京都 秋の特別公開2014(北区)

京都・特別拝観

北区の2014年秋の各社寺の特別展や特別公開をまとめました。

第50回京都非公開文化財特別公開

上賀茂神社
10月31日(金)から11月9日(日) 9時から16時まで
ただし祭事のため庁屋は10月31日(金)から11月3日(月・祝)の間、高倉殿は11月4日(火)から9日(日)の間は拝観休止です。
高倉殿、庁屋、上賀茂神社文書(重文)、御遷宮及び葵祭に関する御祭文など。
鹿苑寺(金閣寺)方丈 杉戸絵、初代鳳凰像
10月31日(金)から11月9日(日) 9時から16時まで
昭和25年(1950年)の火難を免れた、創建当時の初代鳳凰像が公開されます。
「陸舟の松」は方丈北側にあり、足利義満公手植えの松と伝わります。京都三松のうちのひとつ。
(もう2つは善峯寺の「遊龍の松(国指定天然記念物)」、宝泉院の「五葉の松(市指定天然記念物)」です)

非公開寺院特別公開 京都春秋主催

大徳寺 本坊
9月20日(土)から10月11日(土) 9時30分から16時(受付終了)
方丈(国宝)、法堂(重文)、唐門(国宝)などが公開されます。
方丈は禅宗方丈建築の典型で、襖絵はすべて狩野探幽筆です。
方丈庭園(特別名勝・史跡)は小堀遠州作庭です。
狩野探幽筆「鳴き龍」の法堂は、修復工事が済んで初公開です。
唐門は聚楽第の遺構と伝えられ、日光東照宮の陽明門の模型となりました。
大徳寺塔頭 孤篷庵
9月28日(日)から10月9日(木) 10時から16時(受付終了)
書院「直入軒」、茶室「山雲床」、茶室「忘筌」、庭園が公開されます。
孤篷庵を建立した小堀遠州のプライベート空間であった書院「直入軒」と、茶室「山雲床」は初公開です。
大徳寺塔頭 総見院
10月11日(土)から11月30日(日) 10時から16時まで
(ただし11月2日(日)は午前中拝観休止)
織田信長一族の供養塔、豊臣秀吉による創建当時のまま残る表門などが公開されます。
大徳寺塔頭 黄梅院
10月12日(日)から12月7日(日) 10時から16時まで (ただし10月28日(月)は拝観休止)
日本の禅宗寺院で現存する最古の庫裏(重文)、豊臣秀吉が改築した唐門(重文)、千利休作庭の「直中庭」、武野紹鴎好みの茶室「昨夢軒」、伏見城の遺構といわれる茶室「自休軒」などが公開されます。
大徳寺塔頭 興臨院
10月11日(土)から12月15日(月) 10時から16時まで
室町時代の禅宗様式をとどめる唐門、創建当時の姿で「興臨院の古文」と呼ばれる表門(重文)、茶席「涵虚亭」などが公開されます。

北区の各寺院の特別公開

大徳寺 本坊 曝凉展
10月12日(日)(雨天中止)
書や絵画などの虫干しが行なわれ、狩野探幽筆 方丈襖絵などの寺宝が公開されます。
大徳寺塔頭 高桐院 曝凉展
10月12日(日) 9時から16時20分(閉門)
茶室「松向軒」は、豊臣秀吉が北野大茶会を催したものを移築したと伝わります。
寺宝の李唐筆 「絹本墨画山水図」は国宝。
大徳寺塔頭 芳春院 秋の定期拝観
11月10日(月)から11月30日(日)まで
楼閣山水庭園「飽雲池」の池中にそびえる呑湖閣は、金閣・銀閣・飛雲閣と並ぶ京の四閣の一つです。
等持院 秋の特別展
10月10日(金)から14日(火)まで
足利家の菩提寺。霊光殿には足利歴代将軍の木像が安置されています。
境内に日本映画の父、マキノ省三の像があります(マキノ省三の「マキノ映画制作所」が等持院の境内にあった縁による)。
( 上賀茂神社 情報追加しました 2014年10月13日 )

Posted by 管理人めぶき