素麺、2018年は「中値」

奈良・行事と祭り

2月5日に、三輪そうめんの今年の初取引の卸値を神前占いで決める、大神神社の伝統神事「卜定祭」が行なわれました。

生産業者と卸業者とであらかじめ価格を決め、神職が「高値」「中値」「安値」と書かれた紙玉約20枚を台にのせ、1枚ずつ麻の束を当て、引き寄せられた紙をご神意として選びます。

その結果、今年は「中値」(18キロで1万900円)と決まりました。

昨年よりも100円高くなりました。

今年の冬は寒い日が続き、いいそうめんができるそうです。
おいしいそうめんを食べて、暑さを乗り切れと三輪の神さまが配慮してくださったのでしょう。

Posted by 管理人めぶき