奈良 社寺の行事 2014年7月

2014年7月5日奈良・行事と祭り

7月に奈良県の社寺で行われる行事・法要などをまとめました。(7月7日の行事は除く)

「解除会」とはお寺版の夏越の祓です。
また、奈良では地蔵盆を新暦の7月に行なうお寺が多くあります。

奈良市

帯解寺 帯解子安地蔵会式大法会
7月23日(水) 19時から岩田帯練り供養、のち理趣三昧大法要
24日(木) 19時30分から法要
法師を先頭にして、長さ30メートルの岩田帯を持った氏子衆・ミス奈良・雅楽の音楽隊が練り歩き、町内の安産と求子を祈願します。
元興寺 かえる石供養
7月7日(月)
縁あって元興寺にやってきた極楽がえる。「無事かえる」「福かえる」衆生の願いを聞いてくれます。
喜光寺 弁財堂本尊宇賀神像 特別開帳
6月25日(水)から8月25日(月) 9時から16時
毎年7月の暁天講座の3日間のみの開扉の宇賀神像が、今年は蓮の花が咲いている時期に長期公開されています。
秘仏の宇賀神は、人頭蛇身。
倉稲魂命(宇迦之御魂神)に由来し、仏教の弁財天と習合して龍蛇神の姿になり、水神信仰を集めています。
喜光寺の宇賀神には財福のご利益があるそうです。
興福寺 国宝三重塔特別開扉
7月7日(月) 9時から16時
10時から三重塔のご本尊の窪弁財天への「弁財天供」が厳修されます。
十輪院 地蔵盆法要
7月23日(水) 法要18時から19時、法話19時から20時
東大寺 俊乗忌
7月5日(土) 俊乗堂
南都炎上により衰退した東大寺を再建した、俊乗坊重源上人の御忌。
法要後、11時頃から16時まで重源上人坐像(国宝)が公開されます。
東大寺 解除会
7月28日(月) 8時から 大仏殿にて
大仏さまに健康を祈願し、茅の輪をくぐります。
福智院 地蔵盆法要
7月23日(水) 17時30分から21時頃まで
法華寺 蓮華会式
7月17日(木)
17時頃から 法要の後、茅の輪くぐり
光明皇后が、茅を供えて疫病除けの祈願をしたことから始まります。
光月亭では茶がゆの接待があります。
薬師寺 弁天祭
7月7日(月) 19時から
霊山寺 解除会
7月6日(日) 10時から
大きな茅の輪をくぐり、象鼻杯(蓮の葉に注がれた清酒を、茎から飲む)で夏を乗り切りましょう。
車でお参りの人には、天然水が用意されています。

桜井市

安倍文殊院 金閣浮御堂 夏の寺宝展
8月31日(日)まで 9時から17時
金閣浮御堂は安倍仲麻呂公や安倍晴明公ら安倍一族をお祀りしています。
大神神社 綱越神社例祭(おんぱら祭)
7月31日(木) 10時から例祭、19時30分からおんぱら祭奉納花火大会
大神神社の境外摂社、綱越神社では「おんぱら祭」として夏越の祓を行います。
奉納花火は県下最大級。
30日(水) 16時30分から宵宮祭。
談山神社 談峯如意輪観音像特別公開
7月31日(木)まで 8時30分から16時30分
もとは寺院だった談山神社に唯一残る、如意輪観音菩薩像が公開されています。

橿原市

おふさ観音 風鈴まつり
7月1日(火)から8月31日(日) 7時から16時30分まで
境内いっぱいに、厄除けの風鈴が2500個下がります。
おふさ観音 夜まつり
7月17日(木) 18時から21時まで
風鈴まつりにランプが灯ります。
19時から厄払い、病封じの加持が受けられます。

大和高田市

福田寺行者堂 奥田蓮取り行事
7月7日(月) 蓮取り行事 10時から 捨篠池にて
行者行列 11時40分から 行者堂
刀良売墓参 刀良売墓
大護摩供 弁天神社
捨篠池にて刈り取られた蓮の花は、修験者たちによって役行者の母の刀良売の墓に供えられ、ついで弁天神社で護摩供が厳修されます。
こののち、蓮の花は吉野山の金峯山寺に運ばれます。

御所市

鴨都波神社 ススキ提灯献灯行事
7月16日(水)
氏子地域から献納された「ススキ提灯」は、4.5mほどの竹に10張3段の高張提灯を吊るしたもの。
氏子が提灯を肩に乗せたり回したりして、鴨都波神社に奉納します。
奈良県指定無形民俗文化財。
高鴨神社 献燈祭(神楽奉納)
7月20日(日)
葛木御歳神社 夏越しの大祓式
7月27日(日) 16時から
夏越の祓いを受けたのち、「夏越し大祓護符」が授与されます。
参列できない方に、大祓人形を郵送で受け付けています。

斑鳩町

法隆寺 弁天会
7月7日(月)
法隆寺 東院地蔵会
7月24日(木)

平群町

信貴山 朝護孫子寺 毘沙門天王秘仏御開扉
7月1日(火)から6日(日) 9時から16時まで 本堂
千光寺 きゅうり加持(病気封じ)
7月29日(火)

吉野町

金峯山寺 蓮華会・蛙飛び法要
7月7日(月)
蓮華会は福田寺行者堂の修験者が運んだ蓮の花を、蔵王権現に供える行事です。
蛙飛び法要は蛙に変わってしまった人間が、導師の受戒により無事に人間に戻るまでを演じられます。

天川村

天河神社 夏の例大祭
7月17日(木) 10時から16時頃まで本殿開帳
弁財天さまが弥山から降臨されたとされる日に行われます。
神仏習合で行われ、聖護院門前の大護摩供が厳修されます。
観世流 片山九郎右衛門氏の能「花月」の奉納、その他ご詠歌や舞踊の奉納が行われます。

Posted by 管理人めぶき