2018年台風21号 奈良県の神社仏閣の被害まとめ

奈良・仏閣, 奈良・神社

台風21号により被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

自然の猛威により、大きな被害を受けられた神社や寺院があります。

この記事の前半は、奈良県教育委員会文化財保存課発表の情報に基づく、被害の一部のまとめです。(9月8日現在)

後半は、各神社仏閣が公表された被害状況です。どこもみな、すぐに拝観可能になっています。(9月11日追記)

お参りされる方はくれぐれも最新の情報をご確認ください。

台風21号の被害状況 奈良県教育委員会文化財保存課発表分

春日大社(奈良市)

被害: 着到殿(重文)・板蔵(重文)が倒木により破損など

現在: 拝観可能。
ただし、下の祢宜道(ささやきの小径)の通行不可、若宮十五社めぐりの受付休止、萬葉植物園は9月15日まで休園。

西大寺(奈良市)

被害: 愛染堂裏で倒木、茶室「六窓庵」破損

法華寺(奈良市)

被害: 浴室(からふろ)(重文)の扁額「浴室」が落下し枠がずれた。

杵築神社(大和郡山市)

被害: 本殿(県指定)の檜皮葺の屋根がめくれる

談山神社(桜井市)

被害: 神廟拝所(重文)の軒下の基礎が破損、西透廊(重文)の屋根が倒木により破損、末社惣社本殿附瑞垣(重文)の彫刻の一部が落下、拝殿の天井が雨漏り

法隆寺(斑鳩町)

被害: 金堂(国宝)と五重塔(国宝)に吊り下げられていた風鐸の舌が落下

金峯山寺(斑鳩町)

被害: 本堂の銅鳥居(重文)のくさびが抜け、くさびにかぶせていた銅板が落下。
停電とそれによる電話不通

現在: 電気と電話復旧。

台風21号の被害状況 各神社仏閣による発表分

海龍王寺(奈良市)

被害: 倒木、屋根の破損など

現在: 拝観可能

般若寺(奈良市)

被害: 倒木、建物の破損など

現在: 拝観可能
開花前のため心配されていたコスモスは無事でした。早い品種「美色混合」はもう花を開きはじめたそうです。

喜光寺(奈良市)

被害: 倒木

現在: 拝観可能

大和神社(天理市)

被害: 倒木

現在: 拝観可能

長谷寺(桜井市)

被害: 倒木、屋根の破損

現在: 拝観可能

鹿嶋神社(香芝市)

被害: 倒木

現在: 拝観可能

如意輪寺(吉野町)

被害: 倒木、建物の破損

現在: 拝観可能

岡寺(明日香村)

被害: 電話回線の不通

現在: 回復しました。拝観可能

天河大辨財天社(天川村)

被害: 倒木により五社殿の千木が一部破損

現在: 拝観可能

奈良公園の鹿は無事です

奈良公園の鹿たちは野生動物なので、自分で判断してどこかに待避していたのでしょう、とのことです。

(各神社仏閣による発表分を追記しました 2018年9月11日)

Posted by 管理人めぶき