京都 紅葉の特別公開・ライトアップ2018 (上京区)

2018年11月1日京都・特別拝観

紅葉の境内の特別公開や、ライトアップされて夜間特別拝観ができる、上京区の神社と寺院をまとめました。

紅葉に合わせて特別ご朱印を授与してくださる、神社と寺院の情報も載せました。

各神社仏閣の公式SNS、「京都観光オフィシャルサイト 京都観光Navi」からの情報です。

この記事では、各社寺の最寄りの鉄道駅もご紹介します。

本法寺 巴の庭ライトアップ・夜間特別拝観

とき: 11月10日(土)、11日(日)、17日(土)、18日(日)、23日(金・祝)~25日(日)、12月1日(土)、2日(日) 16時~20時(ライトアップは18時から) 昼夜入れ替えなし

巴の庭(国 名勝)は、本法寺が豊臣秀吉により一条戻り橋から現在地へ移転させられたさい、本阿弥光悦が伽藍の整備とあわせて作庭しました。

三カ所の築山で巴の紋を表わしていることから、「三巴の庭」と称されます。

昼間の巴の庭は、通年拝観できます。10時~16時

秋の限定ご朱印: あり 11月3日(土・祝)~30日(金)

最寄り駅: 地下鉄烏丸線 鞍馬口駅

妙顯寺 秋の特別拝観「龍華の秋」

とき: 11月10日(土)~12月2日(日) 10時~16時(受付終了) 18時~20時(受付終了)

境内と、四海唱導(龍華飛翔)の庭がライトアップされます。

お庭を見ながら、煉屋八兵衛さんのわらび餅と抹茶のセット(900円)をどうぞ。

最寄り駅: 地下鉄烏丸線 鞍馬口駅

北野天満宮 史跡御土居のもみじ苑公開

とき: 10月25日(木)~12月2日(日) 9時~16時
夜間ライトアップは11月10日(土)~12月2日(日) 日没から20時

北野天満宮の境内には、天正19(1591)年に豊臣秀吉が築いた土塁「御土居」が一部分だけ残っています。

この御土居の自然林に樹齢350年~400年のモミジの木があり、紙屋川沿いではとくに美しく色づきます。

11月26日追記: もみじ苑の公開期間が12月9日(日)まで延長されました。

ライトアップも20時まで行なわれます。

最寄り駅: 嵐電北野線 北野白梅町駅

(北野天満宮 情報更新しました 2018年11月26日)

Posted by 管理人めぶき