奈良市 2021年5月 社寺の特別拝観・行事と、中止・変更情報

奈良・仏閣,奈良・特別拝観,奈良・神社,奈良・行事と祭り

奈良市内の社寺の2021年5月(ゴールデンウィークより後)の特別拝観と、行事の変更・中止情報を掲載します。

各社寺の公式サイトと「奈良市観光協会サイト」からの情報です。

奈良市の社寺の春の特別公開・特別拝観

発表されている日程や内容が、急遽変更される可能性があります。
お参りの前に、再度公式サイトなどで確認してください。

興福寺 北円堂特別公開

とき: 公開中 5月9日(日)まで 9時~16時45分(受付終了)

西国三十三所草創1300年記念事業による特別拝観です。

運慶作の弥勒如来坐像(国宝)、木造無著・世親菩薩立像(国宝)などが公開されます。

北円堂(国宝)は、元明天皇と元正天皇が藤原不比等の菩提を弔うために創建しました。

法相宗大本山 興福寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 近鉄 奈良線 近鉄奈良駅

春日大社国宝殿 春・夏季特別展「絵解き! 春日美術」

とき: 前期4月10日(土)~6月20日(日)
後期6月22日(火)~8月29日(日) 10時~16時30分(受付終了)

春日大社に奉納された数々の絵巻物や工芸品などが、解説とともに展示公開されます。

鎌倉時代の後期に宮廷の絵師の高階隆兼が描いて奉納した「春日権現験記」や、江戸時代の「春日若宮御祭礼絵巻物」、「鹿座神影図」(前期のみ)、「若宮御料古神宝類 銀琴」(国宝 後期のみ)など。

世界遺産 春日大社国宝殿 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 近鉄 奈良線 近鉄奈良駅

璉珹寺 特別拝観

とき: 5月31日(月)まで 9時~17時

光明皇后がモデルとされる、裸形で袴をはいたご本尊の阿弥陀如来立像(県指定文化財)や、脇侍の木造観音菩薩立像(重文)と木造勢至菩薩立像(重文)が公開されます。

公式サイトはないので璉珹寺|奈良県観光[公式サイト] あをによし なら旅ネット をご覧ください。
交通

最寄り駅: 近鉄 奈良線 近鉄奈良駅

不空院 春の特別拝観

とき: 5月9日(日)まで 9時~16時30分

奈良の元林院の芸妓たちから美と長寿・芸事の精進の祈願をされた弁財天女をお祀りし、女性の縁切り・縁結び、「かけこみ寺」になるなど女性救済のお寺として信仰されています。

本堂のご本尊の不空羂索観音菩薩坐像には、特別拝観期間のみお参りすることができます。
東大寺の法華堂、興福寺の南円堂と並んで「三不空羂索観音」と呼ばれます。

秘仏の宇賀弁財天女も特別公開されます。

縁切り寺 南都春日山 不空院 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 近鉄 奈良線 近鉄奈良駅

法華寺 国史跡名勝庭園特別公開

とき: 公開中 6月10日(木)まで 8時30分~16時

名勝庭園は仙洞御所から移されたと伝わります。

カキツバタの見事なお庭ですが、今年は護岸工事と発掘調査のため、カキツバタの数が減少しています。

法華寺 慈光殿特別公開

とき: 公開中 6月10日(木)まで 8時30分~16時

10年前に修復された「七草絵巻」などが公開されます。
会期中何度か展示の入れ替えあり。

横笛堂ご本尊の阿弥陀如来立像、宝山寺の湛海作の厨子入り「不動明王像」、法華寺古瓦などの往時の法華寺を語る資料などは常設で展示公開されています。

交通

最寄り駅: 近鉄 奈良線 新大宮駅

不退寺 春期寺宝特別公開

とき: 公開中 5月31日(月)まで 9時~16時30分

在原業平画像、伊勢物語・こけら経、多宝塔心柱など、ふだんは拝観できない寺宝が公開されます。

今春は江戸時代の弘法大師坐像が特別公開されます。

五大明王が5体そろっているのは、奈良では珍しいことだそうです。
(しかし、現在は不動明王と金剛夜叉明王が修理のため、お留守です。
春の特別公開終了後に戻ってこられる予定で、6月から交代で大威徳明王・軍荼利明王・降三世明王が留守にされます。)

5月28日(金)は業平忌の法要があり、多宝塔が特別公開されます。

交通

最寄り駅: 近鉄 奈良線 新大宮駅

海龍王寺 十一面観音特別開帳(初夏)

とき: 5月9日(日)まで 9時~17時(閉門)

ご本尊の十一面観音菩薩立像(重文)と、弘法大師筆「隅寺心経」(市指定文化財)、光明皇后筆「自在王菩薩経」などの寺宝が公開されます。

交通

最寄り駅: 近鉄 奈良線 新大宮駅

般若寺 白鳳秘仏特別拝観

とき: 5月10日(月)まで 9時~15時30分

秘仏の白鳳阿弥陀如来立像(重文)は、聖武天皇が平城京の鬼門鎮護のために十三重石宝塔(重文)に納めたと伝わります。

その阿弥陀仏の胎内仏三尊である地蔵菩薩立像・大日如来像・十一面観世音菩薩像(すべて重文)や、十三重石宝塔に納められていた経典・舎利塔などが公開されます。

交通

JR 奈良駅西口から近鉄奈良駅経由 奈良交通バス 「般若寺」下車

  • 27、81、118系統「青山住宅行き」
  • 153、154系統「州見台八丁目行き」

西大寺参拝者ご案内企画Ⅵ
お坊さんの案内で巡る「西大寺のみ仏たち」

実施日:
前半 5月1日(土)~5日(水・祝)、8日(土)、9日(日)
後半 5月16日(日)、23日(日)、30日(日)

時間: 14時~ (所要時間 1時間)

前半の7日間は、四王堂にておつとめ(勤行)の体験ののち、お坊さん(日替わりです)の解説付きで仏さまにお参りし、聚宝館にて「国宝 金銅透彫舎利塔」などを拝観します。
諸堂拝観共通券(本堂・愛染堂・四王堂・聚宝館 1000円)を購入のうえ、四王堂に集合してください。

後半の3日間は、四王堂にておつとめ(勤行)の体験ののち、お坊さん(日替わりです)の称徳天皇の創建のお話しを聞き、仏さまにお参りします。
諸堂拝観共通券(本堂・愛染堂・四王堂 800円)を購入のうえ、四王堂に集合してください。

西大寺 聚宝館特別公開

とき: 5月10日(月)まで 9時~16時30分

今回は奈良国立博物館から一時的に里帰りされた、鎌倉時代の彫金工芸の代表作といわれる「国宝 金銅透彫舎利塔」と、天平時代の塔本四仏坐像(重文)、平安時代の吉祥天女立像(重文)などが公開されます。

また、京都太子堂の聖徳太子二才像(重文)が特別公開されます。

真言律宗総本山 西大寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 近鉄 奈良線 ・ 京都線 ・ 橿原線 大和西大寺駅

薬師寺 国宝東塔 初層特別開扉

とき: 開催中 2022年1月16日(日)まで 8時30分~16時30分(受付終了)

国宝東塔は2009年7月から解体修理に入り、2020年4月に落慶しましたが、社会情勢により落慶法要と一般公開が延期されてきました。

このほど、落慶法要は未定ですが、一般公開が行なわれることになりました。
内部に入ることはできず、基壇上からの拝観です。

特別ご朱印「釈迦如来」の授与があります。300円 書き置きのみ

同期間、他の特別拝観も合わせて行なわれます。

国宝東塔水煙 特別公開

西僧坊にて
1300年前の創建時の東塔の水煙です。
平成の解体大修理にて役目を終え、塔のてっぺんから地上に降りてきました。

食堂 特別公開

田渕俊夫画伯作の、ご本尊阿弥陀三尊浄土図を中心にした14面の壁画に荘厳された食堂(じきどう)内部が公開されます。

玄奘三蔵院伽藍 大唐西域壁画殿特別公開

法相宗の始祖の玄奘三蔵を祀る玄奘三蔵院伽藍と、平山郁夫画伯筆の「大唐西域壁画」を祀る大唐西域壁画殿が公開されます。

西塔初層内陣 釈迦四相像 特別公開

彫刻家の中村晋也氏から奉納された西塔初層の釈迦八相のうち、お釈迦さまが悟りを開かれた後半四相が公開されます。

世界遺産 法相宗大本山 薬師寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

最寄り駅: 近鉄 橿原線 西ノ京駅

正暦寺 春季特別公開

とき: 公開中 5月8日(土)まで 9時~15時30分

ご本尊で秘仏の薬師如来倚像(重文)が、瑠璃殿でほかの寺宝とともに拝観できます。

菩提山真言宗大本山 正暦寺 のサイトへはこちらからどうぞ
交通

JR 奈良駅・天理駅 または 近鉄 奈良駅・天理駅からタクシー

拝観の休止・制限をしている神社仏閣

東大寺
大仏殿の柱のくぐり抜け、賓頭盧尊者の接触を停止
二月堂の正面の畳の間での参拝は不可
法華堂・四月堂・不動堂・念仏堂の拝観時間の変更: 8時30分~16時
戒壇堂は2020年7月1日から保存修理および耐震工事に入っているため、3年間閉堂。
工事中の3年間、戒壇院千手堂が特別公開されます。
興福寺
1月8日から中金堂の拝観休止
勧進所での朱印授与を休止
無料休憩所売店の休業:当面の間
春日大社
本社の閉門時間を変更: 17時
元興寺
小子坊、法輪館2階・3階を拝観休止
法華寺
開閉門時間の変更: 8時30分~16時30分
特別拝観の期間中の「お庭のみ」の拝観を休止
休止日: 3月1日~14日、3月20日~6月10日、10月25日~11月10日、奈良国立博物館にて「正倉院展」の開催期間
海龍王寺
臨時休観日が設けられました。
不退寺
拝観時間の変更: 10時~16時
霊山寺
薬師湯殿の営業時間を短縮: 10時30分~16時
薬師寺
混雑時は拝観が制限される可能性があります。
大安寺
ご祈祷で入堂する人数を制限しています。
帯解寺
5月と6月の戌の日に本堂および待合室に入るのは、妊婦さん(ご本人)と同伴者1名のみに限られています。
ほかの付き添い者は自家用車内もしくは境内の外で待機してください。
戌の日以外の参拝も、混雑の度合いによって制限がかけられるそうです。
正暦寺
拝観時間の変更: 9時~15時30分(受付終了)
人形供養などのご供養、各種祈願のご祈祷の受付は15時まで。

祭事や法要の変更・中止

例大祭や法要などの内容の変更・中止の情報です。

史跡頭塔 浮彫石仏特別公開
4月29日(木・祝)~5月9日(日)
中止になりました。
元興寺 灌仏会
5月8日(土)
甘茶のふるまいは中止になりました。
霊山寺 薔薇会式・えとまつり
5月16日(日)
行列は中止になりました。
唐招提寺 中興忌梵網会(うちわまき)
5月19日(水)
舞楽奉納は、規模を縮小して堂内で行なわれます。
参拝者へのうちわまきは中止とし、関係者で行なわれることになりました。
「魔除けの宝扇」の抽選は中止です。
覚盛上人坐像の特別ご開帳は、中興堂の堂外から拝観できます。
薪御能
5月21日(金)~22日(土)
春日大社・興福寺にて、関係者のみで非公開で行なわれることになりました。
春日大社 若宮神社御本殿・内院 特別公開
5月23日(日)~6月6日(日)
延期になりました。
率川神社 三枝祭(ゆりまつり)
6月17日(木)
一般の参列が中止になりました。
関係者のみで行なわれます。