京都 社寺の行事 2016年7月

2016年6月30日京都・特別拝観, 京都・行事と祭り

京都の神社とお寺の7月の行事をまとめました(7月7日は省きます)。
運営されているサイトと、「京都観光Navi」からの情報です。

上京区

千本ゑんま堂 風祭り
7月1日(金)から15日(金) 18時から受付
ご本尊閻魔法王開扉 18時30分
梶の葉祈願(1000円)と、香を楽しむ会と、西陣音頭体験会などが催されます。
翌16日(土)はゑんまの日です。
お坊さんの特別プレゼン演奏があります。10時30分と14時の2回。
千本釈迦堂 陶器供養会
7月9日(土)から12日(火) 10時から20時まで
法要は10日(日)10時から
土をお祀りして、生活に欠かせない陶器を供養します。
合わせて家内安全と健康増進を祈願します。
陶器市が同時開催されます。

中京区

神泉苑 祇園祭還幸祭 神泉苑拝礼
7月24日(日)18時頃
祇園祭は、貞観5(863)年に神泉苑で行なわれた御霊会が始めです。
祇園祭の還幸祭では中御座(素盞鳴尊)の神輿が神泉苑に拝礼し、住職による加持を受けます。
壬生寺 新選組隊士等慰霊供養祭
7月16日(土)13時30分から
「池田屋事件」が元治1(1864)年7月8日の祇園祭宵山の日に起きたことにちなみ、毎年7月16日に佐幕・勤皇両志士の慰霊のために供養祭が行なわれています。
13時30分から壬生塚にて法要と一般参列者の焼香。
14時から壬生会館ホールにて、詩吟奉納、剣技奉納、歌謡ショーが行なわれます。
なお、毎年この日に行なわれていた新選組同好会による「池田屋事変記念パレード」は、四条通の交通事情により昨年に引き続いて中止になりました。

東山区

東福寺塔頭天徳院 初夏の特別拝観
7月10日(日)まで 10時から16時
枯山水の庭に桔梗の花が開いている時期のみの特別拝観です。
お庭を眺めながらの精進料理は、予約が必要です。予約は「ハトヤ瑞鳳閣」へ。
高台寺 七夕会 夜の特別拝観
7月2日(土)、3日(日) 17時から21時30分まで
境内と七夕飾りがライトアップされます。
七夕の短冊は6月26日(日)にて締め切られました。
あわせて七夕茶会が催されます。予約が必要です。
八坂神社 祇園祭
7月1日(金)から31日(日)まで
京都三大祭のひとつ。
7月1日の吉符入りから始まり、31日の疫神社の夏越祭で締めくくられます。
17日(日)は山鉾巡行の前祭と神幸祭、24日(日)は山鉾巡行の後祭と花笠巡行と還幸祭が行なわれます。
建仁寺塔頭 両足院 半夏生の庭園特別公開
7月6日(水)まで 10時から16時30分
府指定の名勝庭園で半夏生が白く色づいています。
あわせて織田有楽斎好みの如庵の写し「水月亭」と、六帖席の「臨池亭」が公開されています。

左京区

安楽寺 中風まじない鹿ヶ谷カボチャ供養
7月25日(月) 9時から15時まで
「夏の土用のころに鹿ヶ谷カボチャを食べると中風にならない」とご本尊の阿弥陀如来の霊告によって、始められた行事です。
この日は炊いたカボチャが振る舞われます。
あわせて、「安楽寺縁起絵」「剃髪図」などの掛け軸が虫干しをかねて公開されます。
真如堂 宝物虫払会
7月25日(月)
「真如堂縁起」(写本)など寺宝約200点が、本堂で虫干しをかねて公開されます。
暑気払いの「びわ湯」の無料接待もあります。
ただし、雨天中止です。
狸谷山不動院 火渡り祭・祈り灯ろう
7月28日(木) 19時から
家内安全・無病息災を祈願する火渡り祭は、誰でも参列できます。
護摩壇を崩して作った火床を、裸足で歩いて渡ります。
この日、「祈り灯ろう」が参道に灯ります。
貴船神社 七夕笹飾りライトアップ
7月1日(金)から8月15日(月) 夕暮れから20時(土・日は21時)まで
貴船神社本宮が、笹飾りとともにライトアップされます。
おみくじ・お守り・御朱印の授与所も閉門5分前まで開いています。
期間中は京都バス33系統(貴船線)が、貴船終発平日20時20分(土・休日21時20分)まで延長運行されます。
三千院 あじさい祭
7月14日(木)まで
奥の院のあじさい苑では、約1000株以上のあじさいがかわるがわる見頃を迎えるので、長く楽しめます。
11時から厳修される大般若転読会には、家内安全・除災招福のご利益があります。
下鴨神社 御手洗まつり(足つけ神事)
7月23日(土)から31日(日)
23日は9時から22時、平日は5時30分から21時、金・土・日は5時30分から22時まで
境内の御手洗池に膝まで浸かって、罪・穢れを祓い、無病息災や安産を祈願します。

北区

神光院 きゅうり封じ
7月21日(木)・30日(土) 8時から16時30分まで
授与されたきゅうりを家に持ち帰って、氏名・数え年を記した紙に包んで、体の悪いところを撫でて土に埋めると、病気を封じ込めるといわれます。
上賀茂神社 賀茂の水まつり
7月26日(火) 18時から
龍神である摂社の新宮神社の神さまを境内の橋殿にお招きし、水に感謝して、夏を無事に乗り切られることを祈願します。
祭事のあと、神楽「賀茂の舞」奉納、絵馬神輿と樽御輿が境内を巡行します。

右京区

三宝寺 ほうろく灸祈祷
7月30日(土) 9時から14時まで
ほうろくを頭の上にのせ、その上に火の付いたもぐさをのせて、中風・頭痛・悪霊封じの祈祷をします。
商売繁盛のあじさい祈祷、諸病封じのきゅうり封じ祈祷もあります。
愛宕神社 千日詣り(千日通夜祭)
7月31日(日)から8月1日(月)
7月31日夜から8月1日早朝にかけて愛宕神社にお参りすると、1000日分の火伏と防火のご利益があるといわれます。
7月31日の21時から夕御饌祭(山伏による護摩焚き神事)、8月1日の2時から朝御饌祭(人長の舞奉奏・鎮火神事)が行なわれます。

西京区

松尾大社 御田祭
7月17日(月) 10時から
3人の植女がそれぞれ早苗を手に持ち、壮夫の肩に担がれて境内を回ります。
古くは田植え中のお祭りでしたが、現代は予祝行事として行なわれています。

南区

綾戸國中神社 祇園祭神幸祭・還幸祭
7月17日(日)の祇園祭神幸祭、24日(日)の還幸祭では、綾戸國中神社の「久世駒形稚児」が馬に乗って、中御座(素盞鳴尊)の神輿の先導をします。

伏見区

城南宮 お涼み神楽
7月20日(水) 18時から20時30分まで 15分ごと
神楽殿で巫女さんが福笹を持って、祓神楽を舞います。
社殿の前に供えられた2本の氷柱を触って、夕涼みがてら「無病息災」と「方除安全」を祈願します。
参道に夜店が出て賑わいます。
長建寺 辨天祭
7月24日(日) 19時から21時まで
19時30分頃から柴燈大護摩供
御香宮神社 茅の輪神事
7月31日(日) 15時からと23時からの2回
神事のあとに参列者が茅の輪をくぐります。

Posted by 管理人めぶき