京都 秋の特別公開2014(右京区)

京都・特別拝観

右京区の2014年秋の各社寺の特別展や特別公開をまとめました。

第50回京都非公開文化財特別公開

妙心寺 三門
10月31日(金)から11月9日(日) 9時から16時まで
三門(重文)と、観世音菩薩像、十六羅漢像などが公開されます。

右京区の各寺院の特別公開・夜間の公開

妙心寺塔頭 東林院 梵燈のあかりに親しむ会
10月10日(金)から19日(日)(雨天決行) 18時から20時30分(受付終了)
沙羅の木の庭に、400本のろうそくの灯りが灯ります。
妙心寺塔頭 退蔵院 秋のお食事付き特別拝観
11月15日(土)から12月7日(日)
「名秋の朝プラン」 土・日・祝日限定 8時から9時30分
ひとり3,500円
「名秋の夜プラン」 第1部:17時30分から19時 第2部:19時から20時30分
ひとり5,000円
12月1日(月)から5日(金)の間は、第1部:18時から19時30分のみです。
一般拝観者のいない時間帯に、一般拝観では見ることのできない枯山水庭園「元信の庭」や隠れ茶室「囲いの席」を、ガイド付きで見学することができます。
各プラン40名限定です。
料理は「阿じろ」の精進料理です。
仁和寺 霊宝館秋季名宝展
10月1日(水)から11月24日(月・休)まで
孔雀明王像(国宝)、阿弥陀三尊像(国宝)など多数の寺宝が公開されます。
旧御室御所御殿も公開されています(10月11日(土)は除く)。
大覚寺 特別名宝展 嵯峨御所大覚寺の名宝 「四季花鳥の美術」
10月3日(金)から12月8日(月)まで
狩野山楽筆「四季花鳥図屏風」を中心に、自然と花鳥にちなむ寺宝が公開されます。
大覚寺 夜間特別拝観「真紅の水鏡」
11月14日(金)から12月7日(日) 17時30分から20時(受付終了) (昼夜入れ替え制)
本堂と大沢池のほとりがライトアップされます。
天龍寺 秋の特別参拝
9月6日(土)から12月7日(日)の毎日と、嵐山花灯路の期間
9時から17時まで (10月21日(火)以降は16時まで)
法堂の加山又造画伯筆 「雲龍図」が公開されます。
天龍寺 曹源池庭園 早朝参拝
11月8日(土)から30日(日)の間の土・日・祝日 7時30分から
江戸時代のガイドブック「都林泉名勝図会」に描かれた姿をそのまま残す庭園。
嵐山や亀山を借景とする、池泉回遊式庭園です。
天龍寺塔頭 弘源寺 秋の特別拝観
10月4日(土)から12月7日(日) 9時から17時まで
枯山水庭園「虎嘯の庭」や、毘沙門天立像(重文)、日本画などが公開されます。
天龍寺塔頭 宝厳院 秋の特別拝観
10月4日(土)から12月7日(日) 9時から17時まで
回遊式山水庭園「獅子吼の庭」・本堂襖絵「風河燦燦三三自在」公開
天龍寺塔頭 宝厳院 秋の夜間特別拝観
11月14日(金)から12月7日(日) 17時30分から20時15分(受付終了)まで
回遊式山水庭園「獅子吼の庭」・本堂襖絵「風河燦燦三三自在」公開
京都・嵐山花灯路2014期間中の、12月12日(金)から21日(日) 17時から20時30分にも公開されます。
清涼寺 霊宝館 秋期特別公開
10月1日(水)から11月30日(日)まで 9時から17時
奝然上人が寛和元(985)年に宋で模刻させ日本に持ち帰った釈迦如来立像(国宝)、阿弥陀三尊像(国宝)などが公開されます。
直指庵 秋の特別行事
11月15日(土)から30日(日) 9時から16時30分まで
参拝した人々が綴ったノート「想い出草」の公開と、寺宝の展示。
江戸時代の初期の創建ですが、荒廃。幕末に近衛家の老女の支援により再興し、以降彼女は付近の子女の教育に尽くしました。
神護寺 多宝塔特別拝観 五大虚空蔵菩薩像
10月11日(土)から10月13日(月・祝) 10時から15時まで
鎮護国家の仏さま、五大虚空蔵菩薩さまです。
神護寺 大師堂特別拝観 板彫弘法大師像
11月1日(土)から11月7日(金) 9時から16時まで
木像ではなくて、1枚のヒノキの板に彫られた弘法大師像が公開されます。
神護寺 金堂 夜間拝観と境内のライトアップ
11月8日(土)から11月24日(月・休) 17時から19時まで(参道は20時まで)
金堂の本尊は薬師三尊。厳しい表情をしていらっしゃいます。
紅葉情報は「かわらけ日記」をご覧下さい。
神護寺のある高雄の清滝川沿い、西明寺付近がライトアップされます。
11月1日(土)から30日(日)の予定で、17時から20時まで。
平岡八幡宮 花の天井特別拝観
9月12日(金)から11月30日(日)
ただし10月5日(日)と10月11日(土)から10月13日(月・祝)は拝観休止
本殿の内陣の天井に、江戸時代のものと伝わる44種の花の絵が描かれています。
神職による説明と、大福茶の接待があります。

Posted by 管理人めぶき