奈良市 2020年7月 特別拝観と、拝観・行事の休止・変更情報

京都・特別拝観,京都・行事と祭り,奈良・仏閣,奈良・神社

奈良市内の社寺の、7月以降の行事・特別拝観と拝観の変更情報を掲載します。

各社寺の公式サイトと「奈良市観光協会サイト」からの情報です。

2020年5月14日に新型コロナウイルスの感染拡大を受けた「緊急事態宣言」が解除されました。

奈良市の多くの社寺では6月1日(月)以降、通常どおりの拝観を再開されています。

しかし9月の行事の中止を決めた社寺もあります。
詳しくは各社寺の公式サイトをご覧ください。

(当記事では各社寺名にリンクを貼っています)

今年の「なら燈花会」は無観客開催です

8月5日(水)から14日(金)まで行なわれる予定だった第22回なら燈花会は、無観客開催が決定しました。

特別な地域のみで行なわれる模様がネットで配信されます。

また、「#おうちで燈花会」と題して、自宅の玄関や庭、お店の回りなどに簡単に設置できる「おうちで燈花会体験セット」(3000円・5000円の2種類)が販売されます。

くわしくはNPOなら燈花会 のサイトへどうぞ

7月の特別公開・特別拝観・行事

公開されている各社寺では新型コロナウイルスへの対策をされていますが、お参りされる方もマスク着用・手洗いの励行・体調面に留意して、無理のないように行動なさって下さい。

春日大社国宝殿 春季特別展「日本一の鎧を楽しむ Enjoy鎧」

とき: 6月6日(土)~9月23日(水) 10時~16時30分(受付終了)
(7月13日(月)は展示替えのため休館)

じつは、国宝に指定されている甲冑を日本で一番多く所蔵しているのは、春日大社国宝殿なのです。
たとえば、教科書や資料集によく掲載されている、源義経が奉納したと伝わる豪華な「赤糸威大鎧(竹虎雀飾)」を所蔵しています。

あわせて、奈良県立美術館所蔵の腹巻も展示公開されます。

なお、このほど重要文化財から国宝に格上げされた「鼉(だ)太鼓」も国宝殿に展示されています。源頼朝の寄進と伝わります。

交通

最寄り駅: 近鉄 奈良線 近鉄奈良駅

東大寺 俊乗忌 重源上人坐像公開

とき: 7月5日(木) 11時頃~16時頃 法要後、開扉

俊乗房重源上人は、平重衡の焼き討ちにより壊滅的な被害に遭った東大寺を復興させました。

重源上人坐像(国宝)を本尊とする俊乗堂には、快慶作の阿弥陀如来立像(重文)、愛染明王坐像(重文)も安置されています。

お堂への入場制限がされる可能性がありますが、拝観可能です。

交通

最寄り駅: 近鉄 奈良線 近鉄奈良駅

不空院 地蔵盆夏祭り&こども将棋大会

とき: 7月24日(金・祝) 17時~20時30分
こども将棋大会・ろうそく献灯・護摩木奉納の受付は16時30分から

お地蔵さまの縁日に、かき氷、お餅つき、流しそうめん、コンサート、小学生の手作りお神輿奉納、花火大会など家族で楽しめます。

交通

最寄り駅: 近鉄 奈良線 近鉄奈良駅

喜光寺 弁天堂御神影宇賀神像 特別開扉

とき: 6月7日(日)~8月18日(火)

弁天堂にお祀りされている宇賀神像は、頭が老人、身体がとぐろを巻いた蛇の姿をしています。

財運円満・五穀豊穣のご利益があります。

毎年正月と夏(奈良・西ノ京ロータスロードの時期)に特別公開されています。

今年は夏季限定特別ご朱印「疫病退散銀印」が授与されます。
魔除けの赤い和紙に、銀色の宇賀神の印が押されています。

交通

最寄り駅: 近鉄 橿原線 尼ヶ辻駅

拝観の休止・制限をしている神社仏閣

東大寺
大仏殿の柱のくぐり抜けを停止
二月堂の正面の畳の間での参拝は不可
法華堂・四月堂・不動堂・念仏堂の拝観時間の変更: 8時30分~16時
戒壇堂は7月1日から保存修理および耐震工事に入るため3年間閉堂
工事中の3年間、戒壇院千手堂が特別公開されます。
東大寺ミュージアムは7月23日(木)に再開
戒壇堂の四天王立像を安置、公開されます。
興福寺
国宝館・東金堂の拝観時間を変更: 10時~15時45分(受付終了)
中金堂は拝観休止を継続
春日大社
本社の閉門時間を変更: 17時
春日荷茶屋は一部サービスを変更して営業
萬葉植物園は園内改修のため引き続き閉園(令和3年4月中旬まで)
元興寺
小子坊、法輪館2階・3階を拝観休止
法華寺
開閉門時間の変更: 8時30分~16時30分
海龍王寺
臨時休館日が設けられました。
不退寺
拝観時間の変更: 10時~16時
霊山寺
薬師湯殿の休業: 当面の間
唐招提寺
新宝蔵の拝観停止
薬師寺
混雑時は拝観が制限される可能性があります。
帯解寺
7月と8月の戌の日に本堂および待合室に入るのは、妊婦さん(ご本人)と同伴者1名のみに限られています。
ほかの付き添い者は車内もしくは境内の外で待機してください。
戌の日以外の参拝も、混雑の度合いによって制限がかけられるそうです。
正暦寺
拝観時間の変更: 9時~15時30分(受付終了)
人形供養などのご供養、各種祈願のご祈祷の受付は15時まで。

祭事や法要の変更・中止

例大祭や法要などの内容の変更・中止の情報です。

菅原天満宮 鷽替え神事
6月25日(木)
鷽替え神事は中止になりましたが、鷽お守り(1500円)は7月31日まで授与所にて授与されます。
興福寺 弁才天供
7月7日(火)
一般の参列は不可ですが外から見学が可能です。
開扉時間は法要終了後の11時~16時まで
薬師寺 弁才祭
7月7日(火)
僧侶のみで行なわれます。
崇道天皇社 夏祭
7月15日(日)
18時以降の催しは中止になりました。
神事のみ神職と役員で行なわれます。
法華寺 蓮華会式
7月17日(火)
一般の参列は17時からの茅の輪くぐりのみ可能です。
本堂内での法要への参列はできません。
今年は茅の輪粥のふるまいは中止になりました。
伝香寺 きせかえ法要
7月23日(木)
一般の参列は不可
帯解寺 帯解子安地蔵会式大法要
7月23日(木)・24日(金)
薬師寺 龍王祭
7月25日(土)
関係者のみで行なわれます。
東大寺 解除会
7月28日(火)
8月8日まで茅の輪くぐりができます。
東大寺 大仏さまお身拭い
8月7日(金)
東大寺 功徳日(およく)
8月9日(日)
福引きは中止、出店の規模縮小の予定
室内の万灯明の受付はあります。
二月堂への参拝は可能。
東大寺 大仏殿夜間拝観
8月13日(木)~14日(金)
拝観はできますが、入場制限される可能性があります。
野点席は中止になりました。
春日大社 中元万燈籠
8月15日(土)
8月14日は中止になりました。
閉門後に神事が行なわれます。一般の参拝はできません。
燈籠は回廊内の釣燈籠にのみ点灯されます。
東大寺 万灯供養会
8月15日(土)
拝観はできますが、入場制限される可能性があります。
万灯籠の設置は中止になりました。
元興寺 地蔵会万燈供養
8月23日(日)~24日(月)
地蔵盆法要の一般の参列は不可。
万燈供養のお参りは16時(点灯)~17時閉門まで
模擬店・子ども祭りは両日とも中止
24日の国宝禅堂での奉納演奏(音と光のマンダラ)も中止
薬師寺 地蔵盆
8月23日(日)
僧侶のみで行なわれます。
東大寺 十七夜
9月27日(日)
室内の万灯明の受付のみ行なわれます。
盆踊り・万灯籠の設置は中止になりました。

特別拝観の中止情報

中止になってしまった特別拝観です。

奈良・西ノ京ロータスロード 〜蓮と歴史を楽しむ旅〜
6月12日(金)~8月16日(日)
興福寺 東金堂・国宝館 夏の夜間拝観
8月5日(水)~14日(金)
薬師寺 玄奘三蔵院伽藍 大唐西域壁画殿特別公開
8月13日(木)~15日(土)
薬師寺 西塔初層内陣 釈迦四相像 特別公開
8月13日(木)~15日(土)
薬師寺 国宝 東塔初層内陣特別公開
5月1日(金)~2021年1月17日(日)
延期になりました。日程未定

Posted by 管理人めぶき