秋の特別公開 奈良 2009

奈良・仏閣,奈良・神社,奈良・行事と祭り

10月24日(土)から11月12日(木)まで、「第61回正倉院展 御即位二十年記念」が奈良国立博物館にて行なわれます。

正倉院展は毎年人気が高く、混雑が予想されます。
開館直後の午前9時台と、夕方以降が比較的空いているようです。

この時期に合わせて、奈良の各社寺で特別公開や特別拝観が行なわれます。
その中から、聖武天皇・光明皇后に縁のある社寺を集めました。

大安寺 十一面観音像特別開扉
10月1日(木)から11月30日(月)まで
大安寺のご本尊。素朴な天平仏で、がん封じの御利益があります。
聖武太上天皇、光明皇后、孝謙天皇らに戒を授けた鑑真和上を招聘した、僧 普照のいた寺です。
薬師寺 大宝蔵殿公開
10月8日(木)から11月10日(火)まで
国宝「吉祥天女画像」も公開されます。
光明皇后をモデルにしたと伝えられています。
興福寺 国宝特別公開2009 -お堂でみる阿修羅-
10月17日(土)から11月23日(月・祝)まで
今年、東京と福岡を回っていた阿修羅さんが帰ってきました。
いつもは国宝館のガラスの中ですが、この秋は八部衆・十大弟子像ら14体と一緒に仮金堂に安置されます。
また、光明皇后の父、藤原不比等の菩提を弔うために建立された北円堂も公開されます。
海龍王寺 十一面観音特別開帳(秋)
10月24日(土)から11月12日(木)まで
海龍王寺のご本尊。光明皇后手彫りの観音像をもとに、鎌倉時代に慶派の仏師が製作しました。
光明皇后が飛鳥時代からあった寺を改め、海龍王寺としました。
法華寺 十一面観音像特別開扉(秋)
10月24日(土)から11月12日(木)まで
光明皇后勅願の尼寺。ご本尊は光明皇后映し身の観音像です。
併せて庭園と慈光殿も公開されます。
西大寺 秋の秘仏愛染明王坐像特別開扉
10月25日(日)から11月15日(日)まで
愛染堂のご本尊。恋愛成就の御利益があります。
称徳(孝謙)天皇の発願により建立しました。
聚宝館の特別開館も併せて行われています。
談山神社 社宝特別展(秋)
10月11日(日)から12月13日(日)まで
紅葉祭りと併せて行われます。
また、「けまり祭」が11月3日(火・祝)にあります。
藤原不比等の父、鎌足を祀っています。
春日大社 「特別公開 刀剣の美Ⅰ」
9月18日(金)から11月15日(金)まで
貴族から奉納された、神に供えた剣を展示します。
藤原氏の氏寺。称徳(孝謙)天皇の勅願により、御蓋山麓の地を神社として整えました。