京都 春の特別公開2015(左京区)

京都・特別拝観

2015年、左京区の社寺の春の特別展や特別公開です。
各社寺の公式サイトと「きょうと情報版」からの情報です。

京都春季非公開文化財特別公開

下鴨神社
4月29日(水・祝)から5月10日(日) 9時から16時まで
本殿(国宝)・大炊殿(重文)・三井神社(重文)など。
本殿の東本殿には育児の神さまの玉依媛命、西本殿には国家安泰の賀茂建角身命が祀られています。
檀王法林寺
4月29日(水・祝)から5月10日(日) 9時から16時まで
「日吉山王祭礼図」(重文)、岸駒筆「龍虎図」、川北霞峰筆「阿蘇山望図」ほか。
昨年秋の「京都浄土宗寺院 特別大公開」に続いての公開です。
今回は重文の「日吉山王祭礼図」が初公開です。
日吉大社の大祭のうち「榊の神事」と「船祭」が描かれています。
日本最古の招き猫の伝承を持つ寺で、「招き猫刺繍お守り」や「猫みくじつき 招福猫飴」が授与されます。
金戒光明寺 山門
4月29日(水・祝)から5月10日(日) 9時から16時まで
山門二層内部、「蟠龍図」ほか。
山門は万延元年(1860年)の完成。
正長元年(1428年)に後小松天皇から賜わった「浄土真宗最初門」の勅額がかかげられています。
平成25年に修復工事が終了しました。

特別展と特別公開

安楽寺 春の特別公開
桜…4月4日(土)、5日(日)
つつじ…4月25日(土)、26日(日)、29日(水・祝)、5月2日(土)から6日(水・休)
さつき…5月23日(土)、24日(日)、30日(土)、31日(日)、6月6日(土)
いずれも9時30分から16時30分まで
花の時期に合わせての公開です。30分おきに本堂でお寺の歴史についての説明があります。
法然院 春季 伽藍内特別公開
4月1日(水)から7日(火) 9時30分から16時まで
中庭の三銘椿など境内の椿が見頃の時期です。
方丈の襖絵や、大書院の龍の襖絵も公開されます。
霊鑑寺 春の文化財特別拝観
3月28日(土)から4月12日(日) 10時から16時まで
谷御所または鹿ヶ谷比丘尼(びくに)御所と呼ばれる、ふだんは非公開の尼寺です。
杉苔に覆われた池泉観賞式庭園には、後水尾上皇遺愛の樹齢400年の日光(じっこう)椿や散椿、白牡丹椿、舞鶴椿などが咲いています。
(京都市観光協会のサイトからの情報です。)
得浄明院 戒壇めぐりと一初(いちはつ)鑑賞会
4月29日(水・祝)から5月13日(水)まで
一初(いちはつ)はアヤメ科の花で、4月から5月に花をつけます。
三千院 不動大祭 秘仏金色不動尊御開扉
4月19日(日)から5月17日(日)
お不動さまの縁日にあたる4月28日を中心にしたこの期間に、秘仏 金色不動明王が公開されます。
ちょうど花の盛りの頃、「草木供養法要」では声明が唱えられます。
5月3日(日)から16日(土)の期間は、子ども福引きがあります。
勝林院・宝泉院 春の夜灯り
4月25日(土)から5月6日(水・休) 18時から20時30分(受付終了)
新緑の庭園が夜間拝観・ライトアップされます。
聖護院 特別展 「聖護院門跡の名宝 -修験道と華麗なる障壁画」
3月21日(土・祝)から5月10日(日) 10時から16時30分まで
月曜休館(4月27日・5月4日は開館)
龍谷大学 龍谷ミュージアムにて
増贈大僧正900年遠忌を記念して、聖護院と本山修験宗をテーマとした展覧会です。
平安時代のご本尊木造不動明王立像、狩野益信・永納の障壁画などが展示されます。
京都文化博物館では「聖護院門跡の名宝ー門跡と山伏の歴史ー」が同時開催されます。
古文書(ほとんどが寺外初公開)・絵図・山伏の道具などが公開されます。
銀閣寺 春の特別拝観 「東山文化の原点 国宝東求堂」
3月14日(土)から5月6日(水・休) 10時から15時30分
本堂、東求堂(国宝)書斎の同仁斎、弄清亭(ろうせいてい)、襖絵などが公開されます。
(安楽寺、法然院、銀閣寺の情報追加 勝林院・宝泉院を追加しました 2015年3月6日 )

Posted by 管理人めぶき