新嘗祭を行なう神社 奈良

2016年11月23日奈良・神社, 奈良・行事と祭り

新嘗祭

新嘗祭とは、今年収穫された新穀や作物を、神さまに供えて神さまとともに饗し、収穫を感謝する祭りです。

新嘗祭は、稲作の始まった弥生時代から行なわれていたと考えられています。

宮中や全国の神社で行なわれていて、2月11日の五穀豊穣を祈る祈年祭と対になっています。

従来、11月の下卯日が祭日とされていましたが、明治6年の新暦採用のさいに11月23日に定められました。

戦後、11月23日は「勤労感謝の日」になりました。

新嘗祭は一般の参列を不可とされることの多い神事ですが、10月頃の秋の大祭と兼ねて行なったり、農業のお祭りと兼ねる神社もあります。

奈良市

率川神社 新嘗祭
11月23日 11時から
春日大社 新嘗祭
11月23日 10時から
春日大社の神田で収穫された新穀をお供えし、稲垣に株付きの稲穂が掛けられます。
一般の人は参拝所から拝観可能です。
また農作物の奉納もできます。
漢國神社 新穀感謝祭
12月12日 11時から
御霊神社 新嘗祭
11月23日
菅原天満宮 新嘗祭
11月25日
添御県坐神社 秋大祭(新嘗祭)
11月24日 13時から
都祁水分神社 新嘗祭
11月26日

生駒市

往馬大社 新嘗祭(大祭)
11月23日 9時
新米・新酒・農作物を奉納した氏子も参列します。

大和郡山市

郡山八幡神社 新嘗祭
11月23日

天理市

石上神宮 新嘗祭
11月23日 11時から
前日の22日に「摂社 天神社・摂社 七座社例祭 鎮魂祭」が行なわれます。
物部氏伝来の鎮魂呪法で、衰えて枯渇しそうな生命力を鎮魂(たまふり)によって振り起こし、また新たな力が生命力に宿るとの考えに基づく神事です。
大和神社 新嘗祭
11月23日 10時30分から

桜井市

大神神社 新嘗祭・農林産物品評会
11月23日 10時から
神田で収穫された米を醸造酒にして、神前に供えます。
4人の巫女さんが、神楽歌に合わせた「磯城の舞」を奉納します。
合わせて県下最大級の農林産物品評会が開かれ、13時からこれらの農作物の即売会が行なわれます。
談山神社 新嘗祭
11月23日 10時から
與喜天満神社 新嘗祭
11月第3日曜日

橿原市

橿原神宮 新嘗祭
11月23日 11時から
神武天皇の東征のさいにお供の久米部の兵士が舞ったとされる、「久米舞」が4人の舞人によって奉納されます。
あわせて農業祭・農産物品評会が、10時から16時までの時間に行なわれる予定です。

香芝市

鹿嶋神社 新嘗祭
12月1日

葛城市

笛吹神社 新嘗祭
12月6日 10時から

宇陀市

宇太水分神社 新嘗祭
11月23日
墨坂神社 新嘗祭
11月23日

御所市

高鴨神社 新嘗祭
11月23日

田原本町

村屋坐弥冨都比売神社 新嘗祭
平成30年は11月25日 11時から
繊維・染色を司る服部神社の、和綿奉納行事も合わせて行なわれます。

三郷町

龍田大社 秋季大祭・渡御祭
10月第3土・日曜日
春の例大祭、夏の風鎮大祭と対をなし、豊作を感謝するお祭りです。

河合町

廣瀬神社 新嘗祭
11月24日

天川村

天河大辨財天社 新嘗祭
11月23日 11時から

東吉野村

丹生川上神社(中社) 新嘗祭
11月23日 10時30分から
添御県坐神社追加、情報更新しました 2017年11月19日
與喜天満神社追加、情報更新しました 2018年10月30日

Posted by 管理人めぶき