2月11日の神社の行事 京都・奈良

2012年2月10日京都・神社, 京都・行事と祭り, 奈良・神社, 奈良・行事と祭り

2月11日は「建国記念の日」です。

明治5(1872)年、『日本書紀』で1月1日となっている神武天皇の即位の日が、太陽暦に換算して「紀元節」とされ、祝日として定められました。

はじめ、紀元節は1月29日と制定されましたが、翌年に2月11日に改められました。

戦後廃止されましたが、昭和41(1966)年に「建国記念の日」となりました。

昭和に入ってからの再制定のときも何月何日にするか議論され、内閣の審議会での多数決で2月11日となりました。

この日は「建国をしのび、国を愛する心を養う」日と定められています。

2月11日に、「紀元祭」を斎行して、国の安泰と繁栄を祈念する神社が多くあります。
一般の参列ができるかできないかは神社ごとに違うようです。

また、この日に農耕にまつわる春の行事を行なう神社もあります。
農業は国の礎なので、豊作を予祝することは国の繁栄を祈願することとつながります。

そこで、サイトの年間行事の2月11日の欄に何かを書かれている神社を、一挙に並べます。

京都

愛宕神社 建国記念祭
新日吉神宮 建国紀元祭
今宮神社 紀元祭
7時から
梅宮大社 甘酒祭
9時30分から16時30分まで
酒造会社から奉納された酒粕を、甘酒にして神前に供え、酒造業の安全繁栄と氏子崇敬者が無事冬を越えられるように祈願します。
甘酒の無料接待があります。
折上稲荷神社 初午祭
花山稲荷神社 初午祭
農耕を始める前に稲荷大神のご神威をあおいで、五穀豊穣を祈願します。
参拝者に竹ういろう(1本200円)が授与されます。
上賀茂神社 紀元祭
10時から
参列の申し込みは祭事の30分前までに、服装は神さまに失礼でないもの(スーツ・上着着用など)を着用してください。
初穂料3000円
貴船神社 紀元祭
10時から
建勲神社 紀元祭
護王神社 紀元祭
御霊神社 紀元祭
下鴨神社 紀元祭
下御霊神社 氏子餅つき祭
建国を記念し、寒餅を奉納します。
10時から11時
ぜんざい・御神酒のふるまいがあります(なくなり次第終了です)
城南宮 七草粥の日
10時から16時まで
七草を神前にお供えして無病息災を祈願し、参拝者には七草粥がふるまわれます(1膳500円)。
旧暦一月七日に近い2月11日に行なわれています。
白峯神宮 紀元祭
乃木神社 紀元祭
11時から
八大神社 建国記念日祭
平野神社 紀元祭
10時から
藤森神社 紀元祭
平安神宮 紀元祭
10時から
応天門南西側の「建国記念之碑」前で記念式典が行なわれます。
松尾大社 紀元祭
10時から
三宅八幡宮 建国記念祭
八坂神社 紀元祭
10時から
吉田神社 紀元祭
10時から

奈良

石上神宮 紀元祭
8時から
参列可能
大神神社 紀元祭
9時から
参列可能
橿原神宮 紀元祭
11時から
橿原神宮最大のお祭りです。
勅使参向のもと、皇室より御幣物が奉献されます。
祭典後、奈良県銃剣道大会をはじめとする各武道の奉祝行事が行なわれます。
参列には事前に申し込みが必要です。
春日大社 紀元祭
10時から
拝観不可
墨坂神社 祈年祭
今年の五穀豊穣を祈願します。
談山神社 紀元祭
9時から
丹生川上神社(中社) 紀元祭
10時から
廣瀬大社 砂かけ祭
五穀豊穣、降雨、厄除けを祈願するお田植え祭です。
激しく砂を掛け合うため、万全の防御をして参拝して下さい。
11時から殿上の儀、14時から砂を掛け合う庭上の儀です。
砂かけののち、田植えが済むと松苗と田餅がまかれます。
松苗は玄関口に刺すと、厄除けになります。
田餅は食べると、1年間無病息災で過ごせます。
笛吹神社 祈年祭・御田植祭(おんだまつり)
13時から
祈年祭の斎行後、擬似的に田植えをする「御田植の神事」の次に、お供えされていた餅を撒く「御供撒き」が行なわれます。
この餅の中には「福くじ餅」があります。
村屋神社 祈年祭・御田祭り(おんだまつり)
11時から 豊穣と国家国民の弥栄を祈る祈年祭が行なわれます。
16時から 神主が田起し・畦こね・田植えをし、巫女が舞を奉納して、餅まきをする御田祭が行なわれます。
( 2019年版に修正しました 2019年1月25日 )

Posted by 管理人めぶき