奈良の初詣・特別拝観情報

2016年12月20日奈良・特別拝観, 奈良・行事と祭り

新しい年を迎え、奈良の各神社仏閣で正月3が日に行なわれる、祭事・法要・特別拝観を集めました。

2019年(平成31年)版です。

各社寺の公式サイトと、「あをによし なら旅ネット」からの情報です。

目次

奈良市

率川神社 御神火拝戴祭

1月1日 0時45分~

桜井市にある本社の大神神社から繞道祭のご神火が届き、1年の平安を祈ります。

参拝者はご神火をいただいて持ち帰り、神棚の燈明にします。

春日大社

開門: 1月1日0時~20時 2日・3日6時30分~19時

1月2日 10時~ 日供始式並興福寺貫首社参式 ともに藤原氏の氏寺であった興福寺の貫首と僧侶が、春日大社と若宮神社の神前で読経をします。

3日 11時~ 神楽始式 今年1年、つつがなく神楽の奉奏ができるよう祈願します。

なお、祖先祭祈祷と、新年の車のお祓いは1月8日以降に受け付けられます。

喜光寺 弁天堂神影宇賀神 特別公開

1月1日~15日 9時~16時

体はとぐろを巻いた蛇で、顔は老人という姿の宇賀神が公開されます。

喜光寺 摩利支天像 特別公開

1月1日~15日 9時~16時

摩利支天はインドの神さまで太陽の光をさし、武運長久、除厄招福、財宝円満などのご利益があります。

江戸時代の絵師、英一川(はなぶさいっせん)の「摩利支天像」が、本坊にて公開されます。

興福寺 春日社参式

1月2日

興福寺の僧侶とお寺の有縁者が春日大社にお参りし、社頭で般若心経と唯識三十頌を読経します。

明治に神仏分離令が出されるまで、神仏習合であった名残の行事です。

御霊神社

1月2日14時~ 居合道演舞奉納

1月1日~3日 9時~16時 御神酒のふるまいあり。

正月限定ご朱印が授与されます。
1日~15日の10時~16時 500円

正暦寺 修正会

1月3日~5日 13時~16時

正暦寺に古くから伝わる独特の声明で、1年の安泰と安寧を祈祷します。

大安寺 修正会(大般若会)

1月1日~3日

大晦日から元日にかけて、境内に108の竹明かりが灯されます。
古代赤米粥のふるまいがあります。(なくなり次第終了)

「松三宝 昆布挟みの儀」では、参拝者に松三宝にのせた昆布と米が授与されます。
笹酒のふるまいもあります。

唐招提寺 修正会

1月1日 0時~ 声明を唱えてから修正護摩供を行ない、万年香水を加持します。

3日 18時~ 修正護摩供のあと、香水と牛王宝印が参拝者に授与されます。
引き続き、全国の餅の名前を讃嘆する餅談義が行なわれます。

東大寺 初詣

1月1日 0時~8時

大仏殿正面の桟唐戸が開かれ、外から大仏さまのお顔を拝むことができます。

大仏殿への入堂無料です。

二月堂では3が日は堂内に万灯明を灯されています。
観音さまへのお供えの鏡餅の奉納は、12月末から受け付けられます。

氷室神社

開門: 1月1日 0時~4時、7時~17時30分 2日以降 6時30分~17時30分

薬師寺

1月1日~3日 8時30分~ 新春お写経会
13時~ 修正会吉祥悔過法要
13時30分~ 管主による新春法話が行なわれます。

1月1日~3日は、金堂にて秘仏吉祥天女画像(国宝)の特別公開があります。

4日~15日は、平成の吉祥天女像が公開されます。

8日まで、玄奘三蔵院伽藍にて平山郁夫画伯作「玄奘三蔵院伽藍 大唐西域壁画」が特別公開されます。

霊山寺 初福茶

1月1日~3日 10時~16時

聚楽殿に縁起の初福茶席(500円)が設けられます。
抹茶とお菓子と「守護宝銭」が授与されます。

霊山寺 秘仏本尊 薬師三尊 御開帳

12月31日23時~1月1日2時30分 1日~3日10時~18時

本堂(国宝)で本尊薬師三尊像(重文)が特別開扉され、新年特別ご祈祷が受けられます。

厄除開運・身体健康・病気平癒など 1人2000円

生駒市

往駒大社

祈祷時間: 1月1日・2日 10時~17時 3日11時~17時

お神楽も一緒に受けることができます。

長弓寺薬師院 本尊特別開扉

1月1日~3日

平安時代に作られた本尊の十一面観音立像(重文)が、無料で拝観できます。

宝山寺

1月1日~3日 福財布授与

大和郡山市

松尾寺 初詣・厄除開運祈願祭 松尾山七福神祭

1月31日まで

厄払いをしてから、七福神から福を授かります。

松尾山七福神堂が開扉、大黒天念持仏が公開されます。

希望者1000人に、住職染筆「己亥」(半紙大)が授与されます。

天理市

石上神宮 神火祭・新春初太鼓

1月1日 0時

0時になるとともに、氏子崇敬者が新しい年の始めを告げる初太鼓を叩きます。

続いて、拝殿から切り出されたご神火が、参道の大かがり火に点火されます。

先着1000人に破魔矢の授与。

大和神社

1月1日0時~ 新年開始の太鼓が叩かれ、お守り・破魔矢などの授与、御神酒のふるまいが始まります。

10時30分~ 初参りがはじまります。

14時~ 氏子により、神楽が奉納されます。

桜井市

安倍文殊院

1月1日 0時から 入試合格・厄除初祈祷

0時30分から 一願成就絵馬焼き大とんど

1時から 厄除け秘法七まいり初祈祷

なお、1月15日まで本堂参拝後の「お抹茶とお菓子のお接待」は「魔除け念珠の授与」に変更されます。

冬の結縁うさぎのご朱印授与は、1月15日までです。

大神神社 繞道祭

1月1日 1時

拝殿奥の禁足地で切り出されたご神火を、順に大きな松明に移し、山麓の摂末社を巡拝します。

境内のご神火拝戴所に戻ると、参拝者は火縄や懐炉に移して持ち帰り、神棚の燈明や雑煮の祝火とします。

奈良市にある摂社の率川神社にも届けられます。

なでると手足の痛みを取ってくれたり、ご利益があるという「なでうさぎ」が、お正月の間は祈祷殿前の斎庭に移動しています。

聖林寺 秘仏宝蔵天・秘仏弁財天特別開扉

1月1日~3日 9時~16時30分(受付終了)

1年でこの時期だけの特別公開です。

長谷寺 本尊開帳法要・観音万燈会

1月1日 0時から

本尊の十一面観音菩薩立像の内陣が公開され、そば近くで拝観することができます。

1日~3日、登廊と吊燈籠に灯りがともります。17時~20時

橿原市

橿原神宮

開門: 1月1日終夜 2日以降6時30分
閉門: 1日22時 2日・3日20時

大和高田市

天神社 元旦祭

1月1日 1時から 御神酒のふるまいあり

香芝市

鹿嶋神社

1月1日 0時~ 特別福引き(数に限りあり)
0時~ 歳旦祭 浦安の舞が奉納されます。

新春特別御祈祷は、3が日は予約不要、常時受付されています。

五條市

轉法輪寺 犬飼山 正月ジャズライブ

1月3日 11時30分頃~

朝倉聖トリオ&藤野純子(ボーカル) ほかの出演

3日は9時30分から新年護摩法要と御鏡開き、ぜんざい・鏡餅のふるまいと、福引きがあります。

葛城市

當麻寺奥院 新年限定「御目出多」授与

1月1日8時~

平成30年に実った蓮の実513個を、31年の年始に浄土庭園にお参りした人先着513名に授与されます。

浄土庭園では、1月末まで冬ボタンが見頃です。

當麻寺中之坊 新春秘宝展

1月1日~2月28日 霊宝殿にて

當麻寺中之坊は「大和七福八宝めぐり」の布袋尊の札所です。

「布袋尊百童子屏風」など、布袋さまにちなんだ絵画が公開されます。

石光寺 弥勒堂特別開帳

1月1日~31日

秘仏の木造弥勒如来と、日本最古の弥勒如来石仏が特別公開されます。

宇陀市

墨坂神社 新年初祈祷

1月1日 0時から 甘酒のふるまいがあります。

高取町

壺阪寺 修正会・新春初祈祷会

1月1日~3日 11時~、13時30分~ の1日2回

修正会終了後、餅まき(お福まき)と新春福引き大会も2回行なわれます。

平群町

朝護孫子寺 修正会

1月1日~3日 17時~

3日の法要後、参拝者に1年間の除災招福を祈願して、牛王宝印が額に押されます。

3日は初寅大法要
4時から行なわれるため、宿坊などにお籠もりが必要です。

10日まで、毘沙門天王(中秘仏)御開扉。
ただし、祈祷中は拝観不可です。

斑鳩町

法隆寺 舎利講

1月1日~3日 13時~

東院舎利殿にて、聖徳太子ゆかりの「南無仏舎利」を供養します。

吉野町

金峯山寺 新年初護摩供

1月1日 0時から

護摩の火にあたって、1年の無病息災を祈願します。

天川村

天河神社 元旦祭

1月1日 0時から 雑煮の振る舞いあり。

( 2019年版に更新しました 2018年12月25日 )

Posted by 管理人めぶき