6月の奈良の特別公開

2007年6月5日奈良・仏閣, 奈良・特別拝観

奈良の6月の秘仏・秘宝の特別公開を集めました。
6月5日現在すでに終了しているものは省いています。

唐招提寺 開山忌 鑑真和上坐像・御影堂障壁画 特別開扉
6月2日(土)から6月10日(日)まで
毎年、御影堂は鑑真和上の開山忌(6月6日)をはさんだ5日から7日の3日間のみのご開扉でした。
今年は金堂の三尊、盧舎那仏坐像・薬師如来立像・千手観音立像がお揃いで静養中の仏像修理所も公開されることに伴い、9日間の公開になりました。
法華寺 国宝十一面観音像特別開扉(夏)
6月5日(火)から6月8日(金)まで
年3回おこなわれる、秘仏の方のご本尊のご開扉です。
秋篠寺 大元帥明王像特別開扉
6月6日(水)
年1回、この日だけのご開扉です。
大元帥明王の出現された閼伽井も公開されます。
法隆寺 法隆寺秘宝展(春)
3月20日(火)から6月30日(土)まで
春と秋の2回、大宝蔵殿が公開されています。

6月6日に法華寺と秋篠寺と唐招提寺をあわせてお参りすると、効率がいいです。
平城宮の西と東と南端なのでちょっとハードではありますが。

Posted by 管理人めぶき