奈良 特別拝観と夜の催し 2016年8月

奈良・特別拝観, 奈良・行事と祭り

奈良の夏の夜を彩る催しと、社寺の特別拝観を集めました。

各運営団体・社寺の公式サイトと、「あをによし なら旅ネット」からの情報です。

ライトアップイベント

ライトアッププロムナード・なら2016
7月16日(土)から9月25日(日)まで
点灯時間 19時から22時 (9月は18時から22時)
ライトアップスポット
● 興福寺 五重塔
● 猿沢池
● 春日大社 一之鳥居
● 薬師寺
● 浮見堂
● 奈良国立博物館なら仏像館(本館)
● 仏教美術資料研究センター
● 朱雀門(平城宮跡)
● 東大寺(大仏殿、中門、南大門、鏡池)
● 第一次大極殿(平城宮跡)
浴衣で奈良を散策後、プロのカメラマンに記念撮影してもらえます。
7月16日(土)から8月28日(日)の土・日・祝日。
参加者のなかから抽選で、奈良春日野国際フォーラム甍にあるイタリアレストラン「リストランテ オルケストラータ」のランチ招待券が当たります。
くわしくは「ライトアップなら」公式Facebookを参照のこと。

なら燈花会
8月5日(金)から14日(日)まで
点灯時間 19時から21時45分
会場
● 浮雲園地
● 浅茅ヶ原
● 浮見堂
● 猿沢池
● 奈良春日野国際フォーラム甍
● 興福寺(18時30分から20時30分まで)
● 奈良国立博物館前
● 東大寺(8月13・14日のみ実施)
● 春日大社(8月14日のみ実施)
● 春日野園地
期間中、「なら燈花会ほのあかりライブ」が開かれます。
街並納涼桜燈火(吉野山)
8月13日(土)・14日(日) 19時から21時まで
銅鳥居と仁王門に燈火器が設置され、吉野山一帯が行灯で照らし出されます。
町並みライトアップ 宇陀松山夢街道
8月25日(木)から27日(土) 18時から21時
宇陀市大宇陀松山重伝建地区の町並みを照らします。
平城京天平祭・夏2016
8月26日(金)から28日(日)まで
点灯時間 17時30分から21時(飲食・物販は16時から21時)
「光の天平行列」は、今年から七夕をテーマにした「天平七夕行列」に変わります。雨天中止。
あわせて第一次大極殿前で燈火会、夏の夜市が行なわれます。

飛鳥 光の回廊2016~四神降臨~
8月27日(土)・28日(日)
点灯時間 18時30分から21時まで(予定)
キトラ古墳の壁画に描かれている四神をテーマにして、明日香村一帯を灯りで照らします。
あわせて奈良フードフェスティバル「C’festa(シェフェスタ)」が行なわれます。11時から石舞台エリアにて。

夜間の特別拝観

興福寺国宝館 夜間拝観
7月16日(土)、17日(日)、8月19日(金)、20日(土)、26日(金)、27日(土)、28日(日)、29日(月) 9時から18時45分まで
「ライトアッププロムナード・なら」と同時開催です。
壺阪寺 夏の特別拝観-ライトアップ夜間拝観
8月6日(土)から28日(日)の土・日曜のみ 18時から20時まで
東大寺大仏殿 夜間拝観
8月13日(土)、14日(日) 19時から21時まで
「ライトアッププロムナード・なら」と同時開催で、大仏殿の入堂料が無料です。
談山神社 献燈祭
8月14日(日) 17時30分から
祖霊の供養のため、拝殿や境内の灯籠にいっせいに灯りがともります。
春日大社 中元万燈籠
8月14日(日)、15日(月)
19時頃から点灯、閉門は21時30分の予定
14日には舞楽、15日には神楽が奉納され、春日大社の全灯籠に灯りがともります。
回廊内特別参拝は500円です。
東大寺大仏殿 万灯供養会
8月15日(月) 19時から22時まで
大仏殿の周りに約2500基の灯籠が並べられます。
またこの時間は大仏殿正面の観相窓が開いて、大仏さまのお顔を拝見できます。
霊山寺 地蔵盆 盆踊り花火大会
8月22日(月)
19時頃から 江州音頭の音頭取りさんを迎えて盆踊り
20時から花火が約300発打ち上げられます。
元興寺 地蔵会
8月23日(火)こども祭り 18時から模擬店(屋台)、19時からこどもの広場
24日(水)18時から奉納演奏、19時から特別法要「音と光のマンダラ」
境内の石仏の周りに灯明皿が献灯されます。
両日17時から極楽堂(国宝)にて、地蔵尊法要。

昼間の特別拝観

五劫院 五劫思惟阿弥陀仏坐像特別開扉
8月1日(月)から12日(金) 9時から15時まで
東大寺を再興した、重源上人が宋から請来したと伝わる、ご本尊の五劫思椎阿弥陀仏坐像(重文)が特別開扉されます。
大神神社 七夕祭
8月7日(日) 14時から
子供たちが参加しやすいように、月遅れで行なわれます。
8月1日から拝殿前に笹が立てられ、短冊に願い事を書くことができます。
神事のあと、15時から大礼記念館2階大広間にてアニメ映画が上映され、金魚すくいなどもできます。
天河大辨財天社 七夕祭
8月9日(火) 14時から
旧暦七月七日に行なわれます。
以前は灯籠を天の川に流していましたが、平成23年の豪雨災害以降、七夕供養燈花(清水にろうそくを浮かべたカップ)を神社周辺に並べています。
七夕供養燈花献灯は18時30分から21時過ぎまで。
唐招提寺 地蔵盆
8月23日(火)、24日(水) 8時30分から16時30分まで
地蔵盆の日に、弘法大師の作と伝わる秘仏の地蔵菩薩立像(重文)が特別開帳され、地蔵堂内が特別公開されます。
聖林寺 本尊地蔵菩薩会式
8月24日(水) 13時30分から(約1時間)
聖林寺の本尊の子安延命地蔵尊には、安産と子授けのご利益があります。
参拝者先着50名に、オリジナル散華を授与。
安倍文殊院 夏の寺宝展
8月31日(水)まで 9時から17時
金閣浮御堂には安倍晴明公尊像や、方位災難除けの九曜星、開運弁財天が安置されています。
元興寺 夏季特別公開
7月1日(金)から9月30日(金) 9時から16時30分まで
本尊の厨子入智光曼荼羅(重文)と、元興寺極楽坊縁起絵巻上下二巻が公開されます。
興福寺 特別公開2016 五重塔・三重塔
8月26日(金)から10月10日(月) 9時から16時まで
国宝五重塔は、初層の四方に薬師三尊像、釈迦三尊像、阿弥陀三尊像、弥勒三尊像を配します。
国宝三重塔は、初層の東の須弥壇に、弁天像と十五童子を配しています。通年7月7日の弁財天供のときのみ特別開扉されます。
松尾寺 日本唯一の舎人親王像公開
11月30日(水)まで 9時から16時
日本書紀を編纂した舎人親王が、42歳の厄年に松尾寺を創建しました。

戦没者供養

大和神社 戦艦大和みたま祭
8月7日(日) 18時から
太平洋戦争の戦没者の慰霊と、世界平和を祈願します。
18時30分から 1600本のろうそくの点火
19時から 戦艦大和みたま祭の祭典
みたらし団子やジュースなどのバザーもあります。
奈良大文字送り火
8月15日(月)
18時50分から飛火野にて慰霊祭 高円山大文字点火20時
昭和35(1960)年から戌辰戦争以降の戦没者の慰霊のために始められた行事。
慰霊祭は、神道と仏教両方が続けて行なわれる珍しいものです。

十津川の大踊り

国の無形民俗文化財に指定されています。
室町時代に流行した風流踊りの流れをくんでいます。

小原の大踊り
8月13日(木) 19時30分から23時30分まで(予定)
武蔵の大踊り
8月14日(金) 19時30分から24時まで(予定)
西川の大踊り
8月15日(土) 20時から24時まで(予定)

Posted by 管理人めぶき