老舗の風格ただよう 京都手帖2019

京都・その他

京都手帖は今年で13年目

今年で13年目を迎えた光村推古書院の「京都手帖 2019」

この秋はA5判の「京都手帖+」の販売はありませんが、B6判の従来のものは相変わらず元気です。

今年も京都限定版と全国版があります

光村推古書院の京都手帖2019の表紙の写真

写真は京都限定版です。
京都限定版は表紙のデザインが違うだけで、中身は全国版と同じです。

京都府下の書店で販売されています。

表紙カバーやマンスリーページなどのデザインをされた、木版画の竹笹堂さんのサイトからも購入できます。

京都の手帳界を牽引してきました

2005年、京都の手帳の先駆けとして、「京都手帖」が発売されました。

以降、数社が京都の手帳を発売しましたが、2018年の秋はこの「京都手帖」ともう1社だけになってしまいました。

題材が一緒なんですから、差別化・個性化できないと難しいですよね。

京都手帖に砂浜の写真が載ってる!?

「京都手帖」は初めに作ったスタイルを、大きく変えてはいません。

しかし、毎年少しずつ、変わっています。

2019年の「京都手帖」に、なんと、海水浴の情報が載りました。

天橋立海水浴場、琴引浜掛津海水浴場など日本海の14カ所の海水浴場が載っています。

グッズ情報は微減

また、2019年版はお土産・お買い物の情報とグルメ情報が減りました。

その分、宿泊できるお寺とか、神社の祭りのお神輿とか、国宝の仏像など神社寺院関連の特集が増えました。

8月16日の書き込みスペースが広くなりました

記入部分も、少し変わっています。

毎年購入すると、行事がとても多い8月16日を真っ先にチェックしているのですが、なんか2019年版は広くなったような気がします。

計ってみると、空白部分の高さが2017年版は7ミリ、2018年は9ミリ、2019年は13ミリ。

2017年は7日間すべて高さが均等でした。

2018年からその日の行事情報量に応じて1日のサイズを変え、情報のフォントも小さくなりました。

そして、2019年版でとうとう、13ミリものスペースを確保されました。

光村推古書院の京都手帖2017と2019の比較写真

8月16日以外の、行事情報が4行におよぶ日も、最低でも10ミリは確保しています。

1ヶ月ごとに完結します

ウイークリーページは、月曜始まりで見開き2週間です。

これも2019年版の変更点ですが、週の途中で月が始まったり終わったりした場合、前の月と次の月にあたる日付が印字されていません。

たとえば、2月1日は金曜日なので、2月の始まりは木曜まで空欄。

光村推古書院の京都手帖2019の2月第1週の写真

2月28日は木曜なので、金・土・日曜は空欄。

光村推古書院の京都手帖2019の2月最終週の写真

ここに、1日分で書き切れなかった事柄の続きや、次の月への引き継ぎ事項などを書くことができますね。

元号はありません

光村推古書院の京都手帖2019のマンスリー欄の写真
上部に竹笹堂さんの版画絵が載っているマンスリーページに、大きな変更はありません。

毎年、西暦と元号が併記されていたのですが、2019年版は西暦だけになっています。

市バス路線図には市バスだけ

「主要市バス路線図」から、京都バスとJRバスがなくなりました。

近頃の京都はバスの中と道路が大混雑していて、時刻表通りにバスが来ない・予定通りに移動できないことが増えています。

バスを利用するさいは、各ガイドブックやアプリを臨機応変で参照した方がいいですね。

データコーナーは、微変化

巻末の「社寺データ」の件数が、今年も増えています。

地図は変更ありません。

老舗の風格漂う「京都手帖」

京都と、この手帳のリピーターにおすすめです。

変わっていないようで実は変わっている。

老舗の店のようなあじわいを醸し出し始めた、「京都手帖」です。

Posted by 管理人めぶき