祇園祭 くじ取り式 2018

2018年7月3日京都・行事と祭り

「山一番」は蟷螂山と黒主山

2018年の祇園祭の山鉾巡行の順番を決める「くじ取り式」が、7月2日に京都市役所の市議会本会議場で行なわれました。

17日の前祭(さきまつり)で、長刀鉾に続く「山一番」は、13年ぶりに蟷螂山が引き当てました。
蟷螂山は、全部で33ある山鉾のうちで唯一からくり仕掛けのある山で、カマキリが羽根を広げると沿道から拍手が起こります。

24日の後祭(あとまつり)で、橋弁慶山と北観音山に続く「山一番」は、5年ぶりに黒主山に決まりました。
桜を仰ぎ見る六歌仙の一人、大友黒主がテーマになっています。
この桜の花は災厄除けのお守りになります。

長刀鉾の2代目の長刀が改めて調査されました

京都国立博物館の調べにより、長刀鉾の2代目長刀に刻まれた銘から、作者や経緯が明らかになりました。
2代目長刀は、室町幕府12代将軍足利義晴の命により、京の刀鍛冶後三条派の長吉が作りました。
室町時代の日蓮衆徒が襲われた「天文法華の乱」のさい、鉾町から略奪されました。
近江の鍛冶集団「石堂派」の祖・助長が買い取り、経緯を2代目長刀に刻み、感神院(八坂神社)に奉納しました。

2代目長刀は、江戸時代に3代目長刀「来金道(らいきんみち)」が作られてから、神品として八坂神社で厳重に保管されてきました。

この秋に京都国立博物館で行なわれる「京のかたな展」で初公開されます。

初代長刀は名工「三条小鍛冶宗近」の作ですが、行方不明になっています。

巡行順

山鉾巡行の順番は以下の通りです。

前祭 7月17日(火)巡行

  1. 長刀鉾(なぎなたほこ) (くじ取らず)
  2. 蟷螂山(とうろうやま)
  3. 霰天神山(あられてんじんやま)
  4. 油天神山(あぶらてんじんやま)
  5. 函谷鉾(かんこぼこ) (くじ取らず)
  6. 孟宗山(もうそうやま)
  7. 綾傘鉾(あやがさほこ)
  8. 白楽天山(はくらくてんやま)
  9. 鶏鉾(にわとりほこ)
  10. 太子山(たいしやま)
  11. 伯牙山(はくがやま)
  12. 芦刈山(あしかりやま)
  13. 月鉾(つきほこ)
  14. 山伏山(やまぶしやま)
  15. 四条傘鉾(しじょうかさほこ)
  16. 占出山(うらでやま)
  17. 菊水鉾(きくすいぼこ)
  18. 保昌山(ほうしょうやま)
  19. 郭巨山(かっきょやま)
  20. 木賊山(とくさやま)
  21. 放下鉾(ほうかぼこ) (くじ取らず)
  22. 岩戸山(いわとやま) (くじ取らず)
  23. 船鉾(ふねぼこ) (くじ取らず)

後祭 7月24日(火)巡行

  1. 橋弁慶山(はしべんけいやま) (くじ取らず)
  2. 北観音山(きたかんのんやま) (くじ取らず)
  3. 黒主山(くろぬしやま)
  4. 鯉山(こいやま)
  5. 鈴鹿山(すずかやま)
  6. 南観音山(みなみかんのんやま) (くじ取らず)
  7. 役行者山(えんのぎょうじゃやま)
  8. 浄妙山(じょうみょうやま)
  9. 八幡山(はちまんやま)
  10. 大船鉾(おおふねほこ) (くじ取らず)

Posted by 管理人めぶき