ながらお抹茶とお菓子でゆったりくつろぐことができます。

5月3日(月・祝)・4日(火・祝)には、建礼門院御落飾慶讃行事として「筑前琵琶で語る平家物語」が奉納演奏されます。
1日2回上演。

「京都東山 平家物語ゆかりのお寺」長楽寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 祇園四条駅

得浄明院 春の特別公開 戒壇めぐりと一初(いちはつ)鑑賞会

とき: 4月21日(水)~5月5日(水・祝) 9時30分~16時

通常非公開のお寺ですが、早く咲くアヤメの一初(いちはつ)の開花時期のみ公開されます。

ご本尊の一光三尊阿弥陀如来は、一つの光背の中に阿弥陀三尊(阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)が一緒に入っている、善光寺如来(善光寺式阿弥陀如来)です。

ご戒壇めぐりもできます。戒壇は本当に真っ暗です。

交通

最寄り駅: 地下鉄 東西線 東山駅

八坂神社 本殿特別拝観

社会情勢の変化により、中止になりました。

とき: 4月2日(金)から 偶数日と土・日・祝日に開催

令和2年(2020年)12月23日付け官報で国宝に指定された本殿を、神社の職員の解説付きで拝観します。
ふだんのご祈祷や拝観では入ることのできない場所にも、お参りすることができます。

事前予約制です。
希望日の1週間前から前日まで受け付けられます。
八坂神社社務所に電話で申し込んでください。

八坂神社 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 祇園四条駅

高台寺 春の特別公開「女性作家の競演」

とき: 5月9日(日)まで 9時~17時(受付終了)

2024年は北政所ねねさまの没後400年にあたります。
御遠忌行事の一環として、この春は高台寺に奉納された女性作家の襖絵が順に公開されます。

3月1日(月)~18日(木) 山岸泉琳氏
3月19日(金)~4月6日(火) 武市斎孝氏
4月7日(水)~5月9日(日) 八十山和代氏

高台寺 春の夜間特別拝観 「亀遊万代未来」

とき: 5月5日(水・祝)まで 9時~21時30分(受付終了)

禅語「亀遊万代春」にちなみ高台寺専属庭師の北山安夫氏監修のもと、高台寺の古い瓦や古材を用いて人々の願いや生命力が方丈庭園で表現されます。

高台寺 アンドロイド観音マインダー ご開帳

とき: 4月 毎週土・日曜日と29日(木・祝)
5月1日(土)~5日(水・祝)

時間: 10時30分~12時 13時30分~15時30分 の2回

アンドロイド観音さまの般若心経の説法が再開されました。
時間中、繰り返し法話があります。
予約は不要です。

「秀吉とねねの寺」京都東山 高台寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 祇園四条駅

高台寺塔頭 圓徳院 春の特別展「路傍の日本画家『赤松燎 没25年特別展』」

とき: 5月5日(水・祝)まで 10時~21時30分(受付終了)

本堂正面の障壁画「白龍図」を手がけた、日本画家の赤松燎氏の作品展が行なわれます。

夜間ライトアップは17時点灯です。

交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 祇園四条駅

建仁寺塔頭 禅居庵 「はじまりの絵本」〜100人のこどもと大切な絵本展〜

とき: 5月1日(土)~5月7日(金) 10時~18時

禅居庵の初夏の恒例行事になりました。
100人が選んだ、「子どもの頃に心に残っている絵本」「いま大切な人に届けたい絵本」と選んだ理由を書いたメッセージカードが一挙に公開されます。

昨年は開催することができなかったので、昨年の推薦絵本も合わせて展示されます。

合わせて、ワークショップなどのイベントが予定されています。

臨済宗建仁寺塔頭 禅居庵 のサイトへはこちらからどうぞ。
交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 祇園四条駅

建仁寺塔頭 両足院 「両足院 4月の特別企画 雪舟天谿画伯 書画実演会」

とき: 4月24日(土)、25日(日) 11時~15時(受付終了 閉門17時)
※閉門時間厳守のため、並んでいても御朱印をいただけない場合があります。

方丈の襖絵を手がけられた雪舟天谿画伯が、ご朱印を目の前で描いてくださいます。

「心経誕生仏御朱印守符絵札」は、両足院特製のご朱印用紙に直書きしてもらえます。3000円。
持ち込みの朱印帳に、吉凶言葉の直書きもしてもらえます。500円

建仁寺塔頭 両足院 初夏の特別公開

とき:
1期 5月1日(土)~23日(日) 10時~16時
2期 6月1日(火)~7月11日(日) 10時~16時

今年は、サツキの花の時期と半夏生の時期の2回に分けて公開されます。

交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 祇園四条駅

建仁寺塔頭 霊源院 新緑の枯山水庭園「鶴鳴九皐」特別公開

とき: 4月1日(木)~5月15日(土) 11時~14時30分(15時閉門)

今川義元公生誕500年記念の関連事業として造園家の中根行宏氏・中根直紀氏(中根庭園研究所)により作庭された、新しい枯山水庭園「鶴鳴九皐」が公開されます。

開運・無病息災の秘仏毘沙門天立像(重文)、織田信長直筆書状、細川幽斎奉納の「達磨図」なども特別公開されます。

参拝者には限定ご朱印の授与もあります。

「甘茶の寺」臨済宗大本山建仁寺塔頭 霊源院 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 祇園四条駅

令和3年度 春期京都非公開文化財特別公開

京都古文化保存協会主催の「令和3年度 春期京都非公開文化財特別公開」は、4月12日(月)から5月5日(水・祝)の間、一時休止されることになりました。

公開中の東山区の雙林寺・大雲院・八坂庚申堂の3ヶ寺は、一時公開休止後、5月6日(木)から拝観再開される予定です。
休止期間に公開期間が重なってしまう知恩院は、公開中止になりました。

雙林寺

とき: 5月6日(木)~16日(日) 9時~16時(受付終了)

初公開です。
薬師如来坐像(重文)、大黒天像、西行法師像ほかが公開されます。

延暦24年(805)、伝教大師が国家安泰・皇室の安寧などを祈願して建立しました。
薬師如来坐像は大師自らが刻んだと伝わります。

桜の名所だった雙林寺の塔頭の蔡華園院に、西行法師が出家の翌年からしばらく庵を営んでいたそうです。
その跡地に「花月庵」が建立し、西行法師僧像などが安置されています。

公開される大黒天像は、日本に入ってきた当初のお姿で武器を持っています。

特別公開休止中も、通常の拝観とご朱印の授与は可能です。

交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 祇園四条駅

大雲院

とき: 5月6日(木)~16日(日) 9時~16時(受付終了)

本堂・阿弥陀如来坐像・祇園閣の拝観、龍池会館にてご社宝の展示公開などが行なわれます。

貞安上人が織田信長・信忠父子の菩提を弔うために、二条烏丸に建立した庵が始まり。
移転と焼失を繰り返し、明治に入って復興して昭和47年(1974)に現在地に移りました。

公式サイトはないので大雲院|【京都市公式】京都観光Navi をご覧ください
交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 祇園四条駅

八坂庚申堂 金剛寺

とき: 5月6日(木)~16日(日) 9時~16時(受付終了)
ただし5月12日は拝観休止

初公開です。
御前立青面金剛像、四大夜叉像ほかが公開されます。

日本三庚申の一つです。
天徳4年(960)、一般の人が青面金剛をお参りすることのできるよう祠が創建されたのが始まりです。
「八坂の庚申さん」と親しまれています。

庚申さんといえば、手足をくくられた「くくり猿」。
八坂の庚申さんには無数のカラフルなくくり猿が奉納されています。

公式サイトはないので八坂庚申堂|祇園商店街振興組合 をご覧ください
交通

最寄り駅: 京阪 京阪本線 祇園四条駅

知恩院

公開中止になりました。

とき: 4月27日(火)~5月6日(木) 9時~16時(受付終了)

大方丈(重文)、小方丈(重文)、狩野尚信・狩野信政筆方丈襖絵、方丈庭園(国名勝)ほかが公開されます。

大方丈は二条城と同じ書院造で、徳川将軍家の公務に使用されました。
襖絵は狩野派の豪華な金碧障壁画です。
仏間には快慶作とされるご本尊の阿弥陀如来が安置されています。

小方丈は大方丈と対称的に、襖絵は水墨画で落ち着いた装飾です。

方丈庭園には小堀遠州と縁のある僧 玉淵によって造られたとされる心字池があります。

浄土宗総本山 知恩院のサイト へはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 地下鉄 東西線 東山駅

京都時宗道場御朱印巡り

令和2年(2020年)10月から、京都にある時宗のお寺を巡る「京都時宗道場御朱印巡り」が始まりました。

参加しているのは16ヶ寺で、うち東山区には4ヶ寺あります。
お寺によって、対応可能日時や堂内の拝観の可否が異なります。
また、法要などの行事や、御朱印の書き手不在により対応できないことがあります。

「道場」とは、もとは仏道修行の場をさします(のちに、転じて武道の心身修練の場を指すようになりました)。
浄土門では「念仏道場」をさし、時宗では寺院を道場と呼ぶことがありました。

時宗は文永11年(1274年)、一遍上人が開きました。
全国を修行しながら巡り歩き、民衆に念仏を教化しました。

1番 長楽寺
所在地: 東山区八坂鳥居前東入る円山町626
交通: 京阪 京阪本線 祇園四条駅 徒歩15分
京都時宗道場御朱印巡り事務局です。
2番 安養寺
所在地: 東山区八坂鳥居前東入る円山町624
交通: 京阪 京阪本線 祇園四条駅 徒歩15分
ご本尊の阿弥陀三尊像は法然上人の念持仏と伝わります。
3番 正法寺
所在地: 東山区清閑寺霊山町35
交通: 市バス「清水道」 徒歩15分
堂宇改修中のため、御朱印授与は令和3年(2021年)4月から。
4番 宝福寺
所在地: 東山区東大路五条上る小島町143
交通: 京阪 京阪本線 清水五条駅 徒歩15分

拝観の休止・制限をしている神社仏閣

泉涌寺塔頭 来迎院
お抹茶の提供を休止。
東福寺
ご朱印は書き置きのみ。
東福寺塔頭 霊雲院
拝観休止: 当面の間
三十三間堂
混雑時は入堂が制限される可能性があります。
養源院
拝観休止: 当面の間
八坂神社
ご祈祷の受付を本殿外西側の臨時受付に変更、9時~16時
清水寺
胎内めぐりを休止: 当面の間
知恩院
朱印所の混雑時は書き置きの授与になります。
高台寺塔頭 圓徳院
秀吉公ゆかりの神仏の献茶点前、楽茶碗でのお抹茶は土・日・祝日のみ実施。
小間の茶席は休止。

祭事や法要の変更・中止

例大祭や法要などの内容の変更・中止の情報です。

青蓮院門跡 茶室「好文亭」春の特別公開
3月~5月
中止になりました。
建仁寺 四頭茶会
4月20日
中止になりました。
新日吉神宮 新日吉(いまひえ)祭
5月第2日曜日
中止になりました。
祇園放生会
6月1日(火)~10日(木)
中止になりました。
安井金比羅宮 櫛祭
9月第4月曜日
中止になりました。

特別拝観の中止情報

中止になってしまった特別拝観です。

青蓮院門跡 将軍塚青龍殿 夜間特別拝観(ライトアップ)
3月26日(金)~5月5日(水・祝)
中止になりました。
建仁寺塔頭 正伝永源院 つつじと新緑の庭園特別公開
4月10日(土)~5月9日(日)
中止になりました。