京都 秋の特別公開2013(洛西)

2013年8月31日京都・特別拝観

2013年秋の各社寺の特別展や特別公開を、洛西のみでまとめました。

特別展と特別公開

直指庵 秋の特別行事
とき:11月16日(土)から12月1日(日)まで
みどころ:参拝した人々が綴ったノート「想い出草」の公開と、寺宝の展示。
江戸時代の初期の創建ですが、荒廃。幕末に近衛家の老女の支援により再興し、以降彼女は付近の子女の教育に尽くしました。
神護寺 多宝塔特別拝観 五大虚空蔵菩薩像
とき:10月12日(土)から10月14日(月・祝)まで
みどころ:鎮護国家の仏さま、五大虚空蔵菩薩さまです。
神護寺 大師堂特別拝観 板彫弘法大師像
とき:11月1日(金)から11月7日(木)まで
みどころ:木像ではなくて、1枚のヒノキの板に彫られた弘法大師像が公開されます。
神護寺 金堂夜間拝観と境内のライトアップ
とき:11月9日(土)から11月23日(土・祝)まで
みどころ:金堂の本尊は薬師三尊。厳しい表情をしていらっしゃいます。
紅葉情報は「かわらけ日記」をご覧下さい。
平岡八幡宮 花の天井特別拝観
とき:9月13日(金)から12月1日(日)
ただし10月6日(日)と10月12日(土)から10月14日(月・祝)は拝観休止
みどころ:本殿の内陣の天井に44種の花の絵が描かれています。
神職による説明と、大福茶の接待があります。
大覚寺特別名宝展 嵯峨御所大徳寺の名宝「大覚寺の栄華」
とき:10月4日(金)から12月9日(月)まで
みどころ:幕末から明治・大正時代の大覚寺の歴史にまつわる寺宝が公開されます。
大覚寺の歴代門跡と関係の深かった、高村光雲や富岡鉄斎の作品も。
大覚寺夜間特別拝観「真紅の水鏡」
とき:11月15日(金)から12月8日(日) 17時30分から20時30分まで(昼夜入れ替え制)
みどころ:本堂と大沢池のほとりがライトアップされます。
天龍寺塔頭 弘源寺 秋の特別拝観
とき:10月12日(土)から12月8日(日)まで
みどころ:枯山水庭園「虎嘯の庭」や、毘沙門天立像(重文)、日本画などが公開されます。
天龍寺塔頭 宝厳院 秋の特別拝観
とき:9月14日(土)から12月8日(日)まで
みどころ:回遊式山水庭園「獅子吼の庭」などが公開されます。
11月16日(土)から12月8日(日)の間は、夜間にも拝観できます。17時30分から20時15分まで
仁和寺 霊宝館秋季名宝展
とき:10月1日(火)から11月24日(日)まで
みどころ:孔雀明王像(国宝)、阿弥陀三尊像(国宝)など多数の寺宝が公開されます。
旧御室御所御殿も公開されています。
清涼寺 霊宝館秋期特別公開
とき:11月1日(木)から11月30日(土)まで
みどころ:宋から招来された釈迦如来立像(国宝)と胎内仏、旧棲霞寺阿弥陀堂の本尊の阿弥陀三尊像(国宝)ほか多数の寺宝が公開されます。

非公開寺院特別公開 京都春秋主催

妙心寺塔頭 鱗祥院
とき:11月16日(土)から12月1日(日)まで
みどころ:徳川3代将軍家光が建立した、春日局の香華所。海北友雪筆の雲龍図は雌雄そろった珍しいものです。

Posted by 管理人めぶき