京都・奈良 七夕の行事

2008年7月3日京都・神社, 京都・行事と祭り, 奈良・仏閣, 奈良・行事と祭り

今年の7月7日は月曜日です。
この日、行事をおこなう神社があります。
いつものように、京都は京都市観光文化情報システム(現 京都観光オフィシャルサイト 京都観光Navi)から、奈良は奈良県観光情報 大和路アーカイブ(現 あをによし なら旅ネット)から調べました。

京都

貴船神社 貴船の水まつり
10時から15時(雨天決行)
古来の雨乞神事に由来し、降雨・晴天の恵みを祈ります。
献茶祭(10時から) 裏千家宗匠によるお茶の奉納
舞楽(11時から) 藤森神社鳴鳳雅楽会による奉納
式包丁(11時15分から) 生間流家元による鯉・鯛を手をふれずに調理をして奉納
お茶席が10時から15時まで
北野天満宮 御手洗祭
10時から30分間
菅原道真公遺愛の「松風の硯」と角盟(つのだらい)・水差し・梶の葉7枚(昔は短冊に用いた)や季節の野菜、素麺と御手洗団子を神前に奉納して、七夕の歌を詠んでいただこうというもの。
また、春から夏へ変わる時期の無病息災も祈ります。
北野天満宮 七夕祭(棚機祭)
13時30分から約1時間 楼門前の中ノ森広場にて
氏子区域の幼稚園児たちが、願い事をかいた短冊をつけた青竹を祭殿の周りに立て、七夕の踊りの奉納をします。
古来からの日本の七夕信仰である、機織の祖神の天棚機姫神(あめのたなばたひめのかみ)をお祀りします。
地主神社 恋愛成就 七夕祭
14時から
このお祭限定の「七夕こけし」を大笹に吊るし、良縁達成・恋愛成就を祈願します。
白峯神宮 精大明神例祭(七夕祭)
14時30分から
精大明神例祭(14時30分から)京都和楽会による山城舞楽の奉納
蹴鞠…毎年4月14日と7月7日に蹴鞠保存会により蹴鞠が奉納されます。
小町をどり(七夕祭)…7月7日の乞巧奠(きこうでん)で和歌を詠まれた時、そのお使いのお供をした女の子たちが舞い踊ったことに由来します。

奈良

金峯山寺 蓮華会(れんげえ)・蛙とび行事
蓮の花を献上する行列をロープウエイ吉野山駅まで迎えに行き、蔵王堂まで戻る…13時頃から
蓮華会と蛙とび行事が16時頃から
興福寺 弁才天供
9時から15時
三重塔本尊の弁才天の特別開扉です。
弘法大師空海が興福寺の無事の建立を天川弁才天に祈願したところ宇賀弁才天を感得し、興福寺に勧請したと伝わります。

Posted by 管理人めぶき