京都 秋の特別公開2010 (洛西)

2010年9月4日京都・特別拝観

2010年秋の各社寺の特別展や特別公開を、洛西(右京区、長岡京市)のみでまとめました。

第46回京都非公開文化財特別公開

佛教大学宗教文化ミュージアム 清浄華院特別展 「『太平記』の時代と清浄華院」
10月30日(土)から11月6日(土)まで
大涅槃図、狩野永納筆泣不動縁起、秋葉権現立像など
清浄華院は清和天皇の勅願による禁裏御内道場で、法然上人二十五霊場の一つ。
浄土宗系の佛教大学が寺宝を調査、発表しています。

特別展と特別公開

大覚寺 特別名宝展 旧嵯峨御所 大覚寺の名宝
10月1日(金)から12月5日(日)まで
鎌倉から室町期作の「五大明王像」、狩野派の障壁画などが公開されます。
仁和寺 霊宝館秋季名宝展
10月1日(金)から11月23日(火・祝)まで
孔雀明王像(国宝)、阿弥陀三尊像(国宝)など多数の寺宝が公開されます。
直指庵 秋の特別行事
11月20日(土)から12月5日(日)まで
拝観された方々が想いを綴った「想い出草」ノートの公開、寺宝の展示など
清凉寺霊宝館 秋期特別公開
10月1日(金)から11月30日(火)まで
通称「嵯峨釈迦堂」
ここは源 融の別荘「栖霞観」があった場所で、霊宝館には棲霞寺の本尊の阿弥陀三尊像(国宝)、本尊釈迦如来像胎内納品(国宝)、阿弥陀三尊像(国宝)などが公開されます。
弘源寺 秋の特別拝観
10月2日(土)から12月5日(日)まで
天龍寺塔頭
虎嘯の庭や、竹内栖鳳とその一門(上村松園・西山翠嶂・徳岡神泉ほか)などの日本画が公開されます。
宝厳院 秋の特別拝観
10月2日(土)から12月5(日)まで
天龍寺塔頭
獅子吼の庭や、書院、茶室などが公開されます。
平岡八幡宮 「花の天井」特別拝観
9月17日(金)から11月30日(火)まで ただし10月3日(日)・10日(日)は休み
内陣の天井に極彩色の花絵44面が描かれ、「花の天井」と呼ばれています。
神職による説明と大福茶の接待があります。
神護寺 大師堂特別拝観 板彫弘法大師像
11月1日(月)から11月15日(月)まで
木像ではなくて、1枚のヒノキの板に彫られた弘法大師像です。
光明寺 紅葉の特別入山
11月12日(金)から12月6日(月)まで
法然上人が初めて道場を開いた場所です。また上人の入寂後、最初に葬られた大谷の吉水から、迫害を逃れて最後に光明寺で埋葬されました。

Posted by 管理人めぶき