京都 春の特別公開2020 (南区)

京都・仏閣,京都・特別拝観,京都・神社

2020年春(3月1日~ゴールデンウィーク終了)の、京都市東山区の社寺の特別展や特別公開です。

各社寺の公式サイトと「京都観光Navi」からの情報です。

京都古文化保存協会主催の「令和2年度 春期京都非公開文化財特別公開」、終了間際ですが京都市観光協会主催の「第54回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開」の情報もあわせて掲載しています。

2020年4月16日に「緊急事態宣言」が発令され、京都の社寺では拝観の休止、業務の縮小、祭事や法要の変更など、さまざまな対応を取られています。

公開している神社仏閣

公開されている各社寺では感染予防対策をされていますが、お参りされる方もマスク着用・手洗いの励行・体調面に留意して、無理のないように行動なさって下さい。

東寺

五重塔 京の冬の旅 非公開文化財特別公開

とき: 3月18日(水)まで 8時30分~17時(16時30分受付終了)

「第54回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開」による公開です。

現在の五重塔(国宝)は徳川家光が再建しました。高さ55メートルの日本一高い木造塔です。
金堂(国宝)、講堂(重文)も合わせて拝観できます。

五重塔 春期京都非公開文化財特別公開

開催期間が変更になりました。

変更前: 4月25日(土)~5月10日(日) 8時~16時30分(受付終了)
      ↓
変更後: 6月5日(金)~21日(日) 8時~16時30分(受付終了)

京都古文化保存協会「令和2年度 春期京都非公開文化財特別公開」での特別協力による公開です。

五重塔(国宝)の初層内陣が公開されます。

2020 春期特別公開

とき: 3月20日(金)~5月25日(月) 9時~16時30分(受付終了)
(4月22日から休止)

宝物館にて特別展「東寺宝物館開館55周年記念 東寺名宝展 ー 重要文化財二間観音と密教工芸 ー」が行なわれます。

東寺の宝物殿は昭和40(1965)年に開館しました。
国宝・重要文化財指定の品が約25000点収められています。
春秋の年2回の展示公開以外に調査研究事業も行なわれています。

今年は春と秋の2期に分けて開催されます。
春は修理を終えた二間観音の公開と、密教工芸が展示されます。

重要文化財の二間観音は25年ぶりの公開です。

夜の特別拝観 夜桜ライトアップ(金堂・講堂夜間特別拝観)

とき: 3月14日(土)~4月12日(日) 18時30分~21時(受付終了)
4月2日で終了になりました。

盛岡出身の紅しだれ桜「不二桜」を、今年もライトアップして鑑賞します。

金堂や講堂などの堂宇の中の拝観もできます。

拝観の休止・制限をしている神社仏閣

城興寺
ご朱印の授与を休止
4月25日(土)から緊急事態宣言解除まで
東寺
拝観停止
4月22日(水)から当面の間

内容が変更・縮小している寺院

公開期間の変更、内容の縮小などの情報です。

東寺 夜の特別拝観 夜桜ライトアップ(金堂・講堂夜間特別拝観)
3月14日(土)から4月2日(木)で終了しました
東寺 正御影供
4月21日(土)
関係者のみで法要が行なわれ、大日堂へのお参りはできません。
東寺 2020春期特別公開
3月20日(金)~5月25日(月)
4月22日(水)から当面の間公開休止になりました。
春期京都非公開文化財特別公開(京都古文化保存協会)
4月25日(土)~5月10日(日) → (変更)6月5日(金)~21日(日)
南区の公開場所: 東寺五重塔

中止

中止になってしまった祭事や特別拝観情報です。

東寺 弘法市の縁日
4月21日(火)
吉祥院六斎念仏 春季大祭奉納
4月25日(土)
東寺 国宝五重塔特別公開
4月25日(土)~5月25日(月)
当面の間公開休止になりました。
中堂寺六斎念仏 氏子祭宵宮奉納
4月29日(月・祝)
東寺 弘法市
5月21日(木)